自転車用語 (続き62)自転車探険!

ステッパーバイク (stepper bike、stepper bicycle)

  ランニングをするように長い特殊ペダルを漕いで走るサドルのない自転車。
イリプティカルバイクとも言う。
   ステッパーバイクの動画







アップヒル (up hill、uphill、up hill race、uphill road)

  •  丘上り
       オフロード又はオンロードの丘や山の道を自転車で上る(登る)こと。

  •  丘上り競技
       オフロード又はオンロードの丘や山の上りの所定のコースを自転車で走る(上る)時間を争う競技。

  •  上り坂
      進むにしたがって上っていく道。

上り坂 (uphill road、uphill)

 進むにしたがって上っていく道。
登り坂とも書く。
アップヒル とも言う。
丘及び山の坂を上ることは丘上り(ヒルクライム)とも言う。
上り坂の後には下り坂がある。
  山岳地などにおいて、高い位置まで上る道路には
ヘアピンターンを設けることがある。
人生の上り坂は良い坂。

下り坂 (downhill road、downhill、downward slope)

  進むにしたがって下っていく道。
ダウンヒルとも言う。
ロードの下り坂及びオフロードの下り坂がある。
急で長距離な下り坂をブレーキを掛けながら下るとブレーキパッドフェードを起こすことがある。
ロードを高速で下るとシミーを起こすことがある。









シートクランプボルト (seat clamp bolt、seat post clamp bolt)

  シートポストクランプを固定すためのボルト。
一般のボルト及びナットを使っているものもある。
シートポストクランプボルトとも言う。
クイックリリースのクランプボルトもある(右端図)。



イリプティカルバイク (elliptical bike、elliptical running bike)

概要
  ランニングをするように長いペダルを漕いで走るサドルのない自転車。
ジムのイリプティカルトレーナーをヒントにして作った。
サドル痛及びひざ痛がない。道路を走るトレーナーとしても使える。
ステッパーバイク及びステッパーバイシクルとも言う。
子供用のステッパーバイクもある。
仕様
 (1) 速度は20~40km/h。
 (2) 前輪及び後輪にリムブレーキが付いている形がある。
 (3) 前輪はリムブレーキそして後輪はハブブレーキが付いた形がある。
 (4) シマノの8段の内装変速機が付いた形がある。
動画
   イリプティカルバイクの動画
リコール
  2013年にElliptiGOは、フォークから操縦管が外れるとして、米国で7000台そしてカナダで200台をリコールした。
メーカー
  3G BikesElliptiGOStreetstepper 、など。

ブレーキ掛け (braking)

  ブレーキレバーなどによってブレーキを操作すること。ブレーキングとも言う。

ウオームアップ (warm up、warming up)

  競技などの直前に行う軽い体操や自転車走行などの準備運動。
ウオーミングアップとも言う。
ローラー台が使われることもある。





運動エネルギー (kinetic energy)

  運動している物体のもつエネルギー。速度v[m/s]で運動している質量m[kg]の物体の運動エネルギーE[J]は式で表すと、E=mv2/2である。
この式が示しているように、運動エネルギーは質量及び速度の2乗に比例する。したがって質量が2倍になれば運動エネルギーも2も倍になり、速度が2倍になれば運動エネルギーは4倍になる。 自転車走行の場合の質量は、乗車人員の質量(体重並びに衣服及び靴の質量)、自転車の質量、荷物及びボトル、水の質量の合計となる。

自転車GPSトラッカー (bicycle GPS tracker)

  盗難に遭った自転車を追尾する装置で、単にGPSトラッカーとも言う。おとり自転車にも使われることがある。

純正部品 (genuine parts)

  メーカー自身が責任を持って作り、供給する部品。純正でない部品はアフターパーツと言う。

リンク (link、chain link)

  リンクはチェーンの長さの最小単位。それは内リンク及び外リンクで、
長さ(チェーンピッチ)は12.7mm(1/2インチ)。
内リンクにはローラーが付いている。外リンクにはピンが付いている。
チェーンは内リンクと外リンクを交互に連結しているので、リンク数は偶数でなければならない。
奇数だと端末においては内リンク同士又は外リンク同士となり連結できない。

スニーカー (sneaker)

  靴底はゴムで上皮は布または皮のスポーツクリートの付いた形もある。高可視性のものもある。街乗り及び通勤などに使われる。
  メーカーは、シマノDC ShoesDZR 、など。








