自転車用語 (続き30)自転車探険!

炭素税 (carbon tax)

目的
   炭素税は、地球温暖化の原因物質である二酸化炭素(CO2)の排出量を減らすことを目的として、化石燃料および化石燃料を含有する燃料(化石燃料等) の使用者に
その使用量および化石炭素含有率に応じて課す税金(目的税)。
化石燃料
   化石燃料としては、揮発油(ガソリン)、軽油、灯油、重油、ジェット燃料、都市ガス、液化プロパンガス(LPG)、液化天然ガス(LNG)および石炭がある。
化石燃料等としては、ガソリンにバイオエタノールなどのバイオ燃料を混合したバイオガソリンなどがある。バイオ燃料の割合が多いほど、税金は安くなる。
純粋なバイオ燃料は、課税対象にはならない。
使用者
   使用者としては、電力会社(発電所を含む)、一般の会社(工場および運輸会社を含む)、交通機関(航空会社を含む)、政府、自治体、公共施設、商店、事務所、農家及び
個人等がある。
課税時期
   炭素税は、化石燃料等の製造施設および保税施設を出庫するときに課し(蔵出し課税)、使用者は購入時に炭素税が付加された料金を支払うことによって負担する。
課税効果
   課税により次の効果がある。課税額が大きいほど効果が大きい。
 (1) (補助) 税収を個人などの太陽光発電および風力発電などの自然エネルギー設備設置の補助金として使い、家庭(発電所)などから排出している二酸化炭素を減らす。
 (2) (開発) 二酸化炭素排出量の少ない省エネルギーの乗り物(自動車、電車、船舶および航空機など)および省エネルギー設備
(冷蔵庫、空調機およびテレビなどの家電製品を含む)の開発誘引とする。
 (3) (誘導) 炭素税を付加するとにより化石燃料の価格を上げて、二酸化炭素排出量の少ない設備および交通手段へ誘導する。発電方式を二酸化炭素を排出する火力発電から、太陽光発電、風力発電、地熱発電および原子力発電などへ変換する。 自動車より一人当たりの二酸化炭素排出量の少ない公共交通機関または自転車へ誘導する。
 (4) (抑制) 炭素税を付加するとにより化石燃料の価格を上げて、消費を抑制して二酸化炭素の排出量を減らす。
  10年間程度の長期で見ると、(補助)、(開発)および(誘導)の効果が大きく、(抑制)の効果は小さい。(補助)のない税金は、普通税(一般税)となり炭素税と呼べない。
環境税
   炭素税は専ら二酸化炭素の排出削減を目的としているのに対し、環境税は全ての環境負荷物質の削減を目的としている。具体的には、自動車の排気ガス及び
自治体などの焼却場から排出される有害物質(環境ホルモンなど) による大気汚染対策並びに河川及び湖沼の水質保全対策など。環境税は課税対象を決めるのが難しい。  

ミニサイクル (mini bicycle)

  日常の交通手段に用いる短距離低速走行用の自転車で車輪の呼び径24型以下のもの。
  サドル高さは750mmを超え1100mm以下。高さの調節範囲はサドル支柱100mm以上、ハンドルステム35mm以上。ホイールベースは大径車と大差ない。 変速機の付いたものが多い。
車輪の呼び径20型以下の自転車は、小径車という。

アネロビック (anaerobic)

  無酸素のこと。無酸素運動においては処理能力以上の乳酸が生じ、血液のpHは低下する。健康のための運動には適さない。

タイヤシーラント (tire sealant)

