自転車用語 (続き46)自転車探険!

ベスト (vest、cycling vest)

概要
  袖のない短い胴着。肌着および上着がある。
男性用及び女性用がある。
用途
  肌着は主に冬用で保温または風防のために
ジャケットの下に着る。
冬ベスト、チョッキ及びウエストコートともいう。
  上着は主に夏用でサイクリングベストと呼ばれることがある。
街乗り及び通勤などに使われる。
仕様
  (1) 風を通さない薄い繊維が軽量のために使われる。
  (2) 防水仕様もある。
  (3) 折りたたむとジャケットのポケットに入るものもある。
  (4) 半ジッパー又は全ジッパーの付いたものもある。
  (5) 後ポケット又は前ポケットが付いたものがある。
  (6) 背中にブラダー(水袋)を入れたベストがある。
  (7) 安全ベストがある。
  (8) 反射ジッパーを使った形がある。
  (9) 首の形状は、丸、U及びVなどがある。
(10) 腰ひも及び前ポケットの付いた形がある。
(11) ドロップテイルとした形がある。
(12) マウンテンバイキング用の保護ベスト(プロテクターベスト)がある。
(13)バックパックの上に着る高可視性のベストがある。後ろ下部は伸縮性となっている。
(14) 背中に短文を書いた型がる。
        「POLICE」(警察)と間違えるように「POLITE」(丁寧)と書いた形がる。
材質
  メリノウールなど。
メーカー
  ウエイブワンパールイズミAlpinestarsCastelliDe Marchi SportDynafitEtxeondoEvoc SportsFinisterreFoskaFoxwearFunkier Bike
Ground EffectHackettLuna SportMavicMotionFoxOneTenPolaris ApparelRoad HollandScott SportsSportfulSuarezSugoiSumattoryThoosaVaude SportVespertineW. L. Gore & AssociatesZoca Active 、など。

トータルキャパシティ (total capacity)

概要
  トータル(必要)キャパシティは後ディレイラーチェーンのたるみを取る能力。
計算式
  クランクスプロケットの最大歯数差と後輪スプロケットの最大歯数差の合計として表される。
トータルキャパシティ = (前スプロケットの最大歯数差) + (後スプロケットの最大歯数差)
= (前スプロケット最大歯数 - 前スプロケット最小歯数) + (後スプロケット最大歯数 - 後スプロケット最小歯数)
計算例
  例えば、クランクスプロケットの歯数が44T_32T_24Tそして後輪スプロケットの歯数が12T_34Tの場合、
  トータルキャパシティ = (44T-24T) + (34T-12T) = 20T + 22T = 42T。
従って、少なくとも42Tのキャパシティを持つ後ディレイラーが必要。
   参考資料  「ディレイラーのキャパシティ

日焼け止め (sunscreen)

  太陽の紫外線(UV)によって肌が日焼けをするのを防止するクリーム及びスプレー。
紫外線を反射する成分又は/及び紫外線を吸収する成分が含まれている。
有効時間(例えば10時間)がある。
肌に有害な成分を含むことがあるので、帰宅時に洗い落とすことが望ましい。
  メーカーは、石澤研究所花王カネボウ江原道資生堂リソウロート製薬Joshua Tree ProductsP20 、など。

最小キャパシティ (minimum capacity、top-middle minimum capacity)

  3段のクランクスプロケットに関し、前ディレイラーが対応できる大スプロケットと中間スプロケットの最小歯数差。シマノの前ディレイラーの最小キャパシティは12T。
例えば、大スプロケットの歯数が48Tの場合、48T-12T=36Tより中間スプロケットの歯数は36T以下でなければならない。トップ・ミドル(大・中間)最小キャパシティとも呼ばれる。

ジャンプストップ (Jump Stop)

  前ディレイラーによる小スプロケットへの変速において、チェーンが脱落しないように案内するチェーン案内に対するN-Gear社の商品名。 フレームの立管に付属のクランプで固定する。 適用できる立管の外径は、28.6~34.9mm。クランプ材質はFRP(俗に言うカーボン)そして案内ブラケット材質はステンレス鋼。質量は30g。
  案内ブラケットの上下位置の設定は次のように行う。 チェーンを最小のクランクスプロケットおよび最大の後輪スプロケットに掛けて、チェーンのリンクピンが案内ブラケットの中央部を通るようにする。 チェーンと案内ブラケットの間隔(すき間)は、1.5~2mmとする。