ノブ (knob)

  タイヤ踏面の突起。
大きなノブのあるタイヤはノビイタイヤと言う。突起の高さは、ノブ高さという。

品質管理 (quality control、QC)

  企業で、製品の品質の安定化と向上を図るための管理。製品が規格に合うように、検査などによって管理すること。品質管理の方法及びノウハウはメーカーによって異なる。

転動体 (rolling element)

  転がり軸受において、内輪外輪の間にあって転がる物体。
転動体の存在によって軸受はスムーズに回転する。
具体的な転動体としては、玉(ボール)、針(ニードル)及びころ(ローラ)などがある。
玉軸受は転動体として玉を使っている。
ニードルベアリングは転動体として針(ニードル)を使っている。
ころ軸受は転動体としてころ(ローラ)を使っている。

空力フオーク (aero fork)

  ブレードの断面形状を扁平な流線形として、空気抵抗を減らすようにしたフォーク。空気抵抗に影響する前面投影面積を減らすために前幅を狭くし、強度を確保するため横幅を広くするので扁平になる。
  右図の横幅Lと前幅Dの比はアスペクト比または縦横比と呼ばれる。縦横比L/D=3前後のものが多い。なお、一般的なフォークのL/D=2前後。
  風洞において、風速を13.3m/s(48km/h)にして、フォークの空気抵抗を測定したデータをグラフに打点して右図に示す。 アスペクト比(L/D)を3程度にすると空気抵抗が減少することが分かる。空力フォークはタイムトライアルバイクおよびトライアスロンバイクなどの高速で走る競技車に使われる。
  材質は炭素繊維強化樹脂(CFRP)が多い。

ワイヤー引き量 (amount of wire pull)

  ケーブル引き量と同じ。ワイヤーはロープ(ケーブル)のこと。

ケーブル引き量 (amount of cable pull)

  ディレイラーを作動させるために必要とするロープ(ケーブル)の引き距離。ケーブル引き距離 とも言う。前デイレイラー及び後デイレイラーは引き距離は等しい。
ただし例外として、シマノ11段カセット用のデイレイラーに関しては、前デイレイラーの引き距離は後ディレイラーのそれと異なっている。
ロープの引き距離に対するディレイラーの横方向の動き距離の割合は、シフト比と言う。

ランプアンドピン (ramp and pin)

  シマノの方式で、ディレイラーによる変速時に、チェーンリング側面に付けたランプ(斜面)及びピンによってチェーンを持ち上げることにより、シフトを容易にする。
  左図は中間スプロケットから大スプロケットへ、ピンがチェーンを持上げている様子を示している。
右図はランプ及びピンの例を示している。





ブレーキアーム (brake arm)

  Vブレーキ ミニVブレーキカンチブレーキ及びUブレーキなどにおいて、ブレーキシュー の付いている腕。
左右のブレーキボス六角穴付きボルトなどで取付ける。
キャリパーブレーキキャリパーに対応する。
腕(アーム)の上部には、ロープ又はアーチワイヤーが付いている。
腕の下部にはアームの支点がある。
アーム比がある。


Vブレーキ座 (V brake mount)

  Vブレーキを取付けるための座(マウント)。
前輪ブレーキ用は、フォークに付ける。
後輪ブレーキ用はシートステイに付ける。
取付方法は、溶接ロウ付け、ねじ、接着及びバンドなど。
ブレーキスタッド、ブレーキポスト及びブレーキボスとも言う。
ブレーキ座の取り付け部に亀裂がはいるとして、そのカーボンフォークを装備した自転車を2011年にリコールしたメーカーがある。



ピンチボルト (pinch bolt)

  ロープを固定するためのボルト。ピンチはつかむ、挟むという意味。ロープを通す穴が開いている。アンカーボルト のこと。

ローラーカムブレーキ (roller cam brake )

  ブレーキアームを動かす手段として、左右対称の板カム及びローラを使っている中央引き(センタープル)のリムブレーキ
ブレーキロープでカムを引上げると、アームの上端に付いたローラを押してアームを動かす。
カムの形状によってブレーキパッドの動きを決める。
例えば、最初は早く、リムに近づくにつれて遅くするなど。
マウンテンバイクなどに使われた。
サンツアーが作っていた。




