自転車用語 (続き47)自転車探険!

通勤バッグ (commuter bag)

  自転車通勤に使うバッグ
肩掛け帯(ショルダーストラップ)が付いている。
バックパックメッセンジャーバッグ及び大きな形のフレームバッグなどが使われる。
通勤バッグとして売り出しているメーカーもある。
これは、荷物の出し入れがしやすいよう、背面に上から下までのジッパーが付いている。
  メーカーは、RickshawSlicks Cycling 、など。




斜度 (gradient、slope angle)

  斜面の傾斜の角度。勾配ともいう。

警報器 (alarm、bicycle alarm、security alarm )

盗難防止用
  自転車泥棒が自転車を動かすとその動きを検知して、大きな警報音を出す防犯器具。
警報音の種類を選べるものもある。
音の大きさは110dBが一般的。警報音が継続する時間は、例えば15秒など。
防水形となっている。電池が必要。電波によってリモコンに連絡する形もある。
取付位置はフレーム立管(シートチューブ)、 サドル支柱又はハンドルなどの管状の個所。
自分が乗るときに警報音が出ないようにするには、本体の暗証スイッチで暗証記号(例えば、CBA・・・など)を押すもの、
又は本体及びリモコンのスイッチを入れる方法などがある。
一般用
  ベルホーン及びブザー などがある。、

フットポンプ (foot pump)

  床において足(フット)で踏んで空気をいれる空気入れである足踏み空気入れのこと。

ヘッドバッジ (headbadge、head badge)






  フレーム頭管(ヘッドチューブ)の前方に付ける金属製の飾り。
頭管にはリベットで取付けるための穴を開けておくことが多い。材質は加工しやすいアルミ、銅または銀など。
ブランド(商標)を示すために、独自のデザインのヘッドバッジを付けている自転車メーカーもある。
デザインを示すとそれに合わせて作る業者もある。
日曜大工として自分で作って付ける人もいる。
1976年から現在まで、デザインを9種類(上図)も変えてきた自転車メーカー(Trek)がある。
デザインによって生産年代がわかる。例えば、1997~2002年製の如く。
自転車事業の125周年を祝って、新しいロゴのバッジを限定版の自転車に付けたメーカー(Raleigh)がある。
  メーカーは、Revolution Cycle Jewelry 、など。

リアライト (rear light)

  尾灯のこと。テールライトともいう。

アンカー (anchor、lock anchor、ground anchor、security anchor)

概要
  自転車泥棒などによる自転車の盗難を防止するため
チェーン錠又はくさりなどで自転車をコンクリートなどの地面または壁面に固定するためのいかり(アンカー)。くさりを通す部分の形状はO形またはU形などがある。
グラウンドアンカー、グランドアンカー、ロックアンカー又はセキュリティアンカーともいう。壁面に付けるものはウオールアンカーという。
使用方法
  アンカーはアンカーボルトで固定する。アンカーボルトは付属しているものもある。 コンクリートドリルで下穴をあけ、アンカーボルトを入れてその心棒またはスリーブをハンマーで打ち込むと下部が開きアンカーボルトが下穴に固定される。ボルトが六角レンチで回せないよう、ボルト頭の六角穴に打ち込む鋼球が付属しているものもある。ボルトが回せないようボルトカバーの付いた形もある。
メーカー
  AbusKryptoniteFalcoHenry Squire & Sons(Squire) Ingersoll-Rand(Kryptonite)LumaOxford ProductsPJB Security ProductsPragmasis
Shelford Design 、など。

シティバイク (city bike)

  シティ車(JIS用語) のこと。

反射タイヤ (reflective tire、reflective tire wall)

  安全対策として、夜間に自動車の前照灯などの光によって、側面が環状に光る自転車タイヤ
環状の反射帯の幅は9mmなど。
自分で光を出すホイールとしては、ホイールライトがある。
  メーカーは、パナソニック ポリテクノロジーKenda TiresMaxxisSpecialized Bicycle ComponentsVittoria 、など。



トーチ (torch)

  前照灯又は懐中電灯(主に米国)のこと。

カフロック (cuff lock)

  手錠(カフ)錠。カフ錠。
2個の手錠(ハンドカフ)をチェーンで繋いでいる。
一方の手錠で自転車のフレームなどを挟み、他方の手錠でフェンス柱又は自分の他の自転車などを挟む。手錠部分の口は75mmまで広げることができる。チェーン長さは、300mmなど。
  メーカーは、Master Lock 、など。

サイクルパス (cycle path)

