自転車用語 (続き19)自転車探険!

パニア (pannier、pannier bag)

概要
  車輪の横につける主に自転車旅行用のバッグ。左右一対のもの(ダブルパニア)が多い。
バッグを取り付けるためにパニアラックが必要。 交通安全上は明るい目立つ色のパニアが望ましい。
語源
  パニアという英語は仏語panier(パニエ)から由来したもの。panierは(パン)かごのこと。
仕様
 (1) 雨が降ることもあるので、防水性が必要。防水性のないものはパニアレインカバーが必要。
  (2) パニア背面の上部左右及び下部には荷台に固定するための金具が付いている。
  (3) 歩行時にパニアを持ち運ぶとき、パニアを肩に掛ける肩掛け帯(ショルダーストラップ)の付いたものもある。
  (4) メッセンジャーバッグとして使える形もある。
  (5) ロール状に折りたたみのできるパニアがある。
  (6) 背面にプラスチックの板を付けた形がある。
  (7) 反射テープを後部に付いた形がある。
  (8) プラスチックをダンボール状にした箱がある(1.8リッター、400g)。
  (9) バスケット又はピクニック用のテーブル及び椅子になる形がある。
(10) 保管時に巻物にして小さく出来る形がある。
メッセンジャーバッグ
レインカバー
  パニアが雨で濡れないように被せる防水性の
パニアレインカバーがある。
質量
  片側のパニア質量は0.5~1.5kg。
巻物形は軽く作られており210g。
容量
  容量は10~50リットルそして平均的な寸法は:
かかと隙間
  自転車には、かかと隙間が必要。
かかとが当たる部分の角を無くしたパニアもある。
  長さ: 40cm前後(38~70cm)
  幅  : 30cm前後(25~45cm)
  深さ: 20cm前後(15~30cm)
荷物質量
   自転車にもよるが、標準的に運搬できる荷物の質量は、前パニアで10kgそして後パニアで15kgの合計25kg程度である。
重心
  荷物によって重心が低くなると走行が安定すると考えがちであるが、実際は不安定となる。
安定には静的安定と動的安定があり、重心が低くなると例えば箱を机の上に立てるような静的安定は良くなるが、自転車のような動的安定(動かないと倒れる)を必要とする場合は、 重心が高いほうが走行が安定する。
しかし、わざわざ重心を高くする必要性はない。
メーカー
  アズマ産業モンベルAguAlly CapellinoAltura PanniersArkelAxiom Performance GearBanjo BrothersBlackburnBloonDesignBrooks England
Bruce Gordon CyclesCarradice of NelsonCarsick DesignsCivia CyclesCrossoDelta CycleDetours SportsDeuter SportDonkey Boxx
Ecologic DesignsExtrawheelExustar EnterpriseHyalite EquipmentInertia DesignsJandd MountaineeringLezyneLone Peak PacksLouis GarneauMainstream MsxMountain Equipment Co-opOrtlieb SportartikelOverBoard AccessoriesOxford ProductsPacific Outdoor EquipmentPo Campo
Potenza Cycling GearRivendell Bicycle WorksRixen & KaulRobert Beckman DesignsSunliteSwift IndustriesTopeakTwo Wheel GearVaude SportVelomannVelo TransitZixtro 、など。

スローピングフレーム (sloping frame)

  傾斜フレームのこと。

ベルクランク (bell crank、bellcrank)

  支点(ピボット)で直角などに交わるレバーのクランク。一例は、変速レバーによるロープ(ケーブル)の動きを、
内装変速機の押し棒(プッシュロッド)の動きに変換する。押し棒の動きによって歯車を切り替えて変速する。
写真はベルクランク及びベルクランクの付いた内装変速機。
  3段変速機の場合は変速を2速にしたとき、後輪軸の端面と軸の中に入っている押し棒に付いている赤い線が一致していること。
一致していないときは、ケーブルアジャスターで調整する。
ベルクランクという名称は、紐を下に引くとベル突き棒が水平に動いてベル(釣鐘)を鳴らすためのレバーとして使われたことに由来している。