概要
   タイヤ密封材。チューブパンク穴を塞ぐ液体密封材。チューブレスタイヤに使うものもある。
使用方法
  容器をよく振ってから、 チューブのバルブコアを取出したバルブステムから注入し、バルブコアを元に戻して空気を所定圧力まで入れる。液体のままで固化しない。 パンクする前から注入しておいてパンクすると穴を塞ぐもの(パンクしたことを気づかないことが多い)及びパンク後に注入して穴を塞ぐものがある。 この場合は、密封剤を注入後に車輪を回転させてパンク穴を塞いでから空気を入れる。密封材を注入すると同時に加圧するものもある。
働き
   密封材はタイヤの回転による遠心力でタイヤ踏面のチューブ内面に、液体の保護膜を作る。タイヤ側面の穴あきには効果が無い。
密封できる穴径は3mm以下。ガラスの破片で切られた割れ目には効果がない。
組成
  繊維系、ラテックス系及び繊維ラテックス系がある。繊維系は水又はグリコール系などの液体の中に、穴を塞ぐための植物性又は合成の短繊維を含んでいる。 繊維の代わりに粉砕した雲母又はベントナイトを使っているものもある。ラテックス系は天然又は合成のラテックスが穴で固まって塞ぐ。 繊維ラテックス系はラテックスの中に短繊維を入れている。
容量
   240mlなど。
使用量
   密封材の必要量はメーカーおよびタイヤサイズによって異なるが、一例は30~100g/車輪。
原理
   密封の原理は化学的な作用ではなく、背面をタイヤ内面が覆っているチューブの小さい穴なら、ある程度の粘度のある液体で塞げば空気は抜けないという物理的な作用(表面張力)に因っている。
CO2
   CO2(二酸化炭素)と反応するタイヤシーラントには、CO2カートリッジは使えない。
保証
   密封材を使ったタイヤは保障しないというタイヤメーカー(Kenda)もある。密封材を販売しているタイヤメーカー(Tufoなど)もある。
  密封材をチューブに入れてセルフシーリングチューブとして販売しているメーカーもある。
メーカー
   Accessories Marketing(Slime) ContinentalEffetto MariposaFenwick’sFlat Attack Tire SealantHutchinsonInovex IndustriesNo-FlatsNoTubes.comRalf Bohle(Schwalbe)RapidRacerProductsTrek BicycleTrue Goo ProductsTufoVelox VittoriaVredesteinWheelgooZefal 、など。

リアステイ (rear stay)

  シートステイと同じ。

ダイヤルゲージ (dial gauge)

概要
張力計 ホイール ローター
  小さな変位を測定して、測定値をダイヤル又はデジタルで表示する計器。
用途
  (1) スポーク張力計によるスポークの変位の測定。
  (2) ホイールなどの回転体の振れの測定。
  (3) ブレーキローターの振れの測定。
1目盛
  0.1mm 、 0.01mm 、0.002 又は 0.001mmなど。
測定範囲
  1mm 、 10mm 、 20mm 又は 30mmなど。
規格
  「JIS B7503 ダイヤルゲージ」
メーカー
  小野測器尾崎製作所シチズンセイミツテクロックミツトヨ 、など。

旋回軸 (pivot)

  その軸を中心にして、何かが旋回する軸。ピボットとも言う。

サドルノーズ (saddle nose)

  サドル鼻。サドルの先端の幅の狭い部分。
ノーズは、高速での曲がり(コーナリング)などでの制御および落下防止などのために必要。
UCI規則では、サドル長は240~300mmとしており、これはノーズの必要性を暗に示している。

ピボット (pivot)

  旋回軸及び旋回心軸。
ブレーキキャリパー又はレバーなどが旋回する軸。
右図はキャリパーブレーキのピボット(主軸)。
サスペンションスイングアームには、ピボットがある。




連結リンク (connecting link)

  チェーンの始端と終端を連結して、チェーンを環状にするためのリンク。工具を使って連結する形および工具を使わずに連結できる形がある。
  連結ピンで連結することもできる。
  工具を使わない連結リンクとしては、コネックスリンクミッシングリンク および パワーリンク などがある。いずれも商品名。連結の原理はほぼ同じ。

カーウホーン (cow horn)

  ブルホーンの別名。

バルブコア (valve core)