  自転車道のこと。サイクルは自転車そしてパスは道のこと。バイシクルパスともいう。

やすり目タイヤ (file tread tire)

  タイヤの踏面(トレッド)の模様(パターン)がやすり目に似たタイヤ。やすり目の底辺は四角形であることが多い。その大きさは、メーカー形式によって異なる。サイクロクロスタイヤなどとして使われる。
オフロードの乾燥砂地及び草地並びに雪道などに向いている。
サイクロクロスタイヤのトレッドパターンとしては、やすり目パターン以外のパターンも使われる。
  メーカーは、ChallengetechDedaTreDugastTufo 、など。

カーボンファイバー (carbon fiber)

  炭素繊維のこと。炭素繊維を布にすると炭素繊維布となる。炭素繊維布のプリプレグを製品の形状として加熱処理すると、炭素繊維強化樹脂となる。

油圧キャリパー (hydraulic caliper)

  ディスクブレーキにおいて、ブレーキレバーとブレーキキャリパーをチューブでつなぎ力の伝達及び制動を油圧で行う方式のキャリパー。
キャリパーはディスクキパッドが付いていてブレーキローターを挟み制動するブレーキ部品。
ブレーキレバーのピストンで発生させた油圧によって、油圧キャリパーのキャリパーピストンを作動させてブレーキパッドを押す。



BB取付ディレイラー (bottom bracket mount derailleur)

  BB(ボトムブラケット)に取付ける(固定する)前ディレイラー。シマノはEタイプ ディレイラーと呼んでいる。

メカニカルキャリパー (mechanical caliper)

  機械式キャリパー
ディスクブレーキにおいて、ブレーキレバーからブレーキキャリパーへの力の伝達をロープ(ケーブル)で行う方式のキャリパー。 キャリパーはブレーキパッドが付いていてブレーキローターを挟み制動するブレーキ部品。
油圧キャリパーに較べて価格は安く、整備も行いやすいがレバーを引くのに要する力は油圧キャリパーの方が小さい。

シャックル錠 (shackle lock)

  U錠と同じ。シャックルは手かせ又は足かせのこと。

クロスカントリー競技 (cross country racing、cross country mountain bike racing )

  丘陵、山または地域などの横断などのオフロードのコースで行う競技。人工のコースが作られることもある。国際競技もある。
自転車としては、クロスカントリーバイクが使われる。










    クロスカントリー競技の動画







カーボンファイバー成型 (carbon fiber mold)

  炭素繊維(カーボンファイバー)布をエポキシ樹脂と共に型に入れて加熱して成型すること。
   実験的に成型している動画。動画に於いて羽毛で塗っているのは、シロップ状(半重合)のエポキシ樹脂と固化剤を混ぜた液。 熱を加えると重合が進んで固化する。
   炭素繊維協会ホームページ

熱成型シューズ (heat mouldable shoe、heat moldable shoe)

  熱成型。家庭用のオーブンなどで熱を加えて柔らかくして履き、足に密着させて冷却し、足の形状に合わせる靴。加熱温度及び時間はメーカーによって異なり、70°で15~20分又は80°で4~5分など。動力伝達及び履き心地を良くすることを意図している。シューズはシューの複数形。
  メーカーは、シマノLouis GarneauBont 、など。

ウエストポーチ (waist pouch)

  ベルトなどで腰部に付ける小袋(バッグ)。ウエストバッグと同じ。
容量は、1~5リッター。質量は、50~600g。
  メーカーは、Original Mountain Marathon 、など。

サイクルシェアリング (cycle sharing)

  自転車シェアリングのこと。

BMXフォーク (BMX fork)

  BMXバイクに使うフォーク。耐衝撃性となっている。
  メーカーは、Federal BikesNookie BikesOriginal Bike EngineeringS&M BikesTange 、など。

レインコート (raincoat)

  雨着 と同じ。

クーリエバッグ (courier bag)

  メッセンジャーバッグ と同じ。クーリエパックとも言う。クーリエは緊急な知らせや重要な報告などを携行する急使。

ホイールマグネット (wheel magnet)

  ホイールスポークに取付けて、サイクルコンピュータ速度センサー(回転数センサー)に磁力線信号を出すための永久磁石。 1本のスポークに取付ける形は、取付位置を自由に選ぶことができる。2本のスポークに挟んで取付ける形は、取り付け位置を選ぶことは出来ないが外れにくい。

ロードリム (road rim)

