自転車用語 (続き53)自転車探険!

虫食い (pitting)

   軸受のレースなどに斑点状などのみぞ(ピット)が生じること。ピッチングと同じ。

6ボルトローター (6 bolt rotor)

  6本のM5ボルトでディスクハブに固定する方式のブレーキローター
ボルト穴のPCD(ピッチ円直径)は44mmとなっている。
ボルト取付手順としては、ボルト締めによってローターが歪まないように少しずつ右図の順序(1→3→5→2→4→6)で均等に締める。
緩めるときも同じ順序で均等に緩める。
ボルトを使わない方式としては、シマノのセンターロックがある。

レクリエーションライド (recreational ride)

  娯楽(レクリエーション)に自転車に乗ること。英語の発音はリクリエーション。

スマートヘッド (SmartHead)

  仏式バルブ(プレスタバルブ)及び米式バルブ(シュレーダーバルブ)の何れにも対応できる床置き空気入れ口金の商品名。
黄色のレバーを上げると自動的に何れのバルブにも適合し連結される。
ヘッドはポンプヘッドすなわち口金のこと。
  メーカーは、Topeak 、など。


eバイク (e-bike)

  電動自転車 のこと。

リンクプレートロック (link plate lock)

  鋼製の6個のリンクとシリンダー錠で構成している錠。
リンクを後輪リムおよびフレーム後三角に通して固定する。
又はフレームを何かの固定物に固定する。
リンクの全長は約80cm。
折りたたむと小さくなる(左端図)。
  メーカーは、OnGuardLock 、など。

ヘッドカップリムーバー (head cup remover)

  頭管からヘッドセットのカップを取り出す工具であるカップリムーバーと同じ。

クリートウエッジ (cleat wedge)

  靴底とクリートの間に入れて、左右の足の傾き(足裏の左右の傾き)及び長さの違いを補正するためのプラスチック製等の薄いくさび状の板。
ウエッジはくさび(楔)のこと。
くさび状になっていない平板形はクリートシムと言う。
くさび形を上下逆にして2枚合わせると平板になる。


ケーブルロック (cable lock)

  ケーブル錠のこと。

足剃り (leg shaving)

  足の毛を剃ること。
主に毛深い欧米の男性のロード自転車競技者が剃る。
毛を剃る理由付けとして次のような神話のような事項が挙げられている。
昔からの単なる習慣であるという説もある。
  1. 観衆に足を美しく見せるため。
  2. 事故などで足に傷ができたとき、治療をやり易くするため。
  3. 足の筋肉のマッサージを行いやすくするため。
  4. 空気抵抗を減らすため(全く無視してよいほど)。
  5. 足が汚れたとき清掃しやすくするため。
  6. 粘着性の絆創膏などを貼ったときに剥がれやすくするため。
左端図はパナソニックのボディシェーバー。

アームストロング (Armstrong)

  ランス アームストロングのこと。

ねじ (screw)

   円筒面に沿って螺旋(らせん)状の溝を切ったもの。溝を外面に切ったものを雄ねじ、それにはまり合うように内面に切ったものを雌ねじという。
ねじの向きによって右ねじ及び左ねじがある。右ねじは時計方向に回すと締まる。左ねじは反時計方向に回すと締まる。ねじ山間の間隔はピッチと言う。
工具でねじを回すため及び部品などを固定するために、工具と合う頭が付いている。頭の穴は六角穴、十字穴、マイナス穴及びトルクス穴がある。
穴でなく外面を六角形または四角形にした形もある。ペダル軸のように軸にねじを付けたものもある。
  一般用メートルねじ(JIS B0205-4)によれば、ねじの呼び径(おねじ外径)は、2 、2.2 、2.5 、3 、3.5 、4 、4.5 、5 、5.5 、6 、7 、8 、9 、10 、11 、12 、
14 、15 、16 、17 、18 、20mmなどがある。

ヘッドユニットカバー (head unit cover)

  サイクルコンピューターの表示器(ヘッドユニット)の色及び模様を変えるためにに被せるカバー。
特定のメーカーのサイクルコンピューターにしか取付できないので汎用性はない。
  メーカーは、Acumen(Vetta)

Dyna-Sys (Dyna-Sys)

  ダイナシスと同じ。

傾斜平行四辺形 (slanted parallelogram)

