自転車用語 (続き41)自転車探険!

サイレントクラッチ (silent clutch)

  ローラークラッチに対するシマノの名称。

インターナルケーブルルーティング (internal cable routing)

概要
  内部ケーブル通しのこと。
美観のために、フレームの中に変速アウター及びケーブル並びにブレーキアウター及びケーブルを通すこと。 フォークにディスクブレーキアウター及びケーブルを通すこと。右図はフレーム及びフォークのアウターの入口及び出口位置の例。
問題点
  フレームの外をロープ(ケーブル)を通すのに比べて、アウターの質量が大きくなりかつロープ(ケーブル)摩擦が大きくなる。
ロープ又はアウターの交換などの整備もやりにくい。
アウター交換方法
  ロープはフレームに残したままアウターだけを引き抜く。 残したロープに新しいアウターを通す。
ロープも交換する場合は、古いロープを抜き新しいロープを通す。
ロープを引き出すときにフックを使うことがある。

バイシクルケース (bicycle case、bicycle travel case)

  自転車ケースのこと。

側壁厚さ (side wall thickness、sidewall thickness)

概要
  タイヤまたはリムの側壁の厚さ。
タイヤ
  スキン壁のタイヤは、側壁厚さが薄い。
リム
  リムブレーキの付いたアルミ合金リムは、ブレーキ掛けによってリム側壁が磨耗して、側壁厚さは薄くなる。
リム側壁が薄くなると、タイヤの空気圧によってリム破裂を起こすこともある。
測定法
  リム側壁厚さを測定するには、例えば長さ10~20mmのスポークの切片または銅くぎの頭を落とした小片などの厚さ寸法の分かったものをゲージとして使い、ノギスで測定する。 右図のようにゲージ(緑色)を側壁の内側および外側にあて、ノギスで N 寸法を測定する。側壁厚さ t は、次式で計算できる。
  t = N - 2 x g   ここに、g はゲージ厚さ。 例えば、ゲージ厚さ2mmそして測定値が4.9mmなら、側壁厚さ = 4.9 - 2 x 2 = 0.9mm 。

MHR (maximum heart rate)

  最大心拍数

マルチ工具 (multi tool、multi function tool)

概要
  多用途工具。携帯に便利なように、複数の工具を一体にしたもの。工具セット及びマルチツールとも呼ばれる。
マルチ工具を入れる小袋(ポーチ)又はプラスチックケースが付属したものもある。
工具の数を頭に付けて、例えば15種類の工具で構成されていれば、15マルチ工具と呼ぶこともある。
工具一式を集めたものは、工具キット と呼ばれる。
用途
  ロードバイク用とマウンテンバイク用に用途を分けて、2種類を出しているメーカーもある。
工具
  ねじ回し、十字ねじ回し六角レンチニップル回しトルクスレンチめがねレンチプライヤータイヤレバー、ナイフ、
チェーン切りなどを組み合わせている。 工具ではないびんの栓抜き及びコルク抜きを付けた形がある。
構造
  (1) 2個のサイドバー(アルミ合金製など)及びその両端のボルトによって工具を挟んだ形が多い。
        サイドバーは、ねじ回しなどでトルクを加えるときの握りともなる。
  (2) 軽量化のために、六角レンチを中空にした形もある。
  (3) 工具を内蔵したバーエンドがある。
  (4) ハンドル端に差し込む工具ケースがある(下段左端図)。
  (5) スキュアーに取り付ける形がある。
  (6) マウンテンバイク用がある。
  (7) リングの外周に六角レンチなどを付けた形がある。
  (8) リングが付いており、キーホルダーとしても使える形がある。

















































質量
  100g前後。
メーカー
  京都機械工具箕浦Acumen(Vetta)AvenirAxiom GearBBB Bike PartsBirzmanBontragerb'TwinCrankbrothersExustar EnterpriseFix It SticksFull WindsorGiant BicycleHostettler(ixs)LezyneLifu BicycleMaxgearMeridaOxford ProductsPark ToolPedro'sPocketToolXProRavxSerfas
SKS-GermanySoma FabricationsSpecialized Bicycle ComponentsSyncrosTacx BVToken ProductsTopeakWeldtite ProductsWheels Manufacturing
Wilhelm HumpertZaw Tien Precision Ind.(Airbone) 、など。
   参考資料  「マルチ工具