直付けディレイラー (braze-on derailleur)

  フレーム立管に付けた直付け座(タブ)に付属のボルトで固定する方式の前ディレイラー
立管径および管断面形状にかかわらず対応できる。
取付高さが調節できるようにタブのボルト穴は長穴になっている。
立管におけるタブの位置は50T~54Tのクランクスプロケットに対応させていることが多い。
ブレーズオンディレイラーともいう。
立管に直付け座(タブ)がない場合は、アダプタークランプで取付ける。
クランプで固定する方式の前ディレイラーは、クランプオンディレイラーという。

シャフト駆動 (shaft drive)

概要
  軸駆動。チェーンおよびスプロケットを使わず、シャフト(伝動軸)で後輪ハブを駆動する方式。
右図おいて、伝動軸は軸筒の中にあるので見えない。
クランク軸と伝動軸(シャフト)および伝動軸と後輪ハブ軸は直角となるので、直角に伝動できるかさ歯車を伝動軸の前後に使う。
変速手段としてはスプロケットとチェーンの組合せが使えないので、後輪の内装変速機を使う。変速段数は市販の内装変速機の段数になる。
シャフト駆動の自転車はシャフト駆動自転車と言う。
利点
  (1) 密閉構造が容易なこと。
  (2) 伝動効率がチェーンよりは良いこと。ただし、変速機まで含めた効率は大差ない。
  (3) 動きが連続していること(チェーンは多角形運動のためいくらかの速度変動がある)。
  (4) 保守に手間がかからないこと。
  (5) ズボン及び長いスカートの裾がチェーンの潤滑油で汚れないこと。
欠点
  質量が大きくなること。
メーカー
  Sussex Enterprisesなど。
   参考資料  「自転車の駆動方式

シートバンド (seat clamp)

  シートクランプのこと。バンド状ではなく、クランプ状となっている。シートバンドという用語は和製英語と思われる。

クランク (crank)

概要
  一端にペダルが付き、そして他端にはクランク軸が付いているスプロケットを回すための棒。
右クランクはスプロケットを付けるスパイダーアーム(くも腕またはくも足)の付いた形が一般的。
中空にしたクランク(ホローテック)もある。
クランクにスプロケットをボルトで固定したセットは、クランクセットと呼ばれる。
製法
  金属製のクランクは、ダイキャスト冷間鍛造及びCNC機械加工によって作らる。
炭素繊維強化樹脂のクランクは、加熱プレス機及び加熱炉などで硬化して作る。
材質
  アルミ合金が多いが、炭素繊維強化樹脂(CFRP、俗に言うカーボン)およびチタン合金もある。
力の伝達
  クランクと人体の脚は、クランク軸および大腿骨支持点を支点とするリンク機構となるので、ペダルに加えた脚力がスプロケットの回転トルクとなるように力を伝達する。
クランク長
  自分の脚長に合うクランク長のクランクを選定する。
リコール
  Full Speed Ahead社は、2011年にGossameシリーズのクランクのクランクボルトを規定以上のトルクで締めると、クランクに亀裂が入る可能性があるとしてリコールした。
メーカー
  シマノスギノテクノAX-LightnessCampagnoloDimensionEaston SportsExtraliteFac MichelinFireEye BikesFUNNFull Speed Ahead
Gigantex Composite TechnologiesHiveKarbona PartsKCNCKen Chang Ind.KuotaLightning Cycle DynamicsLook CycleMiddleburn Components
Miranda & IrmaoMountain Racing ProductsOctane OnePowerCranksProfile RacingRace Face Performance ProductsRitchey Design
Rotor Bike ComponentesSampson SportsSinz Racing ProductsSpecialites T.A.SRAMStorck BicycleStronglightSun RaceThe Shadow ConspiracyTime SsportToken ProductsVistadealWhite IndustriesZipp Speed Weaponry、 など。
   参考資料  「クランク

メンテナンス (maintenance)

  保全 のこと。

メカニック (mechanic、bicycle mechanic、bike mechanic)