チェーンウオッチャー (Chain Watcher)

  前ディレイラーによる小スプロケットへの変速において、チェーンが脱落しないように案内する チェーン案内に対するBicycle Safety社(商標はThird Eye)の商品名。 主用途はオフロードを走るマウンテンバイク
樹脂製のブラケットを付属のホースクランプでフレームの立管に固定する。
適用できる立管の外径は、28.6~34.9mm。

最大キャパシティ (maximum capacity)

  クランクスプロケットに関し、前ディレイラーが対応できる大スプロケットと小スプロケットの最大歯数差。 シマノの前ディレイラーの最大キャパシティは22T。
例えば、大スプロケットの歯数が48Tの場合、48T-22T=26Tより小スプロケットの歯数は26T以上でなければならない。

チェーンキャッチャー (Chain Catcher)

  前ディレイラーによる変速時に、チェーンが脱落しないようにするチェーン案内
パリ-ルーべなどの悪路(石畳)のあるロード競技で、チェーンが振動して変速時に外れるのを防止することを意図している。
直付け式およびクランプに直付けの座が付いた形式のディレイラーに取付できる形が多い。
材質はアルミ合金及びチタン合金など。質量は10gなど。 陽極酸化により着色して、5色の種類を用意しているメーカーがある。
  クランプの付いた形及びボトムブラケットカップに取り付ける形もある。Di2用もある。
  3Dプリンタでチタン合金粉末を焼結して作った中空の製品がある。
  メーカーは、Aceco Sport Group(K-Edge) 、Ken Chang Ind.New UltimateRace WareRotor Bike Components 、など。

BMXリム (BMX rim)

  BMXバイクに使うリム。サイズは20型で幅は32mm又は36mmなど。 スポーク穴数は、36穴または48穴。
スポーク穴にははとめが付いていることが多い。材質はアルミ合金など。 陽極酸化処理をしたものが多い。
  メーカーは、BombshellFireeye BikesGusset BikesNookie BikesSun ringlé 、など。

スライム (slime)

  タイヤシーラントと同じ。一般の用語としてのスライムは、ねばねばしたもの又は粘液物のこと。

十字ねじ回し (screwdriver for cross recessed head screw)

 d [mm] 5689
L [mm] 50  100  150  200 
  十字穴付き小ねじを回すためのねじ回し
十字ねじ回し(JIS B4633)の寸法を表に示す。
  メーカーは、エンジニア 、など。

フィリップスドライバー (Phillips head screwdriver)

  十字ねじ回しのこと。1936年にフィリップス(Henry F. Phillips)が十字穴付き小ねじ(フィリップスねじ)の特許を取得した。

バテッドハンドル (butted handlebar)

  軽量化のために、応力の大きくない部分の肉厚を薄くしているハンドル。肉厚はハンドル管の内部で変えているので、外観からは分からない。
応力の大きい中央部では肉厚を大きくし、それ以外は肉厚を薄くしている。 例えば、割り箸の左右の端を持って曲げると、応力の大きい中央部で折れる。平ハンドルまたはドロップハンドルなどの種類にかかわらず、バテッドハンドルはある。
厚みが2種類あるものはダブルバテッド(主に平ハンドル)そして厚みが3種類あるものはトリプルバテッド(主にドロップハンドル)と呼ばれることがある。
  バテッドドロップハンドルの肉厚の一例を右図に示す。中央部は1.5mm厚、水平部は1.3mm厚そしてドロップ部は、1.2mm厚となっている。

アウターエンドキャップ (housing end cap)

  アウターの端部に付けるキャップ。アウターキャップと同じ。

BMXハブ (BMX hub)

  BMXバイクに使うハブスポーク穴数は、36穴または48穴。 後輪ハブにはフリーホイールおよび1個のスプロケットが付く。
スプロケット歯数は、9T~18T。ハブ軸は外径14mmのクロムモリブデン(CrMo)鋼製の中空軸が一般的。
OLDは前輪ハブは100mmそして後輪ハブは110mm。
  メーカーは、BombshellDemolition PartsFireeye BikesGusset BikesHaloSun ringle 、など。

ピンペダル (flat pedal、platform pedal)

  グリップピンの付いた平ペダルまたはプラットフォームペダルを表す和製英語。英語にはピンペダルという用語はない。

チェーングリップ (chaingrip)