  バルブステムに入っている弁体(弁の芯)。空気の逆流を防止する逆止弁の働きをする。 左は仏式バルブ(ブレスタバルブ)用そして右は米式バルブ(シュレーダーバルブ)用のコア。ただし、仏式バルブはコアがステムと一体になっていて、取出せない一体形が多い。

リムホール (rim hole)

  リム穴のこと。

ギアインジケーター (gear indicator)

  カセットスプロケットの使用している段を示す指示器。
  シフターロープ(ケーブル)出口とアウターの間に取付ける直列形は、10段(10速)用および9段(9速)用がある。
  6段(6速)はダイヤル形がある(左から3番目の図)。
ブレーキレバー、シフター及び指示器が一体となった形もある。






タイヤ老化 (tire aging)

  タイヤのゴムは老化(劣化)して、ひび割れ及びコードからの剥離などが生じる。老化は主に酸化によって起こる。酸化の要因としては次のようなものがある。
(1)空気中のオゾン及び酸素、(2)直射日光(紫外線)、(3)熱、及び(4)ストレス(応力)。 ゴムの応力酸化による老化は次のようにして実験できる。
2本の輪ゴムを用意し、一方は2倍以上に伸びるように本などに巻く。他方は自然の状態にしておく。一般にタイヤには老化防止剤が配合されている。
  自転車はタイヤに直射日光が当たらない場所に保管するのがよい。

ヘッドランプ (head lamp)

  頭(ヘッド)に装着し前方を照らすランプ。
ランプはLEDなどが使われる。
明るさは80~200ルーメン。
質量は100~300g。
ヘルメットに付けるランプは、ヘルメットライト という。
  メーカーは、Black Diamond EquipmentFenix TacticalPrinceton TecSilva 、など。

パニアキャリア (pannier carrier)

  パニアラックのこと。

タイヤブート (tire boot)

  オフロードなどでマウンテンバイクタイヤ側壁などにできた切り込みの補修のために、タイヤ内壁に貼る緊急用のパッチ。
パッチは繊維で補強された軟質樹脂製膜で接着剤が付いていおり、その保護膜をはがして貼る。
大きさは76x45mm程度。右図は販売及び保管用の袋に入っている。
  メーカーは、Park Tool 、など。

ブレーキブロック (brake block)

  ブレーキパッドのこと。

半こま (half link)

  チェーン内リンクおよび外リンクを一対(駒)として作られている。この一対を1こま(2リンク)とすると、その半分のこま(1リンク)。 チェーンのリンクの一端は内リンクの幅そして他端は外リンクの幅を持つ。ピン間のピッチは内リンクおよび外リンクと同じ。チェーンを1リンク分だけ増減するために使われる。
  ディレイラーの付いた自転車にはチェーンの張り調整の機能があるので必要ないが、チェーンの張りの範囲の狭い単速の自転車(BMXバイクなど)に使われることがある。半リンクまたはオフセットリンクとも呼ばれる。
  半こまだけを連結して作った半こまチェーンがある。

コネクターピン (connetor pin)

  連結ピンのこと。

ハブモーター (hub motor)

  前輪または後輪ハブに組み込んだモーター(電動機)。
電動機はDC(直流)24~26V(ボルト)そして回転数1,500~3,000
rpmのブラシレスモーターであることが多い。
右端図はハブモーターの内部構造の一例。
車輪駆動回転数まで減速するための減速機が合わせ組み込まれている。電動補助自転車及び電動自転車に使われる。

AT (automatic transmission、anaerobic threshold)

  •  自動変速
      自動変速
  •  無酸素閾値
      有酸素(運動)から無酸素(運動)へ変わる境界。

半こまチェーン (half link chain)

  半こまだけを連結して作ったチェーン。チェーンの長さ調節が半こま(1ピッチ)単位でできる。ピッチは、一般のチェーンと同じ12.7 mm。
質量は一般のチェーンに比べて、やや大きくなる。
左写真の半こまチェーンは、軽量化のために中空ピンを使っている。
チェーンの長さ調節が行いやすいので単速であるBMXバイク及び内装変速機付きの自転車などに使われることがある。
  メーカーは、KMC Chain IndustrialTaya Chainなど。