  自転車競技、大会または自転車店などにおいて、自転車の清掃、点検、整備、組立、オーバーホールおよび修理を行う人。
他のメカニックと区別するためにバイクメカニックとも言う。女性メカニックもいる。
競技のメカニックはレースメカニックそして店のメカニックはショップメカニックと呼ばれることがある。
家庭のガレージや庭などで自転車の保全及び修理などをするメカニックはホームメカニックと言う。
  左図は2008年のツール・ド・フランス、におけるシマノのメカニック。
メーカーのメカニックが得た情報は本社に送られる。
  右図は2012年のツール・ド・フランスにおけるteam Argos-Shimanoのメカニック。
トラックに予備品および工具箱に入れた工具などを載せている。ホテルで宿泊する。
2011年の米国におけるバイクメカニックの平均年収は約200万円。

ピスト (pista)

  伊語および仏語で、トラック(自転車競技場)またはトラック競技。固定スプロケット自転車を和製英語でピストバイクということがある。

カンチブレーキ (canti lever brake、cantilever brake)

概要
  リムを締め付けて制動する片持ちのリムブレーキの一種。
カンティブレーキとも言う。
Vブレーキ(横引き)もカンティレバーなので、それと区別するために中央引き(センタープル)カンチレバーブレーキと呼ばれることもある。
特徴
  アーチがないので、幅の広いタイヤおよび泥よけの付いたフレームにも使うことができる。
アーム比はVブレーキより小さいが、その分ブレーキパッドとリムとのすき間が大きくとれ、泥詰まりが問題となるオフロードに向いているが、マウンテンバイクには利きの良いVブレーキが使われる。
Vブレーキと比べると質量は小さく、パッドすき間は大きくすることが可能。STIシフターを使うことができる。
形式
  ロープロファイルブレーキが一般的となっているがワイドプロファイルブレーキ(ハイプロファイル)もある。
これは、ブレーキアームがフレームおよびフォークから出っ張っている。
構造
  ブレーキシューの付いた左右のブレーキアームは、その下部にそれぞれ独立の支点(取付ボルト)を持つ。
ブレーキアーム内部の取付ボルト外部には、ねじりコイルばねが入っており、パッドがリムから離れる方向のばね力が働いている。 左右のブレーキアームの上端を山形のロープ(シマノの名称は、リンクワイヤー )で結び、
その中央をブレーキレバーからのロープで上に引くと パッドは、ばねに抗してリムに押し付けられる。
前輪ブレーキの支点は左右のフォーク、そして後輪ブレーキの支点は左右のシートステイに付ける。
用途
  サイクロクロスバイクに使われるので、サイクロクロスブレーキとも言う。クロスバイクおよび旅行車の中にはカンチブレーキを使っているものがある。 Vブレーキが出現する前は、マウンテンバイクに使われていた。
パッド間調整
  左右のパッド間の距離は、リム幅に応じて20~35mmに調整できる。パッドとリムの間のすき間は、ばね調整ねじで調整する。
ロープロファイル形のパッドすき間は1mmが標準。
車輪外し
  車輪を外す時は、左右のアームを手で締付けるとアームの溝に入っているロープを外すことができて、パッド間の間隔を広くすることができる。
トウイン
  メーカーによって、トウインが調整ができる形及び調整できない形がある。
メーカー
  シマノヨシガイ4ZASRAM(Avid)CampagnoloCane CreekFull Speed AheadGrammo Factory OutletInterloc Racing DesignPaul Components EngineeringRatio Bike DesignTektro TechnologyTRP など。
   参考資料  「ブレーキ

ブロウディ (brodie、broadie)

  マウンテンバイクの操作技術として、後輪を滑らせて急激な旋回をするために、後ブレーキをかけて後輪をロックさせること。

コネックスリンク (connex link、ConneX Link)