  後ディレイラーの傾斜させた平行四辺形のリンク機構(右図のA、B、C、D)。
平行四辺形の傾き角をスプロケット群(カセットスプロケット)の歯先をなぞった円錐形の半頂角に対応させることによって、
案内プーリースプロケットの間隔を一定に保つことにより、変速性能を向上させた。
マウンテンバイクのカセットスプロケットはワイドレシオのため、ロード系傾き角(約30゜)より大きな傾き角(約45゜)となっている。
  サンツアーが1964年に考案し、特許を取得した。
高性能のディレイラーとの評価があり、20年の特許が切れた1984年以降、シマノおよびカンパニョーロなどが採用した。



ドライブサイド (drive side)

  駆動側のこと。自転車の右側が駆動側となっている。

テーパーステアラー (tapered steerer tube、tapered steerer)

  テーパー操縦管のこと。
フォークにおいて、テーパーの付いた操縦管(ステアラー)。
操縦管の外径は、上部は標準的な28.6mm(1-1/8")であるが下部は31.8mm(1-1/4")又は
38.1mm(1.5")と太くしている。
フレームの頭管(ヘッドチューブ)は下から上へテーパーが付くテーパー頭管(テーパーヘッドチューブ)が使われる。
操縦管の上部軸受と下部軸受はサイズを変えなければならないので、
汎用のヘッドセットは使えずテーパーヘッドセットを使う。
操縦管の強度剛性を上げることなどを意図しており、マウンテンバイク用のフォークに使われることがある。



ハイドローリックシフター (hydraulic shifter)

  流体シフターのこと。

カラーチェーン (coloured chain、colored chain)

  着色したチェーン
着色したテフロンのコーティングなどで行われる。
BMXバイクのチェーンなどに使われることがある。
  メーカーは、KMC Chain IndustrialTaya Chainなど。

ハーフリンクチェーン (half link chain、half-link chain)

  半こまチェーンのこと。

リベットナット (rivet nut、threaded insert)

  雌ねじを切ったリベット。
管などにドリルでリベトより少し小さく開けた穴に差込み広げて固定する。
フレームに付けるボトルケージなどの座として使われることがある。
  メーカーは、Bollhoff Rivnut 、など。

エクスターナルBB (external BB)

  誤った用語であり、正しくはイクスターナルBBのこと。

ケロナイト (Keronite ®、plasma electrolytic oxidation)

  一般名は、プラズマ電解酸化(PEO)。プラズマによる電気化学的なセラミックコーティング。素材と原子レベルで結合する。硬く密度が高い。
適用する金属は、アルミ合金、マグネシウム合金及びチタン合金などの軽金属。
ケロナイト処理をした雨に濡れたリムは、乾いたアルミ合金リムよりもブレーキパッドに対する摩擦係数が大きい。
摩擦係数が大きいとブレーキの効きが向上する。アルミ合金リムよりも対磨耗性が20~30%向上する。
コーティング厚さは25µmなので、ブレーキ掛けで発生した熱はリムへ速やかに伝導する。
右図は工場でリムにケロナイト処理をしている写真。
PEO処理は1950年代より知られているが、Keronite社(英国)は、実用技術を開発し技術供与などをしている。

回転数 (number of revolutions)

  軸などが単位時間に回転する回数。
単位時間が「分」の場合は毎分回転数[rpm]そして単位時間が「秒」の場合は毎秒回転数[rps]という。
自転車の回転部品の回転数の例を右のグラフに示す。
プーリ回転数が最も早い。

手錠錠 (cuff lock)

  カフロック又はカフ錠とも言う。
2個の手錠(ハンドカフ)をチェーンで繋いでいる。
一方の手錠で自転車のフレームなどを挟み、他方の手錠でフェンス柱又は自分の他の自転車などを挟む。手錠には樹脂コーティングがしてあり、フレームの塗装に傷が付かないようにしている。手錠部分の口は75mmまで広げることができる。チェーン長さは、300mmなど。
  メーカーは、Master Lock 、など。

シートチューブスロット (seattube slot、seat tube slot)

  立管みぞのこと。

インテグレーティッドステム (integrated stem)

  統合ステムのこと。ハンドルステムハンドルを一体にした形。
例えば、ステムとドロップハンドルを一体にした形又はステムとエアロバーを一体にした形などがある。
剛性の向上などを意図している。
ハンドル内部のケーブル(ロープ)通しをできるようにしたものもある。
ドロップハンドルとステムを一体にした形は、インテグレーティッドハンドルという。
  メーカーは、Control Tech 、など。

バイクパス (bike path)

  自転車道のこと。

リムーバブルペダル (removable pedal)

  工具を使わず手で容易に着脱出来るようにしたペダル。庭の散水ホースの連結器(カプラー)に似た構造となっている。 ロードバイク輪行でペダルを外す場合、折りたたみ自転車でペダルを外す場合または複数の自転車間でペダルを使い回しする場合(まれ)などに使われる。 カプラーはクランクにねじ込んでおく。カプラーにグリースの付いた玉軸受が入っている。左右一対となっている。クイックリリースペダルとも言う。
  メーカーは、三ヶ島製作所 、など。