HRT (heart rate threshold)

  心拍数閾値。有酸素(運動)から無酸素(運動)へ変わる心拍数。心拍数閾値を求める方法の一つとしてコンコーニテストがある。

こま (link)

  チェーンは、内リンクおよび外リンクを一対として、それを複数個つなぎ合わせて作る。従って、市販のチェーンのリンク数は複数となっている。
この一対のリンクは、こま(駒)と呼ばれる。しかし、本来の意味から外れて、1個のリンクが駒と呼ばれることもある。

変速ワイヤー (derailer cable、derailleur cable)

  ディレイラーケーブルまたはディレイラーロープのこと。ワイヤー(針金)とロープは異なる。

マスターリンク (master link、chain master link)

  連結リンクのこと。チェーン内リンク同士を比較的容易に連結および取外しができるようにしたリンク。
一般には、連結ピンで連結するので使われないが、チェーンを外して清掃および洗浄をしたい場合などに使われる。 外装変速機のチェーンに使う場合は、カセットスプロケットをこすらないリンク幅であること。
汚れおよび腐食などでマスターリンクを手で外すことが難しくなったときは、マスターリンクプライヤーという工具で外すことができる。
  メーカーは、独自の商品名を付けて販売しており、例えば、コネックスリンク(ウイッパーマン社)、ミッシングリンク (KMC社)および パワーリンク(SRAM社) などがある。
   参考資料  「チェーン」  マスターリンク

リストア (restore)

  修復する。復元する。例えば、中古自転車を購入又は譲り受けて、整備及び部品等の交換などによって、新品同様に使えるようにする。
誤ってレストアと言われることがある。

カラータイヤ (colored tire)

概要
  着色タイヤ。
美観のために、黒でない色の付いたタイヤ
  機能より外観を重視して、シリコン(白色)と着色剤をゴムに添加しているため、耐摩耗性および路面が濡れているときの摩擦力(トラクション)が劣る。
一般に価格は高い。
  下図は黄色のカラータイヤを付けたロードバイクハンドルテープの色と合わせている。
黒タイヤ
  黒タイヤはゴムにカーボンブラックを25~50%添加して耐摩耗性および路面との摩擦力を向上させている。
側面はを着色しているが踏面(トレッド)は黒ゴムの機能をもたせるために黒にしたタイヤ、及び全体を着色したタイヤがある。
メーカー
  Fyxation 、など。

レストア (restore)

  リストアの誤発音。

マスターリンクプライヤー (master link plier)

  チェーンマスターリンクが汚れおよび腐食などで手で外すことが難しくなったときに使う工具。
プライヤーの先端をマスターリンクに差し込み、プライヤーの取っ手(ハンドル)を締め付けると外れる。
  メーカーは、Park Tool 、など。


タルカムパウダー (talcum powder)

  タルク粉のこと。

ホイールセット (wheelset)

  前輪ホイールと後輪ホイールの一組をホイールセットと呼ぶことがある。



スタックハイト (stack height)

  スタック高さ のこと。

トレッド厚さ (tread thickness)

  タイヤトレッド部のゴムの厚さ。タイヤのコード上面から踏面までの距離(厚さ、右図)。 ロードバイクのタイヤのトレッド厚さは、1~3mm。
タイムトライアルバイクのトレッド厚さは1mmが多い。競技車のトレッド厚さは、1.25~2mmが多い。
トレッド厚さが大きいと、トレッド磨耗によるタイヤ寿命が長い。また、パンクしにくい。
同じトレッド厚さなら、タイヤ模様のあるタイヤよりもスリックタイヤの磨耗寿命が長い。トレッド厚さが大きいと、タイヤ質量は大きくなる。

シャフトドライブ (shaft drive)

  シャフト駆動 のこと。

アーム比 (arm ratio)