エアロクランクセット (aero crankset)

  クランクスパイダーアームを円盤状にして、空気抵抗を減らそうとしたクランクセット
クランクも幅広の板状にした形もある。
エアロは空力(空気力学)のこと。
タイムトライアルバイク及びトライアスロンバイクなどに使われることがある。
  メーカーは、CampagnoloRotor 、など。


ステンレス鋼 (stainless steel)

  鉄にクロム(Cr)を12%以上含有させると腐食しないことを、英国人ベレアリーが発見したのが始まり。
現在、ステンレス鋼の種類は非常に多いが、代表的な鋼種はSUS304(18Cr-8Ni)およびSUS316(18Cr-12Ni-2.5Mo)。SUS316の方が高価。

インナー手袋 (inner glove)

  冬の手の防寒のために、
手袋の下に着用する手袋。
一般に、伸縮性、吸湿性及び保温性がある。 外の手袋と手の間に追加の保温層を作る。
外気と接する外の手袋は、アウター手袋と言うことがある。

ローターキャリアー (rotor carrier)

  2分割式のブレーキロータにおいて、中央部にあるローターの支持体。
ローターをキャリアーに6本又は5本のボルトなどで固定している。
ローター及びキャリアーそれぞれに最適の材質を選定できる。
キャリアーには、剛性を増す構造とした軽量なアルミ合金などが使われる。
ロータースパイダーとも言う。


レンタルサイクル (cycle hire)

  貸し自転車を意味する和製英語。欧米では、サイクルハイヤーと言う。
北海道
  レンタサイクル札幌
東北 (青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島)
北陸 (新潟・富山・石川・福井)
  にいがたレンタサイクル金沢レンタサイクルまちのり北鉄レンタサイクル
関東 (東京・神奈川・埼玉・群馬・栃木・茨城・千葉)
  つくば市レンタサイクルレンタルMTBで楽しむ鎌倉幕張新都心コミュニティサイクル
中部 (長野・山梨・静岡・岐阜・愛知)
  ぐるっと浜名湖サイクリング ゆーりんしなの庵レンタサイクル アトイーズレンタサイクル甲府
近畿 (京都・大阪・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・三重)
  明日香レンタサイクル京都ecoトリップ京都レンタサイクルかりおん自転車で京のまち旅する風音レンタサイクル奈良レンタサイクル観光レンタサイクル近江
近鉄沿線レンタサイクル阪急レンタサイクル
中国 (岡山・広島・山口・鳥取・島根)
四国 (徳島・香川・愛媛・高知)
  駅からレンタサイクル
九州 (福岡・大分・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島)
沖縄
  しまづくりネット

歯数 (number of teeth)

  スプロケットの歯の数。
歯数は歯(tooth)の頭文字である「t」を大文字にした「T」で表すことがある。
例えば、歯の数が12歯の場合は、12Tと表す。
また、丁(ちょう)で表すことがある。例えば、12丁の如く。右図のスプロケットの歯数は、12歯、12T及び12丁。

おちょこ距離 (hub offset、hub flange offset)

  ハブフランジ中心面(青色)とハブ中心面(ロックナット間距離の中心線及びリム中心線と一致する、緑色)間の距離(赤矢印)。 ハブオフセットとも言う。フランジ右側にスプロケットか゛付くために発生する。おちょこ距離が小さいと、後輪を後から見た時のスポークの傾きが(おちょこを横から見た時のように)大きくなるため、車輪の横剛性が大きくなる。なお、(お)ちょこは酒を飲む陶製の小さなうつわのこと。
   参考資料  「ハブ」    ハブオフセット計算器

タイヤ寸法 (tire size)

  タイヤの呼び寸法の表し方として、次のような方式がある。
  • ETRTO       タイヤ幅 [mm] - リム径 [mm] (ビード座直径
  • ISO             ETRTOの規格を採用しているので、ETRTOと同じ
  • フランス系    タイヤ外径 [mm]  x タイヤ幅 [mm] 
  • インチ系       タイヤ外径 [inch]  x タイヤ幅 [inch]  x ( 必要に応じ:タイヤ高さ [inch] )
  タイヤ呼び寸法は、タイヤの右側側面に刻印されている。上図のタイヤには、700x28C  (28-622)と刻印されている。
700x28Cはフランス系の呼び寸法 そして( )内の 28-622は ETRTOの呼び寸法を表している。
一般に、フランス系はロードバイクのタイヤに使われ、インチ系はマウンテンバイクのタイヤに使われる。これはそれぞれの自転車の歴史を反映している。