焼結 (sintering)

  セラミック又は金属などの粉末を押し固め、その材料の融点以下の温度で熱すると密着して固結する現象。焼結で作ったディスクブレーキパッドがある。

立管クランプ (seat clamp、seatpost clamp、seattube clamp)

概要
  フレームの立管(シートチューブ)の上端に差し込んで立管を締め付け、サドル支柱を立管に固定するC形またはΩ形の部品(赤矢印)。
立管の上端は長手方向の切り欠き(立管みぞ)があり、立管クランプで締め付けると内径が小さくなり立管にサドル支柱が固定される。
型式
  クランプの締付けはクランプボルトとナットの組合せで行う形、及びクイックリリースで行う形(クイックリリースシートポストクランプ)がある。
取付け向き
  立管クランプのみぞ位置は、立管のみぞ位置に対して180°ずらして取付けることが望ましい。
固定方法
  クランプボルト(シートポストボルト)は六角レンチなどの工具で回すもの、および付属のレバーで回すものがある。
ダボ付き
  後荷台(キャリア)を取付けられるように、雌ねじの付いたダボ付きと呼ばれる形(左から2番目の写真)もある。
メーカー
  AzonicDKGEnigma TitaniumHopeJD ComponentsKalloyKona BikesProblem SolversProfile RacingSalsa CyclesSelcofSupercross BMXUltimate Sports EngineeringVan Nicholas BicyclesWoodman ComponentsXi'an Changda Titanium Products 、 など。

スピナーバイク (spinner bike)

  スピンバイクのこと。

立管みぞ (seattube slot、seat tube slot)

  フレームの立管(シートチューブ)の上部に縦に切られているみぞ(スロット)。
角があると応力集中が生じるので、みぞの下端は円弧としている。
立管クランプ(シートクランプ)によって立管を締め付けて、サドル支柱を立管に固定することができる。
シングルみぞは、立管の前方又は後方にみぞがある。
シートクランプのみぞ位置は、立管のみぞ位置に対して180°ずらして取付けることが望ましい。
デュアルみぞは、立管の左右にみぞがある。これはCFRP(俗に言うカーボン)製に対して使われることがある。
立管クランプボルトの標準締め付けトルクは、5Nm。
締め付け過ぎると割れが生じる可能性がある。


ロードホイール (road wheel)

  ロードバイクに使うホイール

ジョッキーホイール (jockey wheel)

  誤った用語で、正しい用語はジョッキープーリ。ジョッキーホイールというホイールは存在しない。

サンスクリーン (sunscreen、sunscreen lotion、sunscreen cream)

  日焼け止めのこと。日焼け止めローション又は日焼け止めクリームとも言う。

ブレードスポークホルダー (bladed spoke holder)

  ニップル回しニップルを回すとき、ブレードスポークが捩れないように保持しておく工具。エアロスポークホルダー及びスポークホルダーとも言う。







異なるプレート厚さに対応したプレート溝が2種類又は4種類付いている。 材質は金属製及びプラスチック製がある。
  メーカーは、DT SwissPark ToolSapimSha Dar Accessories 、など。

29erホイール (29er wheel)

  29er に使う29型のホイール
スポーク数は28本及び32本など。
質量は前が750gそして後が850gなど。
29erフォークが必要。
  メーカーは、シマノAlchemistAmerican ClassicChargeEnve compositesFulcrum WheelsIndustry NineLoaded PrecisionSRAMSyncrosToken ProductsWhyteWTB 、など。

チェーンリングボルト (chainring bolt)

概要
  クランクスプロケットチェーンリング)をクランクのアーム(スパイダー)に固定するための5個一組のボルト
(呼びM8など)。 ボルト頭の高さは低くなるように作られいてる。
  ナットは、つばの付いた専用のナットを使う。
ナットの外径(10mm)はスプロケットおよびアームの穴の内径とぴったりと合って、スプロケットの芯が出るようになっている。
長さ
  ナット及びボルトの長さは、スプロケットの段数(シングル又はダブル)などの用途に合うものを選ぶ。
長さは、6mm、7mm及び8mmなどがある。
取付
  取付、取外しに際しては、ボルトには5mmの六角レンチそしてナットにはペグスパナを使う。 トルクスレンチを使う形がある。
ボルト締めによってスプロケットが歪まないように少しずつ対角線(1→3→5→2→4、右図の赤の数字)の順に均等に締める。
質量
  8~11g。
材質
  めっき をした鋼、ステンレス鋼、アルミ合金及びチタン合金など。
メーカー
  スギノエンジニアリングCarbon-TiExustar EnterpriseFull Speed AheadHostettler(ixs)Loaded PrecisionMiddleburn Cycle ComponentsMiranda & IrmaoNC-17Problem SolversSpecialites T.A.TisoVuelta 、など。