HIIT (High Intensity Interval Training)

  インターバル訓練の特別版。訓練および休息を繰り返すが、それぞれの時間が短い。

サングラス (sunglasses)

概要
  直接に目に入る日光を避けるため、 かつUV(紫外線)を遮断するめがね。色眼鏡ともいう。
フレーム
  レンズ全体を覆ったフルフレーム、レンズの上方のみを覆ったハーフフレーム及びフレームがなくイヤーピースが直接レンズに付いているノーフレーム(フレームレス)がある。 フレームは硬いもの及び柔らかいものがある。
アジア人用及びヨーロッパ人用を作っているメーカーもある。アジア人用は鼻の前の部分(鼻ブリッジ)の幅が狭い。女性用の形もある。
鼻パッド
  鼻で支持するための鼻パッド(ノーズパッド)が付いている形が多い。
鼻の大きさに合わせて、パッド間隔を調節できる形がある。
フレーム材質
  ナイロン及びカーボネイトなど。
レンズ材質
  ポリカーボネート(ポリカーボネイト)など。偏光レンズとなっているものは、反射光を遮断する。
レンズ色
  レンズの色はいろいろある。用途及び季節に応じて透明を含め3~4種類の色のレンズの交換ができるものもある(上のイメージ図)。
レンズ色が濃いサングラスをかけると、人相が悪くなる。色が濃いと瞳孔が開き、より多くの紫外線が入るという説がある。フォトクロミックレンズもある。
レンズ形状
  (1) 横からも光が入らないよう湾曲させてレンズが横まで伸びているものが多い。この湾曲は斜め前方に見える物が変形しないようにする効果もある。
  (2) 左右のレンズの上部角に換気口(ベント)を設けた形がある。少量の空気がレンズの背面に流れ込み、霧などによるレンズの曇りを防止することを意図している。
  (3) サイクルコンピューターなどが鮮明に見られるように、レンズ下部に拡大域(拡大レンズ)を設けた形がある。
可視光線透過率
  レンズの可視光線透過率(VLT)は、15~25%のものが多い。
サイクリングめがね
  オフロードを走る場合などは、サイクリング用のめがねをかけることがある。
そして、低木の枝、他人や自分の自転車が跳ねた小石や泥および昆虫から目を保護する。
 (3) 蛍光性とし、後部にLEDランプを付けた形がある。
  18~46g。構造、形状、厚さ及び材質などで変わる。
衝撃試験
  レンズの上に鋼球を落下させて、衝撃試験を行っているメーカー(Oakley)がある。右図の2本の赤矢印は鋼球の落下跡を示している。
メーカー
  オージーケーカブトシマノフォーナインズ山本光学720armourAdidasAspexBBB Bike PartsBloc SystemsBollé EyewearBrikoCarnac SportCarreraCébéCratoni helmetsDragon AllianceDual EyewearElectric VisualEnduraFox HeadFreelap AustraliaGiroLimar
Manby International SportswearMa.Ro Group(SH+)NorthwaveOakleyPolaris ApparelPorsche DesignPro-LiteRudy ProjectRyders EyewearSaliceSerfasScott SportsSmith OpticsSpiukSpy OpticSundog EyewearTifosi OpticsTrans-Global Sports(Sunwise)Uvex SportsVelorbis 、など。

BRM (Brevets de Randonneurs Mondiaux)

  RMが認定した競技ではない長距離耐久サイクリング大会。

ストーブ (stove、camp stove)