  ロードバイクに使うリムクリンチャータイヤを装着するクリンチャーリム及びチューブラータイヤを装着するチューブラーリムなどがある。

ブレーキフェード (brake fade)

  フェードのこと。

1本足フォーク (one-legged fork、single-legged fork、single-bladed fork、one sided fork、mono blade fork)

  フォークブレードが1本で片側だけの
フォーク
シングルブレードフォーク及びモノブレードフォークとも言う。
サスペンションの付いた形がある。
合わせてチェーンステイも片側だけの自転車がある。
これは車輪を外さずにチューブ及びタイヤの交換ができる。
レフティフォークと名づけているメーカーがある。
図は1本足フォークを付けた自転車。前輪駆動の電動自転車がある。蓄電池はフォークブレードに入れている。









  メーカーは、Cannondale BicycleElectrolyte Bicycles 、など。

色眼鏡 (colored glasse)

  着色したレンズをはめた眼鏡。サングラスなど。

チェーンステイクリアランス (chainstay clearance)

  チェーンステイすき間のこと。

ころ軸受 (roller bearing)

  転動体としてころを使う軸受玉軸受の玉は点接触であるのに対しころ軸受のころは線接触のため、同じ外径の玉軸受に比べて、より大きな負荷に耐えられる。 負荷が同じ場合は寿命が長くなる。玉軸受は推力も受けられるが、円筒ころ軸受は推力をほとんど受けられない。
円すいころ軸受は推力も受けられる。規格は「JIS B1533 円筒ころ軸受」及び「JIS B1534 円すいころ軸受」。
  円すいころ軸受を使った外部ボトムブラケットがある。

デオーレ (Deore)

  シマノのマウンテンバイク用の部品郡(グループ)のうち上位より4番目の部品郡に対する商標。 なお、最上位の部品郡の名称はXTR

クラブモデル (club model、club cycle)

  1930年代に始まって英国の多くの自転車メーカーがクラブ乗車用に作った自転車。右端図の2台は当時のカタログの絵。
  英国ではクラブを中心にして自転車に乗るという伝統があり、各地に多くの自転車乗車クラブがある。 クラブは定期的に日帰り旅行、短長期の旅行、タイムトライアル競技及びロード競技などを行っていたが、競技よりも娯楽に重点がおかれており、クラブモデルは娯楽用の自転車として作られた。 当時の先端の技術で作られており、主な仕様は次の通り。
フレームおよびフォークは合金製の肉厚を薄くした軽量管を使用。 シートステイテーパー管を使用。ヘッド角シート角も71°であった。 泥よけ及びフレーム空気入れ用に、
直付け座を取付。ハンドルはドロップハンドル革サドル内装変速機付き。ホイールは軽量の 26x1-1/4 (1950年には 27x1-1/4に変更している)、ステンレススポーク、クイックリリース蝶ナット、高圧タイヤ。セルロイド製の泥よけ(1946年にアルミ合金に変更)。 当時一般的であったロッドブレーキではなく現在使われているロープ(ケーブル)で引くブレーキを使用。前輪にハブ発電機の付いたものもある。絵には革のサドルバッグが描かれている。
  現在も英国の一部のメーカーは作っているが仕様は現在の部品に変更している。一例の写真を上左端に示す。タイヤは700x25C(672mm)そして変速機は外装変速機に変わっている。 ヘッド角は71°または72°そしてシート角は73°になっている。泥よけステイ の数が半減している。
  メーカーは、Raleigh 、など。

自転車トレーラー (bicycle trailer)

  トレーラー と同じ。

グリースガン (grease gun)




  グリースに圧力を加えて軸受などに押出す手動ポンプ。注入しやすいように先端はノズルになっている。
ガン付属の容器にグリースを入れる形およびグリース入りチューブをガン(インジェクター)に接続する形がある。
一定の割合でグリースが出せるよう、注入ハンドルにコイルばねの付いた形がある。
メーカーは、シマノExustar EnterpriseFinish Line Technologies Pedro’sWeldtite Products 、など。

サイクルトレーラー (cycle trailer)

  トレーラー と同じ。

フリースタイルバイク (freestyle bike)

  フリースタイルのためのBMXバイク
衝撃に耐えるように、フレームおよび車輪は堅牢に作られている。
車輪は20インチで金属スポーク数は48本。樹脂スポークもある。
オフロードでは使わないので、ブロックタイヤではなく舗装路用の滑らかなタイヤが付いている。
ブレーキは前輪および後輪に付いている。
曲乗りのためのBMXペグが前輪および後輪の軸に付いている。
ブレーキロープがもつれずにハンドルが360°回せるように、BMXローター (ジャイロ)が付いている。