  輪行またはチェーン洗浄などのとき、後輪を外したつめに取付けて、 チェーンを張りかつ後ディレイラーを適切な位置とするためのチェーンプーリ(右図の赤色部品)の付いたクイックリリース軸。
  輪行時には、チェーンがフレームに当たることを防ぐことができる。
  ロードバイク用(つめ間隔=130mm)およびマウンテンバイク用(つめ間隔=135mm)がある。
  メーカーは、BBB Bike Parts 、など。

ディスクブレーキパッド (disc brake pad)

  ディスクパッドと同じ。

シャフト駆動自転車 (shaft drive bicycle)

概要
  チェーン及びスプロケットを使わず、シャフト駆動後輪ハブを駆動する自転車。
歴史
  1890年代に出現したが、内装変速機が普及するまでは普及しなかった。
車種
  シティ車クロスバイクおよび折りたたみ自転車などがある。
構造
  クランク軸と伝動軸および伝動軸と後輪ハブ軸は直角となるので、 直角に伝動できるかさ歯車を伝動軸の前後に使う。
変速
  3段、7段または8段などの内装変速機(ハブギア)が使われる。チェーンがないので外装変速機(ディレイラー)は使えない。
利点
  (1) 密閉構造が容易なこと。
  (2) 動力伝達効率がチェーンよりは良いこと、ただし、変速機まで含めた効率は大差ない。
  (3) 動きが連続していること(チェーンは多角形運動のためいくらかの速度変動がある)。
  (4) 保守に手間がかからないこと。
  (5) ズボン及び長スカートの裾がチェーンの潤滑油で汚れないこと。
欠点
  質量が大きくなること。
リコール
  Dynacraft BSC社は2004~2007年に販売したTriax PK7及びVertical PK7モデル約32,000台のアルミ合金フレームが破損する可能性があるとしてリコールした。
メーカー
  BeixoBiriaDynamic BicyclesDynacraft BSCFullnessUrban Bike ConceptsZero Cycles 、など。
 参考資料  「シャフト駆動

シャフトドライブ自転車 (shaft drive bicycle)

  シャフト駆動自転車のこと。

スカートガード (skirt guard)

  後輪
泥よけの下の左右に付けて、スカート、ドレス及びコートのすそ(裾)が後輪に巻き込まれるのを防止するための覆い。 ドレスガードとも言う。薄板で作った形およびワイヤーを網状にした形などがある。
主に、女性の乗るシティ車などに使われる。チェーンケースもあわせ必要。
  メーカーは、HeslingSunny Wheel(Flinger) 、など。

全輪駆動自転車 (all wheel drive bicycle)

  全輪を駆動する自転車。2輪自転車の場合は、2輪駆動自転車と同じ。

かさ歯車 (bevel gear)

  90°離れた交差する軸に伝動するための円錐形(傘形)の歯車。円錐形の形状を変えることにより、任意の角度離れた交差する軸に伝動することもできる。 歯の形状がらせん状になったまがり歯かさ歯車は、より円滑な伝動ができるので、シャフト駆動の自転車および2輪駆動の自転車に使われる。
  右に2輪駆動自転車の前輪駆動に使われているまがり歯かさ歯車を示す。合計3箇所のかさ歯車で後輪から前輪を駆動している。

2WD (two wheel drive)

  2輪駆動。後輪および前輪を駆動する。2輪駆動の自転車は、2輪駆動自転車と呼ばれる。

単速車 (single speed bicycle/bike)

概要
  変速機がなく1速のみ(単速、シングルスビード)の自転車。フリーホイールおよびブレーキは付いている。
フリーホイールの付いていない単速車は、固定スプロケット自転車と呼ばれる。
種類
  ロードバイクシティ車BMXバイククルーザーおよびトラックレーサーなどなどがある。
ロードバイクを指すことが多いがマウンテンバイクもある。
特徴
  単速車には次の特徴がある。 ハンドル
  ドロップハンドルが多いが、平ハンドル及びブルホーンハンドルなどがある。
タイヤ
  700x23C~32Cまたは26x1.5~2.0。
駆動
  チェーン駆動が一般的であるが、ベルト駆動もある。
スプロケット歯数
  クランクスプロケット歯数は、42、44、46、48又は52T。後輪スプロケット歯数は、12、13、14、15、16、17又は18T。
ギア比
  常用走行速度と常用ケイデンスよりギア比を決めることができる。  「ギア比 計算器(B)
  ペダル1回転で進む距離(ロールアウト)を目安にしてギア比を決めることもできる。
フリップフロップ
  左右にスプロケットの付いたフリップフロップハブがある。
メーカー
  Apollo BicyclesChappelli CyclesCharge BikesCo-Motion CyclesCondor CyclesCooper BikesCoticEndorfinFelt RacingFoffa Bikes
Independent FabricationMasi BicyclesMi:TechQuella BicycleRidgeback BikesSalsa CyclesSchindelhauer BikesSpotSwobo BicycleTorker BicyclesTraitor CyclesVan Dessel SportsWabi CyclesWyatt Bicycle 、 など。