  ブレーキレバーにおいては、その支点からレバーの人差し指部までの距離aと
支点からロープまでの垂直距離bの比a/b。
  ブレーキアームにおいては、その支点からロープまでの垂直距離aと
支点からブレーキシュー中心線までの距離bの比a/b。

ワイパーマン (Wippermann)

  ウイッパーマン と同じ。

下管シフター (down tube shifter)

概要
  フレーム下管(ダウンチューブ)の上部横に付けるシフター
前ディレイラー及び後ディレイラーにそれぞれ1個のレバーが対応する。
ブレーズオンに取付けるか又は付属のクランプで取付ける。
操作するときは操作する手をハンドルから離す。
立ち漕ぎをしながらの操作は困難。
SISと摩擦式を切り替えできるものもある。
SISが作動不良になった時は、摩擦(フリクション)に切り替えて使う。
利点
  STIに比べて、機構が複雑でなく安価、軽量そしてアウター及び操作ロープ(ケーブル)が短いという利点がある。
変速回数の多い後ディレイラーにはSTIを使い、変速回数の少ない前ディレイラーには下管シフターを使って、全体として質量を減らすという方法もある。
ステム取付
  特殊な例として、クイルステムに取り付けた形がある。
下管シフターと言うよりは、クイルシフターとでも言うべき例。
メーカー
  シマノSun Race Sturmey-Archer、など。

® (registered trademark)

  登録商標の記号(丸の中にRの文字)。

ヒールループ (heel loop)

  かかと環。の後部(かかと部)に付ける環状の帯。形状、大きさ、向き及び取付位置はメーカーによって各種ある。
速やかに靴を着脱する必要のあるトライアスロン用の靴(トライアスロンシューズ)に使われる。

丸タイヤ (tubular tire)

  チューブラータイヤのこと。

丘下り (down hill、downhill、downhilling、down hill race、DH)

メイン三角 (main triangle)

  主三角のこと。

ウエットスーツ (wetsuit、wet suit)

概要
  上下一体で足首まであり、体に密着する水着。トライアスロンの遠泳において使用する。トライアスロンウエットスーツとも言う。
1着はウエットスートと呼ぶが、日本では1着でもウエットスーツ(複数形)と呼ばれる。
使用目的
  保温性を持たせて冷水に対して体を保護すること、及び浮力を付け且つ水の抵抗を減らして早く泳げるようにすること。
型式
  腕まで覆うフルスーツ(ロングスリーブ)および肩と腕を覆わないスリーブレスがある。
フルスーツは早く泳げるとの説がある。
スリーブレスは腕の動きの自由度が大きいが、約18°C以下の低水温ではフルスーツで保温することが望ましい。
着用
  薄いソックスを履いて足を入れるとスーツ内面とのすべりがよい。着用後にソックスは脱ぐ。
素材
  ネオプレンゴムまたは合成繊維。
メーカー
  2XU PtyAquamanAqua SphereblueseventyDe SotoNineteen WetsuitsOrcaProMotion WetsuitsQuintana RooRocket Science Sports
Snugg WetsuitsTerrapinXterra WetsuitsZoot Sports

レバーフード (lever hood)

  フード

BMXペグ (BMX peg)

  BMXバイクの前輪および後輪の車軸の左右にねじ込んで取り付け、足を乗せて曲乗りを行う。曲乗りペグとも言う。
形状は軽量化のため多くはコップ状の空洞があり、底の部分に車軸にねじ込むための雌ねじが切ってある。
標準装備しているBMXバイクもある。
  メーカーは、DartmoorDemolition PartsFlybikesHostettler(ixs)The Shadow ConspiracyWethepeople Bike 、など。

ブレーキフード (brake hood)

概要
  ドロップハンドルブレーキレバー支持部にかぶせるゴム製等のカバー 。
カバーの下に振動吸収のためのジェルをいれたものもある。
2種類の材質のゴムを使っている形がある。
ハンドルの替わりに、フードをにぎることが多い。
ハンドルテープと色を合わせることがある。
レバーフードとも言う。
メーカー
  シマノCampagnoloCane CreekG-FormHudzSRAMTektro TechnologyToken Products 、など。