概要
  こんろ。キャンプのとき、テントの外で使う炊事用の小形の燃焼器。
構成
  足、なべ支持腕、ガスを空気と混合して燃焼させるバーナーおよび燃料容器で構成されている。
燃料容器が足を兼ねている型もある。
分解または折りたたんで、なべの中に収められるようにした形もある。
燃料
  プロパン(容器は重い)、ブタン(高価であるが容器は軽い)、ブタン・プロパン・イソブタンの混合燃料(以上はいずれも液化ガス)およびアルコール(発熱量当たりでは高価)など。 複数の種類の燃料を燃やせる形が多いが割高となっている。中には、木材を燃やす形もある。
質量
  液化ガス燃料込みでのストーブの質量は、60~600g。
メーカー
  モンベルBrassliteBruntonCascade DesignsColemaniENERGYJetboilMountain Safety Research(MSR)Snow PeakTrangia ABVaude Sport 、など。

こんろ (stove)

  焜炉。持ち運びのできる炊事用の小さい炉。ストーブとも呼ばれる。

SPDブーツ (SPD boot)

  SPDクリートを付けることのできるブーツ。ブーツは、くるぶし(踝)もおおう靴。言わば長靴のこと。
冬用の防寒靴として使われる他、丘下り(ダウンヒル)において各種の障害物から足を保護する靴としても使われる。
ブーツはブートの複数形(2足以上)であるが、日本では1足でもブーツと呼ばれている。


キャンプ旅行 (camping trip/tour)

  キャンプをして自転車旅行をすること。

ヘルメットライト (helmet light)

概要
  ヘルメットに装着する前照灯。視認されるために、後及び横へも光を出すものもある。ヘルメットの後に付ける尾灯もある。














特徴
  自転車に付ける前照灯よりも、取付け位置は高くなる。顔を向けた方向を照らす。
仕様
  ランプはLEDが主流となっている。フラッシング(点滅)機能の付いたものもある。位置を上下に調節できる形もある。
後ろから来る自動車に存在を知らせるために照明ではない赤色のLEDランプ2個をベルクロで後方に取り付ける形がある。
前照灯及び尾灯を、それぞれ3個のLEDランプで構成している形がある。ヘルメットの頂部に取付ける。
取付
  通気孔を使って定する形が多い。ヘルメットに前照灯用の台(マウント)を取付け、自転車の前照灯をヘルメットライトとして使う形もある。
用途
  見る方向に光が行くので、オフロードでの使用に向いている。自転車の前照灯(ヘッドライト)と併用することもある。
通勤又は旅行の途中で夜間に修理するときに使われることもある。
電源
  蓄電池又は乾電池は内臓しているもの及び電池パックと配線でつなぐものがある。
電池パックはヘルメットに付けるもの及び自転車または身体に付けるものがある。USBプラグで充電するものもある。
明るさ
  200~2600 lm(ルーメン)。明るさを高、中及び低と切り替えできる形がある。10個のライトを並べて6000 lmとした形がある。
質量
  ランプの質量は55~90gそしてバッテリーを含むシステムの質量は130~500g。軽いことが望ましい。
メーカー
  CygoLiteDStar LEDDiNotte LightingFenix TorchGemini LightsGloworm Performance ProductsIlluminated CyclingJet LitesLight & MotionLupineNiteRiderPrinceton TecTwowheelcoolTrail LedTroutelightsUlitmate Sports EngineeringUvex Sports 、など。

ハウジングキャップ (housing cap)

  アウターキャップと同じ。

圧こん (brinnelling)

  玉軸受において、玉(ボール)に与えられた静的な力または振動力によるレース(軸受の内輪および外輪)のへこみ。
ヘッドセットの玉軸受は一回転せず、左右に少し回すだけなので圧こんを生じやすいが、ごく稀にしか起こらない。 特に、潤滑不良かつ与圧が大きすぎ、直線走行でハンドルの動きがないと長時間かけて進行することがある。逆に言えば、グリース潤滑および与圧が適切であれば、圧こんを生じることはない。圧こんが生じると、ハンドルは円滑には動かなくなる。 圧こんは軸受一般の用語であるので、自転車の軸受にも使われる。

ルーメン (lumen)