バスケット (basket)

  自転車の前または/および後に付けて、運搬物または買物した荷物などを入れるかごのこと。

正つめ (rear facing dropout)

  後輪ハブ軸が付くつめの切り込みが水平または水平に近い形でつめの開口が後方に向いている形。 車軸を前後に動かしてチェーンの張りを調節できる。
ディレイラーの付いていない自転車に必要。ディレイラーハンガーは付いていない。 一般に、チェーン引きが付く。シティ車内装変速機付き及び単速の自転車に使われる。トラックエンドも正つめの一種。 後輪を外すためには、ナットを緩めて車軸を前方に押すことによってチェーンの弛みを作り、後輪スプロケットからチェーンを外す。

ロードエンド (forward facing dropout、semi horizontal dropout)

  つめの開口部が前方を向いている逆つめを表す和製英語。

MTBホイール (MTB wheel)

  マウンテンバイク(MTB)に使うホイール
リムブレーキ用及びディスクブレーキ用がある。
前輪用及び後輪用がある。
サイズは24型、26型または29型。26型が多い。
スポーク数は、28、32、36又は48本。
リムはMTBリムそしてタイヤはMTBタイヤを使う。
  メーカーは、シマノAffixAmerican ClassicBontrager Wheelworks & ComponentsCrankbrothersDa BombDMR BikesDT Swiss
Easton SportsFulcrum WheelsFunnHaloHope TechnologyIndustry NineLeaf CyclesLoaded PrecisionMadduxNuke Proof
Spank BikeStella AzzurraSun ringléSyncrosVueltaWTB 、など。

AWD (All Wheel Drive)

  全輪駆動。二輪車の場合は、両輪駆動および2輪駆動と同じ。オフロードの走行に向いているので、マウンテンバイクに使われる。

ダートジャンプ (dirt jumping)

  土で作った、前後に放物面状の急な坂のある土台をBMXバイクで勢いよく登り、ジャンプして空中高く飛び上がること。
次の台座の降りの坂に着地する。
土台の高さは約1.2m。土台間の間隔は1.5~3m、平均は約1.8m。初心者用は間隔が短く、上級者用は間隔が長い。
着地部の傾斜はジャンプ部の傾斜よりも緩やかとなっている。着地部の傾斜幅はジャンプ部の幅よりも広くなっている。
長間隔を飛ぶには速い速度を必要とする。バイシクルモトクロス競技から派生した遊び。

HT (hard tail)

  マウンテンバイクにおいて、サスペンションフォークすなわち前輪のみに付いている形。

BMXホイール (BMX wheel)

  BMXバイクに使うホイール。サイズは20型で幅は36mmなど。スポーク数は36本または48本。 複合材ホイールもある。ハブはBMXハブが使われる。後輪ハブフリーホイールおよび1個のスプロケットが付いた単速
  メーカーは、BombshellDemolition PartsGusset BikesHaloPremium BMXProper BikeSkyway Machine 、など。

TTブレーキレバー (TT brake lever)

  TT(タイムトライアル)バイクに使うブレーキレバーエアロブレーキレバーと同じ。

エアロブレーキレバー (aero brake lever)

  タイムトライアルバイクおよび
トライアスロンバイクに使うエアロバー(ベースバー)用のブレーキレバー空気抵抗が少なくなるように配慮している。レバーはベースバーの先端に差込むので、その管径に適合すること。 ブレーキロープはベースバーの管の中を通す。 材質は軽量化のために炭素繊維強化樹脂(CFRP)が多いがアルミ合金もある。
左右一組の質量は、75~150g。   稀に、エアロブレーキレバーという呼び名は、ドロップハンドル用のレバーを指すことがある。
  メーカーは、シマノBontragerFull Speed AheadProfile DesignTektro TechnologyZipp Speed Weaponry 、など。