BMXローター (BMX rotor)

  BMXハンドルを360度回転させてもブレーキロープ(ケーブル)が捩れないようにする装置。
メーカー(Odyssey、1986に特許取得)はジャイロと名づけている。ディタングラーとも言う。 ハンドルを連続して回すことのあるフリーライドBMXバイクに使われる。 ハンドルステム部に取付け、ローターの上円盤にブレーキレバーからの上ねじれ防止ロープをつなぎ、下円盤にブレーキへ行く下ねじれ防止ロープをつなぐ。 円盤には玉軸受が付いており、ハンドルの回転によって回転するのでロープは捩れない。 中央の円盤が玉軸受の入ったローター。ロープはジャイロへの取付け上、二股に分かれた専用ロープを使う。
  メーカーは、DartmoorOdyssey 、など。

ライズ (rise)

  上がり

ビーチクルーザー (beach cruiser、beach cruiser bicycle)

  クルーザー から派生した自転車で、タイヤが太いことを利用してビーチ(浜)及び浜沿いの道を走ることを主目的としている。クルーザーバイクとも呼ばれる。 クルーザーは、Schwinnが1936年に空気タイヤを付けた自転車として最初に世に出した。 街乗り用でタイヤは26x2.125インチであり、泥除けおよびばねサドルが付いている。 ハンドルクルーザーハンドルが使われる。
後荷台および夜間も走れるよう前照灯が付いていた。 ブレーキはコースターブレーキ単速が一般的であるが、変速機付きもある。
タンデム(2人乗り)の形もある。
  浜辺沿いの道をビーチクルーザーなどで走ることをビーチクルージングと言うことがある。

ドロップ (drop)

  下がり

警察自転車 (police bicycle、police bike)

米国米国米国 シアトルトロントオーストラリアロンドン
  警官が地域の巡回(パトロール)及び訪問などに使う自転車。
歩行巡回と自動車巡回の間を埋める自転車巡回として使われる。
徒歩巡回に次いで市民との接触性が良く、自動車では行けない道の巡回もできる。
英国 スコットランド コペンハーゲン コペンハーゲン 東京
視認性のために、直立に近い乗車姿勢となる自転車が望ましい。
未舗装路、階段および雪道などを走れるよう、
欧米では変速機の付いたマウンテンバイクが多い。
日本ではシティ車などが使われる。
誘導棒を入れる筒をフォークに付けている警察がある。
装備品などのバッグなどを載せるための荷台が付いている。
泥除けは付いているものと付いていないものがある。
自動車(パトロールカー)に比べて地球に優しく、経費も少ない。任務を行いながら警察官のフィットネスにもなる。


ローター (rotor)

ロングバルブ (long valve、long stem valve)

  空力リム(エアロリム)などの深リムに使うチューブに使うバルブステムの長いバルブ。深リムはチューブからリムバルブ穴までの距離が長くなるので、それに対応するため。長さは40~60mm。標準の弁にバルブイクステンダーを付けて長くすることもできる。

アウターリンク (outer link)

  チェーン外リンク

指なし手袋 (fingerless glove、fingerless cycling glove)

  指の部分のない手袋ハンドルからの路面の衝撃の緩和、転倒時の手の保護および日焼け防止などのために付ける。
ハンドルを握ることを前提とした形状となっている。材質は皮革および合成皮革など。甲の部分はメッシュにして通気性を良くしたものもある。

ハイノーマル (high-normal)

  高いノーマルと同じ。

ビブショーツ (bib short)

概要
  腰で固定せず、肩から吊るショーツ
競技者が着ることが多い。
腰から下の素材及び構造等はショーツと同じであるが、腰バンドは必要ない。下着は着ない。
身体に密着するよう伸縮性の繊維で作られている。
  上着(ジャージーなど)を着るとショーツと見分けがつかない。
ビブはよだれ掛けのことで、肩からショーツを吊っている部分でビブストラップとも言う。
ショーツはショートの複数形。
男性用及び女性用がある。