  光源の光束(光の明るさ)の単位。1ルーメン[lm]は1カンデラ[cd]の点光源から立体角1ステラジアン[st]内に放射される光束。
1ステラジアン[st]は、球の中心から出た円錐が球面の面積r2を切るとる円錐の頂角(右図)。
1[lm]=1[cd]x[st]。1[cd]=1[lm/st]。1ルーメン[lm]=1ルクス[lx]m2
  明るさ[lm]を消費電力[W]で割った値[lm/W](1ワット当たりのルーメン)は発光効率と呼ばれ、この値が大きいほど同じ明るさが少ない電力で得られる。
   参考資料  「 明るさ換算器

シールド軸受 (shielded bearing)

  シールド付き軸受。シールドは金属板を加工した環状の保護部品。
シールの付いた軸受はシール軸受と呼ばれる。

ブリネリング (brinnelling)

  圧痕(圧こん)とも呼ばれる。

リム磨耗指示器 (rim wear indicator)

概要
   大げさな名称であるが、ブレーキパッドが当たるリム側壁に設けた規定するリム磨耗量に対応する深さの小さなへこみ又は溝。
リムが規定値まで磨耗すると、リムは新品と交換する。 危険なリム破裂の予防のために考えられたもの。外部指示器および内部指示器がある。
外部指示器
  リムの磨耗によってリム外面に設けたへこみ又は溝は相対的に浅くなり、さらに磨耗が進むと溝が消える。 へこみ又は溝の形状、深さ(側壁厚さに応じて、例えば0.5~0.7mm)、長さ、数および向きなどはメーカーによって異なる。向きは半径方向および円周方向などがある。 1社が特許を取り、他社がその特許を回避した方式の特許を取ることで、各種の方式が生まれた。
内部指示器
  リム内壁に貫通していない小さな穴またはへこみを設けたもの。リムが磨耗するとリム壁に小さな穴が開く。

後写鏡 (rear view mirror、rear vision mirror、cycle mirror)

  バックミラーを表す道路運送車両法の用語。後方の交通状況などを見るための鏡。

子供自転車 (children's bike、kid's bike )








概要
  子供の体形に合わせて作った自転車。キッズバイクとも言う。
車種
  シティ車クロスバイクロードバイク及びマウンテンバイクなどを小型化している。
クランク長は大人用自転車よりも短い140mmなど。変速機が付いている形が多い。
車輪サイズ
  一例は、幼児用は12型、5~7歳は16型、8~10歳は20型そして11歳~は24型。
ブレーキ
  リムブレーキ及びディスクブレーキなどがある。
長さ調節
  サドル高さ及びハンドル高さは調節できる。 コクピット長も調節できるようにした形がある。
身長
  身長(具体的には股下寸法)に対応した大きさの自転車を用意しているメーカーがある。
ヘルメット
  子供ヘルメットがある。
幼児自転車
  女の子用および男の子用を作っているメーカーがある。
補助輪(スタビライザー)を付けた形がある。
ペダルのない幼児用自転車として、バランスバイクがある。
メーカー
  ウエルビーサイクル工業パナソニック サイクルテックブリヂストンサイクルホダカアサヒサイクルBtwinBumper BikesCommencalCulprit Bicycles
Dorel Industries(Schwinn)Early RiderFrog BikesGazelleGT BicycleHaibikeIslabikesMontone CyclingNorco Performance BikesOrbeaRaleigh
Royal Dutch GazelleScott SportsSpecialized Bicycle ComponentsTiger CyclesVelorbis 、など。

ストレートブレードフォーク (straight blade fork)

  ブレードが真っすぐなフォークストレートフォークとも呼ばれる。

キャンプ (camp、cycle/bicycle/bike camp/camping)

  野宿。
野山、海岸、河川敷またはキャンプ場(多くは有料)などに
テントを張って野営すること。
テントなどはパニアまたはトレーラーなどに入れて運ぶ。
炊事にストーブを使うことがある。
   参考資料  「自転車旅行 携帯用品



ウオーターボトル (water bottle)

  水筒のこと。主に、英国の用語。

バイトバルブ (bite valve)

概要
  ハイドレーションパックの水袋から出ているホースの先に付いていて、噛むと口が開いて水の出るバルブ(弁)。 バルブは流体の流れを制御する部品。バイトは噛むという意味。
チューブ
  ホース(チューブ)口径は1/4インチ(6.35mm)など。
メーカー
  Cascade DesignsCenoteHydrapakJetflow 、など。

