自転車用語 (続き52)自転車探険!

ブラトップ (bra top)

  ブラ(ブラジャー)と一体にしたクロップトップ

BMX靴 (BMX shoe)

  BMXバイクに乗るときに履く
甲材質は、スエードなどの皮革。
靴底BMXペダルに対して滑りにくいポリウレタンゴムなどのゴム製となっている。
かかとはなく、靴底(アウターソール)は平坦となっている。
ペダルグリップピンが引っ掛かるように、多数のへこみを設けた形もある。
  メーカーは、Five TenLotek Orchid FootwearVans 、など。

セキュリティスキュアー (security skewer)

  ロッキングスキュアーのこと。

Uロックホルスター (U lock holster)

  U錠(Uロック)をズボンのベルトなどで保持するための保持具。ホルスターはピストルの革ケースのこと。
  メーカーは、BlaqPaksBurro BagsFabric HorseTrakke 、など。







自転車展 (cycle show、bicycle show)

  自転車、自転車部品及びアクセサリーなどを展示する催し物。サイクルショー及びバイシクルショーともいう。
  次のような自転車展がある。
    日本      サイクルモード
    台湾      台北国際自転車展
    米国      インターバイクNAHBS 及び シーオッタークラシック
    ドイツ     ユーロバイク及びISPOバイク
    英国      ロンドンバイクショー 及び ザ・サイクルショー
    フランスパリ自転車展
    カナダ    トロント国際自転車展
    豪州      オースバイク
    中国      アジア自転車展

アルフィーネ (Alfine)

アルフィーネのギア比
ギア比
8段 11段
 1 
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
 10
 11
 0.527 
 0.644
 0.748
 0.851
 1.00
 1.223
 1.419
 1.615
 0.527 
 0.681
 0.770
 0.878
 0.995
 1.134
 1.292
 1.462
 1.667
 1.888
 2.153

 ギア比 
3.07   4.09  
概要
  シマノのハブギアを含むコンポーネントの名称。
英語読みするとアルファインとなるが、シマノはアルフィーネと名づけている。 アルフィーネはイタリア語で、「遂に」、「最後に」、という意味。
構成
  写真に写っているのは、右から左へ、ハブギア前ハブチェーンテンショナー油圧キャリパークランクセット
シフトレバーおよびブレーキレバー
ハブギア
  段数は、8段及びその後に出た11段がある。11段はオイルバスがありオイル潤滑となっている。ギア比は右表に示す。
全ギア比は、8段が307%そして11段が409%。ディレイラーと異なり負荷のある状態で変速できる。
ロックナット間距離(OLD)は、135mm。チェーンラインは、41.8mm。
スポーク穴数は、32穴または36穴。ピッチ円直径(PCD)は92.6mm。軸長は187mm。ナット締付トルクは、30~45Nm。
ディスクブレーキブレーキローター付き。色はシルバーおよびブラック。質量は、1680g(8段)および1665g(11段、写真)。
ホイール
  ハブギアを組み込んだホイールがある。図は8段ハブを組み込んだ700Cロードホイールでスポーク数は32本。
用途
  通勤自転車及びマウンテンバイクなど。
参考資料  「総合ギア比 計算器

ドロッパーシートポスト (dropper seatpost)

  可変サドル支柱(アジャスタブルシートポスト)のこと。

抵抗係数 (drag coefficient)

  自転車部品、車輪及び自転車などの空気抵抗の大きさを表す係数。
流線形にすると抵抗係数は小さくなる。
抵抗係数は一定でなく、物体の周りの空気の流れの状態(層流、乱流など)で変わるが、乱流域ではほぼ一定となる。
単純な形状の物体の抵抗係数(Cd)の一例を右図に示す。

ハーフラジアルスポーキング (half radial spoking)

  ホイールの、スポーク組み方の一つである半放射組のこと。

ボトルケージボス (bottle cage boss)

  フレームボトルケージを取り付けるための2個一組のボス(座、芯間距離65mm)。
M5のねじ穴が付いている。
一般に、下管(ダウンチューブ)上部および立管(シートチューブ)前部に付いている(右図)。
ボスは次のような方法で取付けている。
  (1) 溶接で取付。
  (2) ロウ付けで取付。
  (3) リベトナットを取り付け。
  (4) 接着で取付(カーボンフレームの場合)。
溶接及びロウ付けは、取付穴で強度の落ちたフレームをボスが補強しているが、リベトナットは補強していない。