気圧計 (barometer)

  気圧を測る装置。
アナログ及びディジタルがある。
天気は気圧によって変わるため、晴雨計の目盛りを付けた形がある。
アナログの型式はアネロイド気圧計など。
気圧の単位は、hPa(ヘクトパスカル)が使われる。気圧センサーがある。
  メーカーは、安藤計器製工所
エンペックス気象計三王 、 など。

ツール・オブ・カリフォルニア (Tour of California)

  2006年から毎年カリフォルニアで行われていてるプロの自転車競技。
8日間のステージ競技で約1000kmを走る。
カリフォルニアに本社のあるAmgen社がスポンサーになっている。
   ホームページ

ローラチェーン (roller chain)

  ローラの付いたチェーン。スイス人のHans Renoldによって1880年に発明された。 それまでは、ローラがなくピンがスプロケットの歯とかみ合っていた。
ローラを付けることにより、チェーン及びスプロケットの磨耗の減少及び伝動効率の向上をもたらした。

六角ボルト (hexagon bolt)

  六角頭の付いたボルト。全ねじ及び半ねじがある。並目ねじ及び細目ねじがある。 規格は、JIS B1180(六角ボルト)。

スタッドボルト (stud bolt)

  両端にねじを切ったボルト。一端は器機、部品にねじ込む。他端には部品を付けてナットで固定する。

チェーン張り調整 (chain tension adjustment)

  チェーンはピンの所でしか曲がれないのでスプロケットに於いて多角形運動をするため、それを吸収するためにチェーンにはたるみが必要。 ディレイラーのない自転車は、クランクスプロケット上部と後輪スプロケット上部を結ぶ直線の中央部において、チェーンの中央を押し上げたとき及び押し下げた時、10~15mmの動きがあるのが適当。
ディレイラー付きは、そのばねで張りを自動調整するようになっている。
  ディレイラーのないチェーンの張りを調整をする方法は、次の通り。
   (A) チェーン引き を使う。
   (B) チェーンテンショナー を使う。
   (C) 偏心ボトムブラケット を使う。
   (D) アジャスタブル ドロップアウト  を使う。

オリンピックスプリント (Olympic sprint、Olympic team sprint)

  チームスプリントと同じ。
2004年アテネ五輪において、日本男子チームは銀メダルを獲得した(750m:44.246秒)。
右図は2012年、ロンドンオリンピックの英国チーム。
屋内の自転車競技場で行われた。





チームスプリント (team sprint)

  1チーム(男子は3名、女子は2名)で編成され、自転車競技場を男子は3周、女子は2周して競う競技。
横1列でスタートするが、風圧を避けるためにスタート後はペースラインに並び後続の選手はドラフティング域に入る。
それぞれの選手が1周回ずつ先頭を走った後にチームから離れる。
離れるときは競技場のバンクを上に上がる。
最後の1人がゴールしたときのタイムの優劣によって勝敗が決まる。
競技場によって周長が異なるため、世界記録は250mトラックのみ公認。
オリンピックスプリントとも言う。
   日本自転車競技連盟

ずん胴スポーク (plain spoke)

  端から端まで同一外径のスポーク段付きスポークと対峙する用語。スポークの9割以上はずん胴スポーク。
後輪ホイールの中には、駆動側はずん胴スポークを使い非駆動側は段付きスポークを使っている形がある。プレーンスポークとも言う。

紫外線 (ultraviolet rays、ultraviolet radiation)

  太陽の放射で、X線と可視光の間の波長(40~400nm)の光線。目には見えない。記号はUV。タイヤは紫外線やオゾンなどによって劣化する。 タイヤのゴムに混練されているカーボンブラックはゴムに代わって紫外線を吸収し、ゴムを保護する働きがあるが、完全ではない。
  人体の皮膚も紫外線によって、日焼け、皮膚の劣化、しわ、しみ及び皮膚がんの発生などの悪影響を受ける。UV-Aは波長が長く皮膚の奥深くまで達し、伸縮繊維質を破壊して肌が弛むためにしわの原因となる。UV-Aは秋、冬でも一年中ふりそそいでいる。
  紫外線を防止するクリームとして、日焼け止めがある。
  (注) nm:ナノメートル

