温度変化による空気圧変化 自転車 探険!

温度の要因 温度-空気圧関係 計算器 計算例 計算式

  タイヤの空気温度が上昇(または下降)した時、タイヤ空気圧がどのように変わるかを計算する計算器です。

温度の要因

  タイヤの空気温度上昇の要因としては、気温の上昇および日射で高温となった路面の走行などがある。
  タイヤの空気温度低下の要因としては、気温の低下および冷えた路面の走行などがある。

温度-空気圧関係 計算器

  現状のタイヤの空気温度および圧力、並びに温度変化後の温度を半角数字で入れて、[計算]を押して下さい
温度変化後のタイヤ空気圧が出ます。
  温度-空気圧関係  
計算器
現状 温度変化後
温度 圧力 温度 圧力
  ゜C    kPa    ゜C    kPa 

計算例

[  計算例 1 ](夏)
現状の空気温度が 25゜C そしてタイヤ空気圧が 400 kPa の時、タイヤ空気温度が 35゜C となった場合
タイヤ空気圧は 417 kPa (キロパスカル)となる。



[ 計算例 2 ](冬)
現状の空気温度が 15゜C そしてタイヤ空気圧が 650 kPa の時、タイヤ空気温度が 5゜C となった場合   
タイヤ空気圧は 624 kPa となる。

計算式

  使用している計算式は、気体の圧力、温度および容積の関係を表す気体の状態式です。状態式で使う圧力は絶対圧力そして温度は絶対温度です。計算器に入力する圧力は大気圧を基準にしたゲージ圧力であるから、これを絶対圧力に換算している。 また、入力する温度は一般の温度計の温度であるから、これを絶対温度に換算している。
計算器においては、計算結果の絶対圧力をケージ圧力に換算して表示している。