仕様
  (1) 女性用は胸部を覆っている形が多い。
  (2) 脚の下部に弾性バンド又はシリコーングリッパーを付けた形がある。
  (3) ビブをメッシュにした形がある。
  (4) 後ポケットを付けた形がある。
  (5) デニム(ジーンズの生地)製がある。
  (6) ヒップパッドがショーツの内側に付いている形がある。パッドは男性用と女性用では形状などが異なる。
素材
  ナイロン、ポリエステル、ポリウレタン、羊毛(ウール)、ライクラまたはこれらの混紡など。
メーカー
  パールイズミ2XUAGUAssosBabiciBBB Bike PartsBicycle LineCafé du CyclisteCanari CyclewearCastelliCervo RossoChapeau!
Conquest Cycle WearDirtBaggiesDe Marchi SportEleven VeloEnduraEtxeondoGiordanaIcebreaker Le ColLusso ClothingMavicMOA Sport
Mt. Borah DesignsOneTenOrcaPrimal Wear EuropeRapha RacingSantini Maglificio SportivoScott SportsSearch and StateShutt Velo RapideSkinsSoloSportfulStorck Cycling GearSugoiSumattoryUpland Sports GroupVermarc SportVolerW. L. Gore & Associates 、など。

ローノーマル (low-normal)

  低ノーマルと同じ。

全指手袋 (full finger glove、fullfinger glove、full glove)

  指の先まで覆われた手袋
防寒並びにオフロードでの木の枝および万一の転倒や衝突に対する手の保護に向いている。
  手の甲の日焼け防止およびオフロードを走る時の手の衝撃緩和にも役立つ。

フルフィンガーグラブ (full finger glove、fullfinger glove)

  全指手袋と同じ。

バギーショーツ (baggy short)

概要
  体及び股に密着しない、ゆるやかなショーツ。バギーはだぶだぶという意味。主に夏に着る。男性用及び女性用がある。
ショーツの下には下着を着用しないものとされている。 ショーツはショートの複数形。
用途
  マウンテンバイクに乗る人並びに自転車から降りて活動することのある、旅行、通勤および買物などをする人に使われる。
仕様
  (1) 腰バンドとしては、ひも、帯または伸縮性のバンドなどがある。締めるためのベルクロタブが付いた形もある。
  (2) 多くはポケットが付いている。ポケットはジッパー付き及びなしがある。
  (3) メッシュ又は湿気を放出する繊維の裏地が付いているものが多い。
  (4) サドルとの接触部にパッドの付いたものもある。パッドはクッションではなく、湿気を放出するためとされている。
  (5) 内側にライナー(内張り)を付けた形がある。ライナーは肌と接触する。
  (6) 横及び股側に冷却換気用のベントを設けた形がある。
  (7) 脚下部を太くした形がある。
メーカー
  Bicycle LineFunkier BikeFox HeadIntrepid ApparelLuna SportRoyal RacingTroy Lee DesignsW. L. Gore & Associates 、など。

ファイナルレイヤー (final layer)

  外皮。表層。多層でできた物体の最後(ファイナル)の層(レイヤー)。例えば、次のようなものがある。
  •   炭素繊維強化樹脂(CFRP)製のフレームなどは、炭素繊維を多層にして作るがその最終層。
  •   フレームの塗装などは重ね塗りをして多層になるが、その外皮(最終仕上げ塗装)。
  •   タイヤの外皮(踏面など)。
  •   タイヤのコードの繊維層(プライ)の数は2~5層であるが、その最外層。
  •   多層でできたジャケットなどの外皮(例えばゴアテックス)。
  •   重ね着をしているときの表面に出ている衣服(最後に着た服)。
  •   競技場などの走路面の表面(最終仕上げ)。