水筒 (water bottle)

  飲料水などを入れて ボトルケージ などで携帯する主に筒形の容器。ウオーターボトル又は ボトルとも呼ばれる。 容量は400~800ml。

ゴーグル (goggle)

概要
  めがねフレームの周囲に覆いのあるめがね。帯で頭部に固定する。
ダウンヒルなどのオフロードの走行において、木の枝、昆虫および前方走行車のはねた石などから目を保護する。 フルフェースヘルメットと共に着用するのが一般的。冬の防寒のために着用することもある。
特殊仕様
  (1) 換気のための空気孔が開いているものもある。
  (2) UV保護のレンズもある。
  (3) 前と後の二重にレンズの付いた形(デュアルレンズ)もある。
  (4) ストラップの背面にシリコンを付けて、ヘルメットに対して滑らないようにしたものもある。
  (5) ゴーグルの上に取り付けるビデオカメラがある(左端図)。
  (6) いわゆるゴーグルとは異なる、めがね状の形がある(下図)。
  (7) レンズを簡単に交換できるようにした形がある。
材質
  レンズ材質はポリカーボネイトなど。
水泳ゴーグル
  トライアスロンの水泳に使う、水泳ゴーグルもある。
メーカー
  山本光学AdidasBloc SystemsBlur OpticsCratoni helmetsDragon AllianceFox HeadGiroHostettler(ixs)LimarManby International SportswearOakleyPOCPortland Design WorksRudy ProjectRockGardn SportsRyders EyewearScott SportsSmith OpticsSpy OpticUtopia OpticsUvex SportsWulfsportZeal Optics 、など。

リュックサック (rucksack)

  バックパックと同じ。主に、ドイツおよび英国など欧州で使われる用語。

テーパーヘッドチューブ (tapered head tube)

概要
  テーパー頭管。テーパーの付いた頭管(ヘッドチューブ)。上から下へ太くなっている(右図の黄色の説明線)。
炭素繊維強化樹脂(CFRP、俗に言うカーボン)のフレームに使われることがある。
一例
  例えば、上部は標準的な28.6mm(1-1/8")であるが下部は31.8mm(1-1/4")又は38.1mm(1.5")と太くしている。
利点
  頭管下部が太くなるので、頭管に連結するく下管(ダウンチューブ)を太くすることができる。
フォークのクラウンを大きくして強度を上げることができる。
立ち漕ぎなどにおけるフレームおよび操縦管の強度と剛性を上げることなどを意図している。
欠点
  フォークの操縦管も下から上へテーパーが付いた形(テーパーステアラー)を使わなければならない。
ヘッドセットは上部軸受と下部軸受でサイズを変えなければならない(テーパーヘッドセットを使う)。

Jベンドスポーク (j bend spoke)

  エルボ(Jベンド)のある一般的なスポーク。スポークのエルボ(ひじ)の形状はJ形ではなく、L形に近い。

BMB (Boston-Montreal-Boston)

  ボストン(B) - モントリオール(M) - ボストン(B)間の1200km(往復)ブルベの略語。

エルボ (elbow)

  スポークの頭部の肘(ひじ)のように曲がっている部分。エルボ(エルボウ)は人体の腕の肘のこと。

CdA (CdA)

  空気抵抗の対象とするホイール、自転車および乗員などの形状係数(抵抗係数)Cdと前面投影面積Aの積CdA。この値が小さいほど空気抵抗が小さい。Cdは無次元数そしてAの単位はm2なので、CdAの単位はm2となる。
  例えば、タイムトライアルの乗車姿勢およびタイムトライアルヘルメットは、CdAの値が小さくなるように設計されている。CdAは風洞 で計測する。
  乗員と自転車を合わせたCdAの値は、体形および自転車の違い等により差があるが競技者の体形でスキンスーツを着て対応する自転車で走った場合、 ロード競技車でロードヘルメットを付けてドロップハンドルで走る場合はCdA=0.30そしてタイムトライアルバイクでタイムトライアルヘルメットを着けてエアロバーのハンドルで走る場合はCdA=0.23という一つの測定データがある。
  ホイール前後2輪のCdAの実測値を右図に示す。リム高さが大きいほど、CdAは小さくなっている。
  屋内自転車競技場を使って、走っている状態でのCdAを測定する有料のサービスをしている会社がある。 自転車にはANT+に対応した動力計及び速度センサーを付ける。空気温度、気圧及び湿度などもテストを制御しているコンピュータに入力する(右端図)。