ワイドギアレンジ (wide gear range)

  ギア比ワイドレンジと同じ。

工具箱 (tool box、toolbox)

概要
  工具を入れて保管する箱。
取っ手が付いていて運搬もできる。
自転車に付ける工具入れとして
工具ボトルがある。
工具キットの容器が工具箱の替わりになる。
右端図はツール・ド・フランスに出場したEuropcarチームの
メカニックの工具箱。
材質
  鋼、アルミ合金、ステンレス鋼、プラスチック及び皮など。
メーカー
  京都機械工具トラスコ中山ホーザンリングスターTopeakUnior 、など。

レジンパッド (resin pad)

  合成樹脂(レジン)を主成分とするブレーキパッド。摩擦剤などの粉末をフェノール樹脂などの樹脂に混合して固めている。

流体シフター (hydraulic shifter)

  流体式の変速システムに使うシフター
シフターの型式はサムシフターとなっている。
前ディレイラー及び後ディレイラーも流体式となっている。
  右図に流体式のシフター、前ディレイラー及び後ディレイラーを示す。
  シフトが早く正確でシステムの質量は機械式よりも小さい。
大変高価なのが欠点。
  メーカーは、Acros 、など。


ジョッキープーリ (Jockey pulley)

  案内プーリ(ガイドプーリ)のこと。ジョッキーは騎手。騎手が馬を誘導するようにチェーンを案内する。

ディレイラーボス (derailleur boss)

  前ディレイラーフレーム立管(シートチューブ)に取り付けるための座。
多くは円筒状でM5などのねじ穴が付いている。
長穴の付いた板状の座もある。
一般には、突起状の物をボスと言う。






ダイレクトマウントディレイラー (direct mount derailleur、direct mount front derailleur)

  直付けディレイラーのこと。
フレーム立管に付いているボス(座)へボルトで直付け(ダイレクトマウント)する形の前ディレイラー
ボルト穴が長穴になった形もある。
フレームにボスがない場合は、ディレイラーアダプターを使う。
右図はマウンテンバイク用の直付けディレイラー2種類。



MTBショーツ (MTB short、MTB shorts)

  マウンテンバイクに乗るときに着用する ショーツオフロードで下半身を保護する。ルーズフィットで生地は厚手が多い。 生地に直接触れないよう内面にメッシュの付いた形もある。 ポケット付もある。カーゴポケット(ふた及びひだの付いた大きなポケット)の付いた形もある。材質はナイロン、ポリエステル又はポリエステルとスパンデックスの混紡など。

2ボルトシートポスト (2 bolt seatpost、two bolt seatpost)

  サドルサドル支柱 に固定するために、
サドルクランプがサドルのサドルレールを締め付けるボルトが2本である形。
2本のボルトを緩めて、サドル角度を調節後、ボルトを締め付けて固定する。
ボルトが1本の 1ボルトシートポスト もある。

スエード (suede)

  子牛・子ヤギなどの裏皮を短くけばだたせた柔らかい皮革。手袋、バッグなどに用いられる。

1ボルトシートポスト (1 bolt seatpost、one bolt seatpost)

  サドルサドル支柱 に固定するために、
サドルクランプがサドルのサドルレールを締め付けるボルトが1本である形。
横から締める形及び下から締める形がある。
サドル角度 の調節を容易にする意図がある。
ボルトが2本の 2ボルトシートポスト が多い。
  メーカーは、Full Speed AheadRitchey DesignSyncros 、など。

ドロップバー (drop bar)

   ドロップハンドル のこと。

プラットフォーム幅 (platform width)

  ペダル踏面(プラットフォーム)の幅。
ペダル軸上の踏面の幅(最も広くなっている)で表す。
幅が広いほど足(靴)からの力の伝達が良い。幅が広いとペダル質量が大きくなる傾向になる。
右図のペダルのプラットフォーム幅は、66mm。

ボス (boss)

  一般には、突起状の物をボスと言う。円筒状でM5などのねじ穴が付いている。スタッドとも言う。
自転車には、ブレーキを取り付けるブレーキボス、直付けの前ディレイラーを取り付けるディレイラーボス及びボトルケージを取り付けるボトルケージボスなどがある。