スラローム (slalom、bicycle slalom、cycle slalom)

  上部に旗をつけた一連のポールを立てたジグザグコースを走る競技。英語はスラロムと発音する。デュアルスラロームが一般的。

オールマウンテン (all mountain、all mountain mountain bike)

  丘登りを含めて、ほとんどどのような山(オールマウンテン)の道でも走れるようにしたマウンテンバイク。前輪および後輪にサスペンションの付いたフルサスペンションとなっている。 サスペンションのトラベルは、100~160mmが多い。快適さ及び制御性の均衡を取っている。
オールマウンテン マウンテンバイク又はトレイルバイクとも呼ばれる。

マウンテンバイクフレーム (mountain bike frame)

概要
  マウンテンバイクに使う/又は使われているフレーム
種類
  マウンテンバイクの種類に応じハードテールフレームおよびサスペンションフレームがある。
サスペンショントラベルは、120~200mm。サイズで分類すると、26型および29型(29er)がある。
フレーム材質
  アルミ合金、クロムモリブデン鋼、炭素繊維強化樹脂(CFRP、俗にいうカーボン)又はチタン合金など。
アルミ合金製は陽極酸化によって、銀色または黒色などに着色しているものがある。
メーカー
  Alutech Bikes and PartsArrow RacingAstrix SportsChromag BikesChumba RacingCommencal BicyclesCorsair BikesDunCon BikesDark CyclesElement TechnicEvil BikeFatback BikesIbis CyclesJinn Yeh IndustrialK9 IndustriesKnolly BikesLenz SportLitevilleMisfit PsyclesNicolaiNukeproofOriginal Bike EngineeringPace CyclesPipedream CyclesPronghorn RacingPZracingRagleySiren BicyclesSpank BikeSupercross BMXSyntaceTurner Suspension BicyclesVassago Bicycle CompanyVentana Mountain BikesWillits BikesXi'an Changda Titanium Products 、 など。

フランジ間距離 (flange spacing、hub flange spacing)

  ハブフランジ の左右のフランジの厚みの中心間の距離。ハブフランジ間隔とも言う。
フランジ間距離が長いと、車輪の強度は大きくなる。
フランジ間距離はスポーク長に影響する。

MTBフレーム (MTB frame)

  マウンテンバイクフレームと同じ。

バトンホイール (baton wheel)

  3~5本のCFRP(炭素繊維強化樹脂、俗にいうカーボン)でできたスポークが付いたホイールリム及びスポークは中空で、空気抵抗が小さくなる断面形状となっている。 ディスクホイールとほぼ同等の空気抵抗であるが、横風の影響を受けにくい。タイムトライアルバイクなどの前輪として使われる。 バトンは棒のことでスポークを意味している。スポークが3本のものは3スポークホイール、4本のものは4スポークホイールそして5本のものは5スポークホイールと呼ばれることもある。
乗り心地は良くないので、中長距離走行には向かない。
  メーカーは、AerospokeCeepoCorimaGravity-zeroHed cycling ProductsMatrix CyclesPRORydeSkyway MachineStarley Bikes 、など。

円盤ホイール (disc/disk wheel)

  ディスクホイールと同じ。

Sベンド (S bend、S bend extension)

  エアロバーにおいて、前に出た2本のイクステンション(突出し)をS字形に曲げた形またはそのエアロバー。 材質は炭素繊維強化樹脂(CFRP、俗に言うカーボン)又はアルミ合金など。アームストロングが小さな丘で最初に使ったといわれる。
  メーカーは、Hed Cycling Products 、など。

トレイルバイク (trail bike、trail mountain bike)

  オールマウンテンと同じ。トレイルマウンテンバイクともいう。

チェーン引き (chain tug)

  ディレイラーの付いていない単速の自転車の両側の後つめに付けて、チェーンたるみを調整する部品。 つめの構造、厚さ、幅および軸径に合うものを選ぶ。チェーン引きの構成要素は、後輪軸の入るボス、ボスを引くねじおよびナットまたはボルト並びにねじをつめ先端に固定する止めである。
  シティ車BMXバイクおよびトラックレーサーなどの単速車に使われる。チェーンテンショナーということもあるが、これは別の部品。
  メーカーは、三ヶ島製作所Fireeye BikesRedline Bicycles 、など。