ストレートプルスポーク (straight pull spoke)

  エルボのない真っすぐなスポーク。一端には鍛造で作った頭があり、他端にはニップルを付けるねじを切る。専用のハブ(ストレートプルハブ)が必要。 ニップルを回すと頭も回るものは、車輪組みに手間がかかる。頭の下の首の部分に最大応力が働く。歴史的には、昔々は真っすぐなスポークしかなく、その後1890年代にエルボの付いたスポークが考案され、それが一般的となった。

ケーブルグルーブ (cable groove)

  ドロップハンドルケーブルみぞのこと。

自転車ケース (bicycle case、bike case、cycle case)

概要
  自転車を梱包するためのケース。飛行機の荷物として輸送するときなどに使う。
ハードケースおよびソフトケースがあるが、ソフトケースは輪行袋と呼ばれる。キャスター付きもある。
収納
  ケースはヒンジの付いた二つ割になっており、一方にフレームなどそして他方に車輪を入れる形が多い。
梱包のための準備の一例は、ペダルを外し、ハンドルを90°回転し、車輪を外す。
自転車ケースに入れるために、BTCでフレームを分割する自転車がある。
材質
  アルミ合金、硬質プラスチック(プロピレンなど)又は薄鋼板など。EVA発泡体を付けたものがある。
寸法
  縦、横及び厚さは、 (76~83cm) x(119~128cm) x (10~28cm)。
質量
  8~14kg。
メーカー
  BikeBoxb'TwinB & WPolaris ApparelScicon Technical BagsSerfasSunlite
Tri All 3 SportsTrico SportsVK International 、など。

TTヘルメット (time trial helmet)

  タイムトライアル競技において着用するタイムトライアルヘルメットのこと。

タイムトライアルヘルメット (time trial helmet)






概要
  タイムトライアル競技において着用するヘルメット。TTヘルメット又はエアロヘルメットともいう。耳もおおう形が多い。

  尾(テール)が付いている。尾は長い形から短い形まである。
空気抵抗
  ロード用の一般のヘルメットより身体を含めた空気抵抗が少ないため早く走ることができる。 長い尾が付いていて胴を水平にした特定の乗車姿勢のときに空気抵抗が最小となり、それ以外の向きでは空気抵抗は大きくなる。
  走行速度40km/hの時、ロードバイクに乗りロードヘルメットを着用した走行とタイムトライアルバイクに乗りTTヘルメットを着用した走行と比較すると走行に要する動力は約77W少ない。
  空気抵抗を減らすために、ディンプルを設けたヘルメットもある。
換気口
  換気口数はロード用の一般のヘルメットに比べるとと少ない。一例は前方に吸気口2箇所そして後方に排気口1箇所など。
材質
  炭素繊維強化樹脂(CFRP、俗に言うカーボン)など。
質量
  350~430g。
規則
  UCIは、プロの競技者は安全ヘルメットを着用することを2004年に義務付けた。
試験
  メーカーは空気抵抗を調査するために風洞で試験することがある。
メーカー
  オージーケーカブトBell Bike HelmetsBrikoCatlikeC OriginalsCratoni helmetsGiroKaskLazerLimarLouis GarneauRudy ProjectScott SportsSpiukUvex Sports 、など。

LT (lactate threshold)

  乳酸閾値のこと。

ケーブルみぞ (cable groove)

  ドロップハンドルに設けた、アウターを埋めるためのみぞ。ハンドルテープを巻いた後の美観および握り感覚を良くすることを意図している。
伝統的なドロップハンドルには、アウターみぞはない。単みぞ(シングルグループ)および複みぞ(ダブルグループ)がある。
単みぞはブレーキアウターを受け入れる。 複みぞはブレーキおよびシフターのアウターを受け入れる。断面形状は真円でないため、少しは強度が低下する。みぞ位置は、ブレーキレバーからアウターが出る位置と整合していなければならない。