足毛剃り (shaving leg hair、leg hair shaving)

  足剃りのこと。

ブレーキボス (brake boss)

概要
  ブレーキフォーク及びフレームに取り付けるための多くは円筒状の座。
ボス、ポスト又はブレーズオンとも言う。
一般には、突起状の物をボスと言う。
左右で一組となっている。M5などのねじ穴が付いている。
ボスは溶接ろう付け又はねじ込みでフレームに固定する。
ボスの形状寸法は、メーカーのブレーキ型式に対応していなければならない。
左右のボスの芯間距離は、取り付けるブレーキに対応していなければならない。
左図はフレームのシートステイに付いているブレーキボスの一例。
右図はブレーキ及びブレーキボスの展開図の一例。
リコール
  Felt Bicycles社が2004~2006年に販売したマウンテンバイク約700台のカーボン製シートステイに付けたブレーキボスが剥離する可能性があるとしてリコールした。
メーカー
  Paragon Machine Works 、など。

ステムレイザー (stem raiser)

  ハンドルを高くするために、ハンドルステム位置を高くする補助部品。 ステムライザー とも言う。

アンクルバンド (ankle band)

   足首バンド のこと。

木製自転車 (wooden bicycle、wood bicycle)

概要
  フレームを木材で作った自転車。
木材
  ヒッコリー、ウオールナット、マホガニーなどの硬材(ハードウッド)を使っている。
メーカーが選定している硬材は、CFRP(俗に言うカーボン)よりも 振動吸収性及び耐衝撃性に優れていると言う。
塗装をしているので一見して木材とは分からないものがある。
構造
  次のような3種類の主な製法がある。
 (1) U形溝状にCNC切削加工した左右二つ割のフレームを張り合わせて、モノコック構造としている。
 (2) 木材を積層し、
     接着剤で接着して作る。
 (3) 市販の合板を使う。
 (4) 木材で作った管を接着してフレームとする。
車種
  シティ車ロードバイク及び
マウンテンバイクがある。
     頭管及び立管上部には、金属管を埋め込んでいる。
キット
  組立キットとなっていて自分で組み立てる形がある。

























メーカー
  ターミナル(幼児用) 、BSG BikesConnorFlatframesystemsSanomagicGPSandwichbikeSplinterBikeRenovo DesignWaldmeister BikesWoodelo 、など。

足首バンド (ankle band)

  ズボンの下部がチェーンなどに接触して汚れないように足首部を絞るためのバンド。
マジックテープなどの連結具が付いている。
アンクルバンド及びズボンバンドとも言う。
反射材の付いた 反射足首バンド もある。
  メーカーは、キャットアイPolaris ApparelProviz 、など。

サイクリングジーンズ (cycling Jean)

概要
  自転車に乗るときに着用するジーンズ。街乗り及び通勤などに使われる。
一般のジーパンは、厚くて硬い縫い目部分が股に当たるので、自転車用としては全く不適。バイシクルジーンズとも言う。ジーンズはジーンの複数形。
仕様
  (1) ペダルこぎの運動に適応できるように、伸縮性の織りとした形もある。
  (2) 雨が降ったときのために、撥水加工をしたものがある。
  (3) 股の縫い目がサドルで会陰を圧迫しないよう、縫い目はオフセットさせている。
  (4) ポケットは4箇所以上。前ポケットは一般のジーンズよりも深くしている。
  (5) チェーンなどと接触しないよう足首を絞るために、足首ストラップの付いた形もある。
  (6) 小型のU錠を入れるポケット又はバンドを付けた形がある。
  (7) 右足の内側に反射ストリップを付け、ズボン先を裏返すと見えるようにした形がある(上左図の赤矢印)。
  (8) 前傾の乗車姿勢に適応できるように、ウエストは前方よりも後方が上がっている(右端図は一般のジーンズで背中の肌が露出している)。
メーカー
  Levi StraussOsloh RaphaSwrve 、など。

六角キー (hexagonal key、hex key)

  六角レンチ のこと。アーレンキーとも言う。

ISCG 05 (International Standard Chain Guide 05)

  e.thirteen components社が ISCG に対抗して作ったマウンテンバイク用の
チェーン保持(脱落防止)器(チェーンディバイス)のボトムブラケット(BB)シェルへの取付け標準。
固定ねじはM6x1.6が3本。
ねじ穴配列のPCD(BCD)=73mm。
ねじ穴は右図の如くで、均等に並んでいない。
  後輪サスペンションが伸びきった状態での後輪芯とボトムブラケット(BB)芯を結ぶ直線を基準にして、
左回りに50°、100°、100°の位置にねじ穴がある。