電動補助自転車 (electric power assisted bicycle、electric assisted bicycle、electrically assisted bicycle)

  蓄電池(バッテリー)で自転車駆動用の電動機を回して、ペダルを漕ぐ人力を補助する自転車。電動アシスト自転車とも言う。
日本では、電動機出力は250W以下そして速度は24km/h以下でなければならない。
2011年の欧州における販売台数は、ドイツ31万台、オランダ18万台、オーストリア3.5万台、デンマーク3万台そして英国2万台。2011年の日本の販売台数は40万台。
自転車の販売台数と比べると少ない。日本で最初の電動補助自転車が作られたのは1979年。
   参考資料  「電動補助自転車

下げ振り (plumb)

  たこ糸の端に真ちゅう製などの逆円錐形の重りを吊るした道具で、垂直かどうかを調べるために使う。
サドルの前後位置は、下げ振りをひざの皿(膝蓋骨)の下あたりから吊り下げて、ひざの関節の下にペダルの中心が来る位置とする。

自転車合わせ (bicycle fit、cycle fit、bike fit)

概要
自転車と身体は、ペダル、サドル及びハンドルの3点で接している。
これらの位置により乗車姿勢が変る。
  乗車目的および自転車の種類に合わせて、快適に、動力効率が良くまたは高速で走れるよう、
自転車の各部の寸法などを乗る人の身体に合わせること。
装置
  自転車合わせに使う装置はハンドル及びサドルの高さ、位置及び角度などが変えられるようになっている。
位置目盛りの付いた形もある。
ペダルを基準にして、これらの位置及びケイデンスを変えて動力がどう変るかを調べて、自分に適した位置を決める装置がある。
ユーザー
  注文自転車メーカー、自転車店及び訓練施設など向けに作っている。
測定
  動力及びケイデンスが測定できる形がある。
交換部品
  交換部品として各種のハンドル、サドル及び長さの異なるクランクを用意しているものがある。
メーカー
  Apex Bike Performancebikefitting.comGuru CyclesNEXT-fitRetulVeritas Fit SystemsWaterford Precision Cycles 、など。
   参考資料  「自転車合わせ

水準器 (level)

  面の水平を調べる器具。大きな半径の円弧に曲げてた円形などの断面のガラス製容器に、アルコールなどの液および一つの気泡を入れて密封している。 水平面上では気泡は中央(円弧の頂点)に来て静止する。サドルの水平設定に使う。

ティアグラ (Tiagra)

  シマノのロードバイク用の部品郡(グループ)のうち上位より4番目の部品郡に対する商標。 なお、最上位の部品郡の名称はデュラエース

幼児2人乗せ自転車 (2 child seats bicycle)

  幼児席があって、2人までの幼児を乗せることのできる自転車。幼児2人同乗自転車とも言う。
幼児はペダルを漕がないので、3人乗り自転車と呼ぶのは適切でない。三人乗り自転車は、3人で自転車を漕ぐ。
  幼児2人乗せ自転車の望ましい条件は、 1)2輪車であること、 2)車輪が小さくないこと、 3)幼児席を外すとシティ車となること、 4)ハンドル操作によって、幼児席が動かないこと、5)足が車輪と接触しないこと、6)スタンドは安定していること、7)自転車全体は軽いこと、など。 幼児席には背もたれ、足載せ及び安全ベルトが付いている。幼児の年齢は1~5才。1才未満の幼児は乗せないこと。幼児は子供ヘルメットを着用することが望ましい。 兵庫県川西市及び奈良県生駒市などは、貸し出しを行っている。電動補助の幼児2人乗せ自転車もある。
  メーカーは、ホダカ武田自転車ブリヂストンサイクル丸石サイクルランドウォーカー 、など。

トライアスロンシューズ (triathlon shoe)

  トライアスロン用の
シューズはシューの複数形。
男性用及び女性用がある。
基本的には、ロードバイク用と同じであるが靴の着脱を速やかに行う必要などがあるので、次のような特殊仕様を付け加えた靴がある。
  (1) 靴下を履かなくてよいような靴の内面加工をしたもの。
  (2) 靴が早く履けるように、かかと環(ヒールループ)を付けたもの。
  (3) 水泳後の足の乾燥のために、メッシュの通気口を設けたもの。
  (4) ロードバイク用のストラップは靴全体を締めるために3帯が多いが、ストラップを幅広の1帯として時間短縮を図ったもの。
  メーカーは、シマノBontragerGaerneLouis GarneauSidi 、など。