乳酸閾値 (lactate threshold、LT)

概要
  運動によって筋肉に乳酸が生成されるが、血流に吸収されて肝臓で分解される。
動力が大きくなると乳酸の発生量も増加し、血流で吸収しきれない血中濃度となる。 このときの乳酸濃度は乳酸閾値と呼ばれる。
  よく訓練をした競技者の動力と乳酸値の関係例を右図のグラフに示す。
グラフ縦軸は乳酸濃度で単位は血液1リッター当たりの乳酸ミリモルである。
乳酸は動力の増加に伴い直線的に増加するが、ある点からは急激に増加する。この変化点は乳酸閾値である。
運動訓練
  乳酸閾値を越える運動強度では筋肉は効率よく働かず運動は持続できない。乳酸閾値が大きいと早く走ることができかつ持久力もある。 乳酸閾値は運動訓練によって上がる。
求め方
  乳酸閾値を求めるには、エクササイズバイクまたはトレーナー動力を変化させて、動力に対応した乳酸を乳酸分析器で測定し、 縦軸に乳酸そして横軸に動力または心拍数を取ったグラフに右上図のように打点して求める。
実例
  ある女性競技者の動力増加に対応して、乳酸および心拍数を測定したデータをグラフに打点して右図に示す。
この例では、乳酸域値は2.3mmol/lそしてそのときの心拍数は168bpmとなっている。


マルチリリース (multi release、multi-directional release)

  •  
      結合靴クリート結合ペダルを結合する方式において、クリートを外す場合に外、斜め上および上など、どの方向にかかとをねじっても結合を外すことができる方式。 上にねじる場合は、やや大きな力が必要となっている。
    外しやすいことは、外れやすいということにもつながる。クリートはマルチリリースクリートを使う。
      一方向のみにひねって外れる標準の方式は、シングルリリースと呼ばれる。
  •  シフトレバー
      シフトレバーの1回の操作でチェーンを2段階、スプロケットの高速方向へも低速方向へも、移動させることのできる機能。

水平トップチューブ (horizontal top tube、horizontal top tube frame)

水平上管と同じ。

トラックペダル (track pedal)

概要
  競輪などのトラック競技の自転車に使うペダル。幅は狭い。トウクリップおよびトウストラップが付けられるようになっている。ペダルの前後の板は独立している。

  ケージに関して白、黒、黄(黄金)及び赤の4色を用意しているメーカーがある。
材質
  本体およびケージの材質はアルミ合金など、そして軸はクロモリ鋼など。
メーカー
  三ヶ島製作所(MKS)All-CityDimensionIson DistributionSoma FabricationsToken ProductsWabi Cycles 、など。

水平トップチューブ長 (horizontal top tube length)

水平上管長と同じ。

靴カバー (shoe cover)

概要
  防水、防寒または空気抵抗の低減などを目的として靴の上に被せるカバー。靴底にクリート穴が開いているものが一般的。 オーバー靴(オーバーシュー)と呼ばれることもある。
  靴カバーを付けるほど寒くないときは、トウカバー (つま先カバー)がある。
仕様
  (1) かかと穴が開いているものがある。
  (2) ジッパーは後に付いているものが多い。
  (3) 伸縮性を持たせたものがある。
  (4) 交通安全のために、反射テープ又は反射ジッパーの付いた形および目立つ色のものもある。
  (5) 靴ひもの絵を描いた形がある(右端図)。
材質
  ネオプレンゴム又はポリエステル繊維など。
メーカー
  パールイズミA.P.G. (Giordana)Bicycle LineCarnac SportCastelli SportfulDeFeetDe Marchi SportDiamantEnduraEtxeondoGalibier
Gore & AssociatesGripGrabHincapie SportswearHostettler(ixs)MOA SportPlanet BikePodium CyclingPrimal WearShowers PassSportfulSugoi
Teo SportUpland Sports GroupVaude Sport 、など。