BMX競技 (BMX racing)

  バイシクルモトクロス競技のこと。

内部ヘッドセット (internal headset)

  ねじ無しヘッドセットの一種で、カートリッジ軸受(右図の黄色部)を使い、 それを頭管(水色)内部に入れた内部キャップ(赤色)で受けるヘッドセット。そのため一般のヘッドセットと外観が異なる。写真は上下の軸受部を重ね合わせてある。
  一般のヘッドセットの軸受のわんは、頭管の上下の面で受けるが、内部ヘッドセットのカートリッジ軸受は、L字断面で環状の内部キャップ(赤色)を圧入してその内部キャップで受ける。軸受には外部キャップ(灰色)が付く。必要とする頭管内径は41.05~41.1mmなど。軸受外径は41mmなど。
  一般の軸受は国際規格で標準化されているので、どのメーカーのものを使っても互換性はあるが、内部ヘッドセットの軸受は標準化されておらず各メーカーまちまちで、互換性はない。

フリースタイル (freestyle)

  BMXバイクで行う芸当。
次のような種類がある。
ストリートライド(街にある手すり、柵または壁などを使う)、
パークライド(スケートパークで行う)、
フラットランド(平坦な舗装地で曲芸をする)および
バート(U字形の滑降コースで空中に飛び上がる)など。
バートは垂直のこと。



キャリパス (caliper、calipers)

  直接ものさしなどを当てて測ることの難しい部品の内径または外径などを測るコンパス状の測定器。
内径を測るものを内キャリパス(インサイドキャリパー)又は内パスそして外径を測るものを外キャリパス(アウトサイドキャリパー)又は外パスという。
  キャリパスの先端を部品に合わせて調整ねじで微調整し、その寸法をキャリパーに固定する。
右図のものは調整ねじが付いているが、付いていないものもある。キャリパーの先端をノギスで測定して寸法を知る。ノギスで直接測定できる場合は、キャリパスは必要ない。
キャリパスはキャリパーの複数形であるが、日本では1個でもキャリパスと呼ばれる。

ワイヤープライヤー (wire plier)

  ローププラーのこと。

タイラップ (tie strap)

  結束バンドのこと。Ty-Rapは結束バンドを考案したメーカー(Thomas & Betts)の商品名。

ブレーズオンディレイラー (braze-on derailleur)

  直付けディレイラーと同じ。

テスター (circuit tester)

  電圧、電流および抵抗を測定する計器。アナログ表示およびデジタル表示がある。
付属の2本のテストリードをテスターの端子に接続して使う。
JIS C1202(回路計)においては、テスターを回路計と呼んでいる。
サイクルコンピューターのセンサーおよびその配線の点検並びには前照灯発電機およびその配線の点検などに使う。

ノーパンクタイヤ (punctureless tire)

  パンクレスタイヤと同じ。和製英語。

結束バンド (tie strap、cable tie、zip tie)

  ラチェットの歯の付いたバンドを固定穴に差込んでループ状にして結束する部品。
材質はナイロン。色は各種ある。
1958年にThomas & Betts社が飛行機の配線の結束バンドとして考案した。
サイクルコンピュータセンサーからの配線をフォークなどに固定するのに使われることがある。
次のような利用法もある。
沈み測定
  サスペンション沈みの測定に使うひとができる。
ホイールの振れ点検
  前輪は両側のフォーク上部そして後輪はチェーンステイ上部のリム位置に結束バンドを付け、その先端とリムの間隔(すきま)が1~3mmとなるように切断する。
ホイールを手でゆっくりと回してすきまが均一であるか点検する。
スノータイヤ
  前後のタイヤに幅の広い結束バンドを均等に複数巻いて、スノータイヤの代用とすることができる。

工具ボトル (tool bottle)

  工具または予備チューブなどを入れる容器で、ツールボトルと同じ。

ツールボトル (tool bottle)

  工具または予備チューブなどの予備品を入れる容器で、
フレームボトルケージに装着する。
ねじ付又はねじなしのキャップが付いており、防水構造となっている。
高さが高いものと低いものを用意しているメーカーもある。
材質はプラスチックであるが、布製(ツールバッグ)もある。
丸棒製のケージに引っ掛けるためのへこみの付いた形もある。
工具ボトルともいう。
  メーカーは、オージーケーカブトBBB Bike PartsBirzmanRatio Bike DesignSilcaSKS-GermanyTacx 、など。


ケーブルストレッチャー (cable stretcher)