ハードテール (hardtail)

  マウンテンバイクフレームの一種で後サスペンションの付いていないフレームの型式。
全てのマウンテンバイクは、当初はハードテイルであった。
フレームにサスペンションを付けた型式は、ソフトテールと言う。



ローラ (roller)

  チェーンに付いている円筒状の部品。
ローラは、スプロケットの歯とかみ合う。
軽量化のために、チタン合金を使ったローラもある。
ディレイラーチェーンのローラ幅は、カセットスプロケットの段数による歯幅に応じて異なる。
ローラの付いたチェーンは、ローラチェーンと言う。


スプロケットPCD (sprocket PCD)

 スプロケットPCD 
  計算器  
 歯数   PCD 
  T  mm
  チェーンのローラー芯がスプロケットの回転によって描く仮想円の直径(右図)を
スプロケットのピッチ円直径(PCD)と言う。
  スプロケットPCDは、次式で計算できる。
スプロケットPCD = チェーンピッチ/sin(180/歯数)
  歯数からスプロケットPCDを求める計算器を右上に示す。
自転車のチェーンのチェーンピッチは、12.7mm。
スプロケットPCDはチェーン速度の計算などに使われる。
  チェーン速度は、次式で計算できる。
チェーン速度[m/s] = π x スプロケットPCD[mm] x スプロケット回転数[rpm]/(1000x60)

コイルばね (coil spring)

  ばね鋼を円筒状に巻いたばね。
引張コイルばね(左端図)、圧縮コイルばね(中図)及びねじりコイルばね(右端図)がある。規格は、JIS B2704(コイルばね)。

タイミングチェーン (timing chain)

  タンデムにおいて、キャプテン(前に乗る人)の漕ぐペダルストーカー
(後に乗る人)の漕ぐべダルの回転数を同期させる(タイミングを取る)ための
チェーン
タイミングチェーンの張力調整は、偏心ボトムブラケットによって行う。

BMB (Boston-Montreal-Boston)

  北米のボストン - モントリオール - ボストン(BMB)ブルベで、1988年からPBPの開催されない年に毎年開催されている。 ボストン近郊のニュートンとカナダのモントリオール近郊のハンチントン間の往復1200kmを制限時間90時間以内に走る。チェックポイントは12箇所ある。 高いところは標高約700m。カナダと米国にまたがっているのでパスポートが必要。参加者の大部分は米国人。

ロード (road)

  乗用車、貨物自動車(トラック)、バス、自転車及び歩行者などが通行する道。
多くは公道でアスファルトなどで舗装されている。
国道、都道府県道及び市町村道がある。
日本及び英国などでは、自転車及び自動車は左側通行であるが、米国では右側通行。欧州には石畳もある。
自転車レーンを設けた道路もある。
自転車道もある。

セラミックス (ceramics)

  陶磁器。セラミックとも言う。
セラミック軸受がある。
セラミックスより割れにくい繊維強化セラミックスがある。
右図はセラミックスの粉体。
   日本セラミックス協会


ニッケル-クロムめっき (Ni-Cr plating、nickel & chromium plating)

  めっきは、金属または非金属の表面を他の金属の薄膜で覆うこと。ニッケルめっきし、その上をクロムめっきする。
ニッケルめっきの膜厚は20~30μmそしてクロムめっきの膜厚は0.25~0.3μm。防食性及び耐磨耗性の向上並びに装飾性を意図している。
規格はJIS H8617(ニッケルめっき及びニッケル-クロムめっき)

スーパーリコード (Super Record )

  カンパニョーロロードバイク部品群の中で最上位に位置する部品の名称。
シマノのデュラエースに対応する。
シフター及びブレーキレバーは、エルゴパワー
クランクセットは、ウルトラトルク
スプロケット歯数は53/39T又は50/34T。
クランク長は、170、172.5及び175mm。
ボトムブラケットは、外部ボトムブラケット
後ディレイラー案内プーリの歯数は、11T。軸受はセラミック軸受
カセットスプロケット11段カセット
材質は6個の大スプロケットはチタン合金、残りの5個はニッケルクロムめっきをした鋼。
チェーン幅は、5.5mm。



エアロイクステンション (aero extension)