スレッドレスコンバーター (Threadless Converter)

  ステムアダプターに対するProfile Design社の商品名。

水平上管長 (horizontal top tube length)

  水平上管を持つフレームにおいて、上管中心線と交わる頭管中心線および立管中心線との交点間の水平距離。
傾斜上管の有効上管長を水平上管長と呼ぶのは、紛らわしい。
水平上管長は、乗車姿勢に影響する。

水平上管 (horizontal top tube、horizontal top tube frame)

  フレーム上管(トップチューブ)が水平であること。
又は水平上管を持つフレーム(水平上管フレーム)。
トラックレーサーは、水平上管が多い。
上管が傾斜した形は、傾斜上管と言う。



圧入 (press fit、press mounting)

軸の寸法許容差
 軸の呼び寸法 [mm] クラス j6 クラス k6
  10を超え  18以下  -0.003~+0.016mm   +0.001~+0.020mm 
  18を超え  30以下  -0.004~+0.019mm  +0.002~+0.025mm
  30を超え  50以下  -0.005~+0.023mm  +0.002~+0.030mm
  穴の内径より大きい外径の軸を、穴の中に強い圧力で押し込むことは圧入という。
内輪などの穴は弾性変形で大きくなり、軸を弾性及び摩擦力で固定し、
穴と軸の間で回らないようにする。もし回ると磨耗する。
  軸(またはステム)の外径をどの程度大きくするかの一例を右表に示す。
これは、関係のある外径とクラスの部分のみJISより抜粋したもの。
  一例として、ステムの呼び寸法が25mmで、公差域クラスがj6の場合は、
「18を超え30以下」の行を見て、
軸の外径 = 25 -0.004 ~ +0.019 = 24.996~25.019
より、軸(ステム)の外径は24.996と25.019の間に収まるように加工する(クラスはj6またはk6とすることが多い)。
  圧入によって取付けるボトムブラケット(プレスフィットBB)がある。

ISP (integrated seat post)

  インテグレーティッド シートポストの頭文字。すなわち、一体サドル支柱 のこと。

シートマスト (seat mast、seatmast)

  立管(シートチューブ)において、上管(トップチューブ)から上の部分。
インテグレーティッド サドル支柱 の付いたフレームのサドル支柱について言われることが多い。
上管から上の部分が短い一般のフレームには使われない。サドル支柱と同じ意味で使われることも稀にある。

インテグレーティッド シートマスト (integrated seat mast)

  一体シートマスト。サドル支柱(シートポスト)がなく、シートマストをサドル支柱として使う形。一体サドル支柱と同じ。

インテグレーティッド サドル支柱 (integrated seatpost)

概要
  一体サドル支柱。立管(シートチューブ)がサドルの下まで伸びており、サドル支柱を兼ねている形。 サドルクランプ部は、サドル支柱に差込む形が多が、被せている形もある。主に、炭素繊維強化樹脂(俗に言うカーボン)製のフレームに使われる。 軽量化および意匠などを意図している。自分に合ったフレームサイズなどが既に分かっている競技者などを主な対象としている。
利点
  サドル支柱の幅が立管の幅と同一となるため、サドル支柱の剛性は少し大きくなる。 立管とサドル支柱の間に雨が入らない及びサドル支柱が立管との間で滑りがない、という利点もあるが、一体型でなくともこのような問題はない。 サドル支柱と立管の重なりがない分、軽くなる。
欠点
  サドル高さを調節するには、支柱を切断する必要がある。サドルレールからサドル上面までの高さが異なるサドルと交換すると、サドル高さが合わなくなる。
運搬のためにサドルを下げることはできない。
高さ調節
  高さ調節するために、サドル支柱とサドルクランプの間にスペーサーを入れるようにしたメーカーもある。
シートマスト
  立管が上管(トップチューブ)から上に伸びた部分は、シートマストと呼ばれることがある。

インテグレーティッド シートポスト (integrated seatpost、integrated seat post)

  インテグレーティッド サドル支柱と同じ。すなわち、一体サドル支柱 のこと。