ギア比重なり (gear ratio overlap)

  ギア比オーバーラップ と同じ。

ゼブラクロッシング (zebra crossing)

  英国用語で横断歩道のこと。
縞馬(ゼブラ)のように、白のしま模様に塗ってあることから(右図)。
米国では横断歩道はクロスウォークと言う。
歩行者信号がある歩道及びない歩道がある。

リアドロップアウト (rear dropout)

  チェーンステイ後端の 。後輪の車軸(ハブ軸)を取り付ける。リアエンドとも言う。

サイクリングクラブ (cycling club)

  サイクリストのための会又は組織。地域単位の会及び国単位の会などがある。一般的な会及び競技などに特化してクラブなどがある。女性だけのクラブもある。
  サイクリングクラブが集団走行を企画することがある。
  英国には1878年に設立された全国にまたがるサイクリスト組織である
CTC(Cyclists' Touring Club) がある。2006年の会員数は約6万人。
政策担当のディレクターは、自転車交通の安全性などについて政党に提言をしている。
右図はCTCのロゴ。
   参考資料  「サイクリング・自転車の同好会・クラブ・サークルのリンク集

フロントドロップアウト (front dropout)

  フォークの先端についているである フォークエンド のこと。

カートリッジパッド (cartridge pad、cartridge brake pad)

  カートリッジシュー のパッドホルダーに付けて使用するパッド。パッドが磨耗すると、パッド交換ができる。
パッドには溝が付いており、溝でリムの水を排除する役割及びパッド磨耗のゲージの役割がある。溝がなくなればパッドを交換する。
  メーカーは、シマノヨシガイBBB Bike PartsChia Cherne Company(Jagwire)Kool-StopRex Articoli Tecnici(SwissStop) 、など。

靴底 (outsole、outer sole、tread)

  の底の地面を踏む部分。
アウトソール又はアウターソウルとも言う。 これに対応して中敷はインソールと呼ばれる。ロード用は硬く平坦であるが、オフロード用は弾力性があり突起模様がある。
結合靴の靴底には、クリートを付けるねじ穴が開いている。トウスタッド付きがある。靴底に換気孔を設けた靴があるが、歩くと土ほこりが入る可能性がある。
材質は用途に応じて、CFRP(炭素繊維強化樹脂、俗に言うカーボン)、ナイロン及びゴムなど。

掃除手袋 (cleaning glove)

  自転車の掃除又は保守のときに、手が汚れないように使う手袋
肉厚は薄いもの及び厚いものがある。手首が長いものもある。
手のひらに微細な突起を設けたものもある。材質はニトリルゴムなど。

フリクションシフター (friction shifter)

  摩擦(フリクション)シフターのこと。摩擦シフト の原理によるシフター。 摩擦シフターの例としては、下管シフター(ダウンチューブシフター) 及びバーエンドシフターがある。

スライドドロップアウト (sliding dropout)

概要
  単速車(シングルスピードバイク)または内装変速機付自転車の後つめ(ドロップアウト)に取り付けて、チェーンたるみ調整を行う部品。スライディングドロップアウトとも言う。
一般には、スライドドロップアウトの代わりに 水平つめ (ホリゾンタルドロップアウト)が使われる。
利点
  チェーンのたるみ調整をしても、後ディスクブレーキディスクキャリパーの位置が変わらない。
材質
  アルミ合金およびチタン合金など。
メーカー
  Ahrens BicyclesParagon Machine Works 、など。

ハイドローリックブレーキ (hydraulic brake)

  流体ブレーキのこと。ブレーキレバーからブレーキキャリパーへチューブで連結し、力の伝達に流体(作動油)を使うブレーキ。
ケーブルブレーキより高価で保全に手間がかかる。流体ディスクブレーキ が一般的であるが、 流体リムブレーキ もある。

ピボットレスサスペンション (pivotless suspension)

概要
  後輪サスペンションおいてピボットを使わないサスペンション。
ソフトテール(軟チェーンステイ)又はソフトテールサスペンションとも言われる。
事例1
  2002年にCastellanoが特許を取った形(右端図)は、チェーンステイの幅を広くして横方向は剛性を持たせ、厚さは薄くして板ばねのように上下方向に曲げ弾性を持たせている。 軽量化のためにチェーンステイに複数の穴を開けている。
事例2
  1999年にはKHS社が独自のソフトテールの自転車を市販した。
事例3
  CFRP(炭素繊維強化樹脂、俗に言うカーボン)製のソフトテールもある(左図)。 この図からはボトムブラケットシェル及びチェーンステイの前方の厚さを薄くした部分が見える。