  エアロバーに使う突き出し(イクステンション)。腕置きを付ける。
ベースバー クランプ径は、26.0mm及び31.8mmなど。
  メーカーは、Profile DesignZipp Speed Weaponry 、など。

マジック‐テープ (Magic Tape)

クラレ
  クラレ(クラレファスニング)の面ファスナーの商標名。
鉤状とパイル状の表面を持つ2枚一組からなり、重ね合わせて留めるテープ。
欧米ではベルクロテープと言う。
3M
  米国の3M社は、透明の粘着テープを「Magic Tape」という商標で販売している。


タングステンカーバイド (tungsten carbide)

  分子式はWC。硬度は金属の約3倍。縦弾性係数は約550GPa。密度は18.6g/cm2。 融点は2900℃。切削工具及びスタッドタイヤスタッドなどに使われる。

やすり (file)

  棒状や板状の鋼鉄の面に、細かい溝を多数刻み付けて切り刃をつくった切削工具。
表面を平らにしたり、角(かど)を落としたりするのに用いる。
切断したアウターの端面の仕上げなどに使う。
規格は「JIS B4703 鉄工やすり」。
断面形状によって、平形、半丸形、丸形、角形及び三角形がある。
目の種類は、荒目、中目、細目および油目がある。
呼び寸法は、100、150、200、250、300、350及び400mmがある。
呼び寸法には、にぎりの寸法は含まない。



子供ヘルメット (child helmet、kids helmet)


概要
  子供及び幼児が着用するヘルメット
子供自転車バランスバイク及び幼児席のある自転車に乗る子供及び幼児が着用する。
走行速度が遅く、空気抵抗は全く問題にならないので、多くは半球形をしている。
通気孔の付いた形がある。子供向けの模様又は絵を付けた形がある。キッズヘルメットとも言う。










リコール
  Triple Eight社は、2006~2011年に販売した子供ヘルメットは、CPSCの耐衝撃性の安全規格に合致せず、転倒したときには頭に傷害を生じる可能性があるとしてリコールした。
メーカー
  AlpinaC-PremeGiroKali ProtectivesKiddimotoMerida IndustryPetzlSpecialized Bicycle ComponentsTriple Eight 、など。

ねじ回し (screwdriver)

  回すことによって、ねじなどを締めたり抜き取ったりする工具。ハンドル、シャフト及びヘッド(チップ)で構成している。
種類としては、マイナスねじ回し十字ねじ回し 及びトルクスねじ回し などがある。
  ペンチの先端に縦山列を設け、ねじ穴のつぶれたねじの頭を掴んで回せるようにしたペンチがある。


パリ-ルーべ (Paris-Roubaix)

  毎年4月に北部フランスで行われる、プロによる自転車ロード競技。
1896年に始まり、1967年まではパリが始点でルーべが終点。
1968年からは、パリから約60km北東のCompiègneが始点になった。終点は変わらず。
しかし、開始当時の都市名が名称としてそのまま使われている。
石畳 などがある。
距離は約260km。
競技者の平均走行速度は約43km/h。
   ホームページ

Saint (Saint)

  マウンテンバイクのシマノのグループの一つの名称。用途は、ダウンヒル及びフリーライド
ハブはディスクハブで、ブレーキローターは、センターロック方式によって取付ける。
ペダルは、平ペダル。クランクは、ホローテック II を採用。
クランクセットは、4腕スパイダーで、1段のスプロケット歯数オプションは、34T、36T及び38T。クランク長は、165、170及び175mm。
ディレイラーは、シャドーディレイラープラス(Plus)を採用。
ブレーキレバーは、サーボウェーブを採用。
ブレーキキャリパーには、放熱フィンが付いている。 キャリパーピストンは、直径の異なるピストンを並べているので、静かでかつ制御性が良い。
ブレーキローターは、アイステックを採用。ローター径は、203mm。
カセットスプロケットは、11_28T及び11_32Tの10段。




















マイナスねじ回し (flat-blade screwdriver、flat-tip screwdriver、flat-head screwdriver)

  頭にマイナスの切り込みを持ったねじを回すためのねじ回し
JIS B4609(ねじ回し-すりわり付きねじ用)によれば呼び寸法は、先端部の幅w x 本体長さL、で表す。
呼び寸法としては、4.5x50 、5.5x75 、6x100 、7x125 及び 8x150などがある。
  メーカーは、エンジニア 、など。