  ローププラーのこと。

自転車置き (bicycle stand)

  キックスタンドが付いていない自転車が転倒しないように支持する器具。
家庭用と駐輪場用では形状および大きさが異なる。
自転車の屋内保管に使うバイクスタンドもある。
自転車保守用のスタンドとしては作業スタンドがある。
  メーカーは、Velomann 、など。

ロープストレッチャー (cable stretcher)

  ローププラーと同じ。

ローププラー (cable puller)

  ブレーキまたは
ディレイラーロープロープ固定ボルト(ピンチボルト)で固定する時に、ロープを望みの張力で張った状態で保持する工具。
ロープの取付が容易となる。
  ラチェット機構が付いているもの及び付けていないものがある。ラチェット機構は引き位置を固定するので、片手で操作できる。
ロープストレッチャー、ローププライヤー及びケーブルプラーともいう。
  メーカーは、ホーザンLifu BicyclePark ToolPedro’sUnior 、など。

チェーン洗浄器 (chain cleaning tool、chain cleaner)

  チェーンクリーナーと同じ。

ズボンバンド (trouser band)

  通勤または買物などで長ズボンをはいて自転車に乗るとき、
ズボンの裾(すそ)がチェーンに触れて汚れないように裾に巻くバンド。 幅は細いものから太いものまである。
マジックテープで止めるものが多い。 材質は繊維、革、プラスチックおよび金属がある。
反射テープが付いたものもある。
ランプが付いており内臓の電池で点滅させる形がある(安全バンド)。
メーカーによっては、裾バンドまたはサイクルバンドとも呼んでいる。
同じ機能で形状の異なるものとして、カフがある。
  メーカーは、キャットアイクラレファスニングモンベルBrooks EnglandLifu BicycleVaude Sport 、など。

ワイヤー伸び (cable stretch)

  ディレイラーまたはブレーキのワイヤー(正確にはロープ)が伸びたように感じること。レバーでロープを引いた程度の力ではロープは伸びないので、紛らわしい用語。
伸びではなくロープのたるみが生じることはある。その原因は、(1)ロープ端のたいこなどが座る(なじむ)こと。(2)アウターの両端がその固定端で座ること。
これらは、レバー操作をするごとに少しずつ生じる。なじみにはアウターの端末加工も影響する。加工組立ての良くない自転車はワイヤー伸び(たるみ)が生じやすい。

バーイクステンダー (Bar Extender)

  ハンドルまたはハンドルステムなどに付属のクランプで取付けて、その取付棒に前照灯およびサイクルコンピュータなどを取付ける。クランプ径は22~38mm。製品質量は116g。スインググリップと似た機能。
  メーカーTopeak の商品名。なお、英語はバーイクステンダーであるが、ローマ字読みするとバーエクステンダーとなる。


パンクレスタイヤ (punctureless tire)

  タイヤの空気の代わりに多孔質のポリウレタンまたはジェルなどをチューブまたはチューブのないタイヤに入れてパンクが起こらないようにしたタイヤ。 空気容積にポリウレタンまたはジェルなどの密度を掛けた値だけ重くなる。27型タイヤで一台当たり2~2.5kgほど重くなるものもある。 ごく一部のシティ車業務用自転車、幼児用自転車および車椅子には、パンクレスタイヤを使っているものがある。 エアレスタイヤまたはソリッドタイヤとも呼ばれる。

クランプオンディレイラー (clamp-on derailleur)

  クランプでフレームの立管に固定する方式の前ディレイラー。 前ディレイラーのクランプ径は立管径に対応している必要がある。クランプ(バンド)径は取り付ける立管(シート管)の外径に対応して、28.6mm(1-1/8 inch)および31.8mm(1-1/4 inch)の2種類がある。 マウンテンバイク用には、その上に34.9mm(1-3/8 inch)もある。
クランプ径が立管径よりも大きいときは、ディレイラーシムを使う。
  立管径は28.6mmおよび31.8mmが多い。これは素材のフレーム管の外径で、実際の外径は塗装厚さだけ厚くなっている。 塗装の上から固定するので精密機器とは言えない。
クランプ方式は、クランクスプロケット(チェーンリング)の大きさ(高さ)に対応して、クランプを上下に動かすことができる。 クランプ式とすれば、フレームメーカーには直付け座(ブレーズオン)を付ける手間がかからない。

両輪駆動自転車 (dual wheel drive/driven bicycle)

  前輪および後輪を駆動する自転車。二輪駆動自転車および全輪駆動自転車と同じ。

BMXフレーム (BMX frame)