サイクルキャリア (cycle carrier)

  自転車キャリア のこと。

バックパックカバー (backpack cover)

  バックパックが雨に濡れるのを防止するため又は視認性をよくするために被せる覆い(カバー)。
レインカバーとも言う。
材質は、防水性のポリエステル又はナイロンなど。
背面に7個のLEDランプを付けて、夜間における視認性を良くした形がある。
三角形のELディスプレーを付けた形がある。
広告媒体としてデザインした形がある。
図はいずれもバックパックカバーを付けた状態。
  メーカーは、FerrinoGranite GearGregory Mountain ProductsLEDwearOnYerBikeSeatProvizRespro 、など。

ブレーキハンガー (brake hanger)

  ちどり と同じ。

カーブシートチューブ (curved seat tube)

  曲がり立管または曲がりシートチューブのこと。
フレームの立管(シートチューブ)の下部を前方に曲げて、
後輪タイヤが立管に接触しないようにすることによって、 チェーンステイ長を短くしている。
タイヤ外径、タイヤと立管のすきま及びチェーンステイ長などに応じて曲がりの形状は異なる。
短いチェーンステイ後輪の操縦性の向上及び摩擦力(トラクション)の向上をもたらすことがあるので競技車に採用されることがある。
  一方、短いチェーンステイは操縦の安定性を悪くするので、シティ車、サイクリング車及び通勤自転車などには向かない。
カーブトシートチューブとも言う。


チェーンピン イクストラクター (chain pin extractor)

  チェーン工具 とおなじ。

乳母車自転車 (pram bike)

  乳幼児席と一体にした自転車。
前2輪、後1輪が多い。
自転車を外すと乳母車になる形がある。
乳幼児席を外すと、三輪自転車となる形がある。
英国では乳母車のことをプラムと言う。
  メーカーは、Soma CycleTagatrioBike 、など。






チェーンリベット イクストラクター (chain rivet extractor)

  チェーン工具 とおなじ。

Sベンドシートステイ (S-bend seatstay)

  フレームを後方より見たとき、縦長のS字形に曲げたシートステイ
泥詰まり防止などのために、シートステイと後輪タイヤのすきまを大きくする意図がある。
マウンテンバイクなどに使われる。
左図にはSベンドシートステイの他に、立管(シートチューブ)及びチェーンステイが見られる。
右図はSベンドを赤矢印で示している。
曲線状に曲げたカーブシートステイもある。



Boaダイヤル (Boa dial)

  Boa レーシングシステム に使うダイヤル(つまみ)。ダイヤルを回すと靴ひもが締まる。

タッチスクリーン手袋 (touch screen glove、touchscreen glove)

概要
  冬などに手袋を付けた状態で、スマートフォンであるiPhoneのタッチスクリーンを操作できるようにした手袋。
実例
  (1) 手袋の親指と人差し指は、導電性の繊維(右図赤矢印)となっている(左端の写真)。
        右利き及び左利きに対応できるように、左右の手袋共に対応している。
  (2) 手袋の親指と人差し指は、覆わず指先が外に出るようにしている(中央の写真)。
  (3) 手袋の親指と人差し指は、後へ折り返して指先が外に出るようにしている(右端の写真)。
        磁石が付いており、折り返した指がふらつかないようになっている。
  (4) 手袋全体を導電性にしている。
メーカー
  AglovesDots GlovesEtre Touchy FreehandsMujjo 、など。

ロードシュー (road shoe)

  ロードバイクに乗る人が履く

アラームロック (alarm lock)

  自転車泥棒を撃退するために、警報(アラーム)のでる(ロック)。 警報の大きさは、110dBが一般的であるが中には120dBもある。電池が必要。
警報の出し方は、ケーブルの切断を検知する形または内蔵センサーで動きと衝撃を検知する形などがある。
  メーカーは、BikealarmXena Security 、など。

29erタイヤ (29er tire)

  29er自転車に使う、サイズが29型のタイヤ。タイヤ幅は38~61mm。ほとんどのタイヤメーカーが生産している。

リアケーブルハンガー (rear cable hanger)