材料 (material)

  部品などを作るとき、そのもとにするもの。自転車の部品には各種の材料が使われる。
フレームの材料の変遷を見ると、合金鋼、アルミ合金、チタン合金および炭素繊維強化樹脂(CFRP)の流行があった。

バルーンタイヤ (balloon tire、balloon tyre)

  サイズが26x2.125(26型で幅が54mm)の幅広タイヤ
空気圧は低い。
Schwinn社が名づけて1933年に一般の自転車に採用したのが始まり。
現在はクルーザーなどに使われている。
バルーンタイヤを付けた自転車は、バルーンタイヤ自転車と呼ばれることがある。

リアランプ (rear lamp)

  尾灯のこと。

BMXペダル (BMX pedal)

概要
  BMXバイクに使う、グリップピンの付いた平ペダル(フラットペダル)。
ピンによって靴底がペダルとの間で滑らないようにする。
サイズ
  90x100mm、95x90mmなど。
ピン
  片面のピンの数は8、10、12または14本。10本が多い。ピンは交換できる形および交換できない形がある。 取外し交換ができるピンは、雄ねじが切られており、
頭には六角レンチでねじ込むための六角穴が付いている。ペダル下面からねじ込む形もある。ピン配置はメーカーによって異なる。
材質
  ペダル本体材質はアルミ合金及びマグネシウム合金など。軸材質はクロモリ鋼など。陽極酸化により着色している。
メーカー
  Answer ProductsBlackspire DesignsBurgtecDartmoorDemolition PartsFireeye BikesFunnGiant BicycleGusset BikesNookie BikesNuke ProofOctane OneOriginal Bike EngineeringPoint One RacingStraitline ComponentsSyncrosThe Shadow ConspiracyTransition BicycleVP Components 、など。

沈み率 (sag ratio)

  サスペンションフォークなどのサスペンションにおいて、ストロークに対する沈みの割合。式で表すと、
沈み率 = 100 x 沈み/ストローク
沈み率は20~30%が一般的。クロスカントリーはエネルギー損失を少なくする必要があり、地面の凹凸も小さいので、沈み率は小さくする。 フリーライドおよび丘下りなどの地面の凹凸の大きい用途には、沈み率を大きくする。 沈みによって、地面のへこみのあるところへタイヤが来たときに、フォークが伸びてタイヤが地面と接触を保つようにする。

フリーライドシューズ (freeride shoe)

  フリーライド靴。マウンテンバイクフリーライド平ペダル用の靴。
  メーカーは、シマノDeckers OutdoorFiveTen 、など。

ギアインチ (gear inch、gear inches)

  前輪ハブ軸クランクペダルを仮に直接付けたとした場合の、前輪の相当直径をインチで表したもの。車輪外径が異なっても、車輪相当直径(ギアインチ)が同じなら、同じ走り方になるであろうとの考えが基になっている。 チェーン駆動になる前の自転車(ハイホイーラー)は、前輪軸にクランクが付いていたが、その時の車輪外径に換算することとなる。式で表すと:
ギアインチ = 車輪外径 x ギア比    又は    ギアインチ = 車輪外径 x (クランクスプロケット歯数/後輪スプロケット歯数)
  ギアインチを3.14倍すると、クランク1回転で進む距離(インチ)となる。車輪外径が異なる自転車がペダル1回転で進む距離の比較などに、主に米国で使われる。
  距離にインチを使わずメートルを使う、日本や欧州にギアメートルがあるかと言えば、そのようなものは無く、代わりに転がりが使われる。
これはペダル1回転で進む距離そのもので、ギアインチよりも分かりやすい。

肩角度 (shoulder angle)

  乗車姿勢において横から見たとき、胴と上腕が作る角度。
肩角及びショルダーアングルともいう。
シティ車およびクロスバイクなどの楽な乗車姿勢では、肩角度は20°~30°となる。
ロードバイクの競技姿勢では肩角度は80°~100°となる。
肩角度が90°を超えると、首、背中または肩に痛みを生じることがある。
肩角度は角度計で測ることができる。

サグ率 (sag ratio)

  沈み率と同じ。