  BMXバイク用のフレーム。BMXバイクの車輪サイズ20型に対応している。BMXバイクに使われるUブレーキの座が付いている。後輪軸をつけるつめ(爪)は後ろ向きの水平つめ。
  メーカーは、Blk Mrkt BikesBMX GroupmentBombshellFederal BikesFireeye BikesFitbikecoPhoenix Pro CyclesS&M Bikes
Tempered BikesXi'an Changda Titanium Products 、 など。

JISC (Japanese Industrial Standards Committee)

  日本工業標準調査会。工業標準化法に基づいて経済産業省に設置されている審議会で、工業標準化全般に関する調査・審議を行っている。具体的には、JIS(日本工業規格)の制定・改正およびJISマーク表示制度の対象となる品目の指定に関する審議等を行う。

バムバッグ (bum bag)



  尻バッグ。腰バンドの付いたバッグ。主にお尻の上に装着する。腹又は腰横に付けても尻バッグと言う。英国用語でバムは俗語でお尻のこと。 ヒップバッグ、ヒップパックまたはファニーパックとも呼ばれる。バッグの開閉はファスナーで行う。クイックリリースバックルの付いた形もある。
容量は、1~6リッター。水筒を装着できる形もある。
3室に分かれて3個のファスナーが付いた形もある。皮製もある。
  メーカーは、Camelbak ProductsHappy Cow、など。

ABS (Acrylonitrile Butadiene Styrene、Anti-lock Braking System、Anti-lock Brake System)

  •  ABS樹脂
      アクリルニトリル(A)、ブタジエン(B)およびスチレン(S)の三種のモノマーを共重合した樹脂。
    耐衝撃性がある。メッキできるのも特徴。メッキしたものは金属部品と間違うこともある。

  •  ロック防止装置
      タイヤのロック(回転停止、スリップ比1)による路面との滑りを防止す装置。ブレーキ力を調整する部品としては、モジュレーターなどがある。
    回転が止まったまま(ロック)では、次の問題が生じる。(1)ハンドル操作が効かない。(2)タイヤと路面の摩擦力が低下する。
    摩擦力は滑っている状態(スリップ比0.1~0.2)において最大となる。
      後輪にわずかにブレーキを掛けながらペダルを漕ぐと人間ABSとなる。後輪が滑るとペダルは急に止まるから、その信号でブレーキを掛けをやめる。

ヴェルタ・エスパーニャ (Vuelta a Espana)

  毎年9月にスペインを3週間以上にわたって走る、プロによるステージ自転車ロード競技
ツール・ド・フランス及び ジロ・デ・イタリアと並ぶ3大自転車ロード競技の1つで、1935年に始まり1995年からは毎年行われている。
ゴールは首都マドリード。
上図は2013年のルート。
ルートは毎年変る。
    公式ホームページ






















OEM (original equipment manufacturer、original equipment manufacturing)

  相手先の商標(ブランド)による製品の生産者または相手先の商標で販売される製品の受注生産。
  OEMメーカーに製品を発注したメーカーは、自社商標でその製品を販売する。
製造の委託を受けたメーカーは、相手先の商標と販売力を活かして生産量を向上させることができる。
自転車及び自転車部品のOEMメーカーは、台湾に多い。
  Stridaブランドの折りたたみ自転車を作っているMing Cycleは、OEMメーカーでもある。
右図は同社の組立ライン。




ラックバッグ (rack bag)

概要
  旅行、買物または通勤などのために、後荷台(リアラック)または前荷台(フロントラック)に載せる箱形のバッグ。ラックパック、トランクバッグ又はラックトップバッグともいう。
仕様
 (1) 形崩れしないように、補強材が入っている形が多い。
 (2) 上部横のチャックで開閉する形および内部に仕切りが付いている形が多い。
 (3) 取っ手および荷台に固定するための帯などが付いている。
 (4) ジッパー式の外部ポケット、肩掛け帯および反射テープが付いているものがある。
 (5) 専用の荷台に簡単に着脱できる形がある。
 (6) 上部にバンジーコードのネットを付けて、ヘルメットを装着できるようにした形がある。
容量
  8~20リットル。
メーカー
  ArkelAxiom Performance GearBanjo BrothersBioLogicCarradice of NelsonCompanion Bike SeatsDetours SportsHackettInertia Designs
Mountain Equipment Co-opPashley Cycles 、など。

ディオーレ (Deore)

  シマノは、デオーレと呼んでいる。