  後輪用のカンティ(カンチ)ブレーキなどのアウター(ケーブルハウジング)を固定するために使うケーブルハンガー


ハット (hat)

  頭にかぶる帽子のこと。

フロントケーブルハンガー (front cable hanger)

  前輪用のカンティ(カンチ)ブレーキなどのアウター(ケーブルハウジング)を固定するために使うケーブルハンガー



救急自転車 (ambulance cycle、ambulance bicycle)

  救急活動に使う自転車で、英国では、アンビュランスサイクルと呼ばれている。

ドロップテイル (drop tail)

  ジャケットなどの衣服の背面の下部(すそ)を下に長くした部分。
バックフラップとも言う。
自転車で走行中に大きな前傾姿勢をした時、ドロップテイルでおしりを覆う。
ドロップテイルがないと、前傾姿勢をした時に背中の下部がまくれ上がることがある。
直立に近い乗車姿勢で乗るときは、必要ない。


ディレイラープーリ (derailleur pulley)

  後ディレイラーに使う プーリ案内プーリ及び張りプーリがある。

登坂 (climb)

  自転車で坂道を登ること。
動力体重比 は、登坂能力の指標となる。
立ち漕ぎ で登坂することもある。




イクセントリックボトムブラケット (eccentric bottom bracket)

  偏心ボトムブラケット のこと。ローマ字読みするとエクセントリックとなる。

サイクルスーパーハイウエイ (Cycle Superhighways)

概要
  英国の首都ロンドンは「サイクルスーパーハイウエイ」と名づけた自転車レーンを新たに作る。 ロンドン郊外から中心部への安全で直通の連続した12ルートの自転車レーンで構成している。
目的
  自転車通勤などを推進し、交通混雑の解消及び自動車の二酸化炭素排出量の削減などを目的としている。
レーン仕様
  最小幅1.5mのレーンは青色に着色し、自転車のマーク及びルート名(例えばCS8)が白色で書かれている。
レーン距離
  各自転車レーンの距離は10~15km。
工程
  2010年3月までに、試験レーン(パイロットレーン)を2レーン(右上図の地図の赤色のレーン)を完成させる。
2012年のロンドンオリンピックまでに、12ルートのすべての自転車レーンを完成させる。
利用計画
  2000年に比べて2025年の自転車利用を4倍にする。
利用状況
  パイロットレーンの一つA24ルートにおける2010年10月の1日12時間の調査では、4,092人のサイクリストが利用した。 2009年の対応する日の利用者2,724人に比べて50%増加した。 A13ルートでは1,388人から2,932人に100%増加した。

変速機 (derailleur、internal gear)

  ある速度で回転している軸から他の軸へ回転を伝えるとき、その回転速度の比率を変える装置。外装変速機及び内装変速機 がある。 無段変速機もある。

魔法瓶 (thermos bottle、bicycle thermos bottle)

  水、スポーツ飲料又はお茶などの保温または保冷に用いる容器。
内外2層のガラス又はステンレス鋼の間を真空にし、ガラス内壁は銀めっきして熱の伝導・放射・対流を防ぎ、
中に入れたものの温度を長時間保たせる。
自転車用はステンレス鋼製で容量は500mlが多く、保温冷時間は3~5時間。
一般に、自転車のフレームに付けたボトルケージなどに入れて運ぶ。
自転車魔法瓶専用のボトルケージもある。
  メーカーは、サーモス象印マホービンタイガー魔法瓶IberaKlean Kanteen 、など。

チェーンルーブ (chain lube、chain lubricant)

  チェーンに使用する潤滑油であるチェーン潤滑油のこと。

リアショック (rear shock、rear shock absorber、rear suspension)

  後緩衝器のこと。ダウンヒル及びフリーライドなどのマウンテンバイクの後輪用にフレームに取り付け、後輪からの衝撃を和らげる緩衝器(ショックアブソーバー)。
リア(後ろ)ショックアブソーバーからアブソーバーを省略した用語。
トラベルは、30~90mm。ロックアウトレバーの付いた形もある。
  メーカーは、DT SwissElka SuspensionFOX Racing ShoxKind ShockSR SuntourX-Fusion 、など。

キャップ (cap)

  周囲のつばは付いていないが、バイザーの付いている形はある帽子のこと。

パネル (panel)

  縫い合わせて衣服を作るための布。
例えば、右図のショーツは8枚のパネルで構成している。
パネル数の多いほど立体成型となり身体になじむ。
型紙(パターン)から作る。
左図の型紙は4枚のパネルとなる。

シートポストシム (seatpost shim)

  サドル支柱シムのこと。

フラットバーロードバイク (flat bar road bike)

  ロードバイクハンドルドロップハンドルであるが、そのハンドルを最初から平ハンドル(フラットバー)にした自転車。
平ハンドルのためマウンテンバイク用のシフター及びブレーキレバーが使われる。
外観はクロスバイクに似ているが、クロスバイクがマウンテンバイク寄りであるのに対しこのバイクはロードバイク寄りとなっている。
街乗り自転車及び通勤自転車などに使われる。
1980年代に、Ridgeback社などが世に出したのが始まり。
  メーカーは、BianchiGiant ManufacturingRidgeback Bikes 、など。

ステアラーシム (steerer shim)

  操縦管シム のこと。

自転車切手 (bicycle stamp)

  自転車が描かれた郵便切手。
右図において 左より右へ、
1948年10月に発行された第三回国民体育大会記念の5円切手。
1977年10月に発行された第32回国民体育大会記念の20円切手。
1990年8月に発行された世界選手権自転車競技大会記念の62円切手。
米国(United States Postal Service)の切手。


プルレシオ (pull ratio、cable pull ratio)

   ディレイラーの横方向(スプロケット間)の動き距離とロープ(ケーブル)の動き距離の比。シフト比 と同じ。

折りたたみヘルメット (folding helmet、fold-able helmet)

  小さくして持ち運びし易くするために、折りたたむことのできるヘルメット。通勤及び街乗りなどに使われる。
下図は折りたたみヘルメット3例。折りたたむと約半分の大きさとなる。
  メーカーは、CarreraDahonOverade 、など。









カーボンシートポスト(carbon seat post)

  支柱(ポスト)を炭素繊維強化樹脂(CFRP、俗にいうカーボン)で作ったシートポスト(サドル支柱)。

強度質量比 (strength to mass ratio)

  強度(多くの場合は、引張り強さ) と 質量の比。
この比が大きいと、軽さの割りに強度が大きいことになる。
右図にフレームなどに使われる材質の強度質量比を示す。
CFRP(炭素繊維強化樹脂、俗に言うカーボン)の強度質量比が大きい。

ジェルテープ (gel tape、gel bar tape、gel handlebar tape)

  振動吸収のために、ジェルを入れたハンドルテープ。ジェルバーテープまたはジェルハンドルバーテープともいう。

水泳ゴーグル (swim goggle)

  トライアスロンの水泳などに使うゴーグル
視界を良くするため及び目の保護のために使う。水に対して流線型こなっている。 材質としては、レンズはポリカーボネイトなど、シールはネオプレンなど、ヘッドストラップはシリコンなど。レンズ内面にアンティフォッグ処理をしてあるものもある。

スピードウォブル (speed wobble)

  シミーと同じ。ウォブルは、よろめくこと。

アンビュランスサイクル (ambulance cycle)

  救急自転車。救急活動に使う自転車。自転車による救急活動は、2000年に英国のロンドンで始められた。
自転車、上着及びパニアなどは救急車色(英国は草色)となっている。
自転車はマウンテンバイクが使われ、パニアサドルバッグ及びサイレンなどを装備している。
  救急車と同じ時間またはより早く現場に到達でき、かつ運用費用は安いとのこと。 パニアなどに入れているものは、医療キット、AED(心臓救命装置)、酸素ボンベ及び酸素マスク、心拍計の付いたパルスオキシメータ、血圧計など。 英国赤十字社はCRU(サイクルリスポンスユニット)と名づけている。

マルチツール (multi tool)

  マルチ工具(多用途工具)と同じ。

ヘルメットハット (helmet hat)

概要
  一般の帽子(ハット)のように見せるために、半球状のヘルメット(アーバンヘルメット)に被せるカバー(帽子)。
男性用及び女性用がある。ヘルメットカバーとも言う。ストラップに付ける耳ウォーマー(赤矢印)もある。
メーカー
  CrazeeHeadsMentalRockiNogginsYakkay 、など。





















カーゴバイク (cargo bike)

  カーゴサイクルとも言う。荷物自転車と同じ。カーゴは積荷のこと。