  ウイッパーマン社(Wippermann、独)製チェーンクイックリリース外リンク。工具なしで、取付および取外しができる。ピン穴は取付け用(ピン側の穴)と作動用があり、そのためV字形になっている。連結する2つの内リンクのそれぞれのブッシュにコネックスリンクのピンを左右から通し、ピンの溝をそれぞれ相手の取付け用の穴に入れてチェーンを引っ張ると、ピンは作動用のピン穴(外側の穴)に移って固定される。取外しは取付の逆であるが、取付けほどは簡単でない。
  取付および取外しが容易なので、取り外してチェーンを洗浄したい人には便利。

ギア板 (sprocket)

  スプロケットのこと。スプロケットの歯形はギア(歯車)と全く異なり、ギアを板状にしたものではないので、不適切な用語。

チェーンディバイス (chain device)

  丘下り(ダウンヒル)またはデュアルスラロームなどを行うマウンテンバイクチェーンの外れ及びばたつきなどの防止を目的とした器具の総称。
  各種の形式があり、そのメーカーおよび形式によってはチェーンガイドまたは
チェーンケージなどとも呼ばれる。質量は形式によって、120~350g。バッシガード(バッシュガード)を含めることもある。
  構造の一例としては、クランクスプロケットへチェーンが入る部分に上部案内(ドップガイド)ローラ又はケージを付け、チェーンが出る部分に下部案内(ボトムガイド)ローラを付ける。この上下の案内はブーメラン状の板に付け、板の中央をボトムブラケットに固定する。バッシガードを兼ねた円板をスプロケットの左右に付加したものもが多い。
フレームへの取り付け方式には、 ISCGISCG 05及びアダプターでボトムブラケットに取り付ける形などがある。
  メーカーは、e.thirteenMountain Racing Products(MRP)Superstar Components 、など。

デュアルサスペンション (dual suspension)

  前輪後輪サスペンションが付いているという意味。このような自転車はデュアルサスペンションバイクという。デュアルは2箇所という意味。

アヘッドステム (aheadstem、ahead stem)

 ステム呼び[inch]   コラムクランプ内径[mm]  用途例
25.4 標準
1 1/8 28.6 MTB
1 1/4 31.8 タンデム
1.5 38.1  ダウンヒルMTB 
  操縦管(ステアリングコラム)とハンドルを連結する部品。コラムクランプの内径は操縦管の外径に合わせて4種類ある(表)。 ステム呼びはコラムクランプの内径で表す。 バークランプ内径はハンドル中央部の外径に合わせる。 突出しは60~150mmのものがある。 ステム角が可変になったものもある。
ハンドルステムとも言う。

オプション (option、optional parts)

  標準仕様のほかに、客の注文によって取り付ける部品・装置。例えば、結合ペダル反射器はオプションとなっている。

両立スタンド (double stand)

概要
  自転車が倒れないよう、直立させておく装置。後ろから見ると二本足又はコの字を立てた形をしている。 両脚スタンド及び2本足スタンドとも言う。一般にシティサイクルに使われていて、自転車かごに買い物した品物を載せる時に倒れなくて便利。 路面に接地する部分の前後幅が広くなった(横から見るとL形)幅広てこ式両立スタンドもある。 取付け位置はチェーンステイ前方または後輪ハブ軸
試験
  JIS D9453(自転車-リヤキャリヤ及びスタンド)によれば、スタンドを走行状態にして、前車輪を地面に固定し、 後車輪を地面から200mm持上げ、自然落下させたとき、スタンド端が地面と接触してはならない。

バイシクル (bicycle)

  自転車または二輪車。米国、英国および欧州などで使われる。ただし、米国では口語としてバイクと言うことが多いが公式文書ではバイシクルが使われる。

スパナ (spanner)

  六角ボルト及び六角ナットを締める工具。両口スパナと片口スパナがある。口がスパナ芯に対して15°傾いているので、スパナが何かに当たる場合は、裏返すと当たらなくなる。 スパナの呼び寸法は口の開き幅で表す。ただし、開き幅に適応するボルト・ナットの呼びで表示してもよい(JIS)。
呼びが大きいほど対応する締付けトルクが加えられるよう全長は長くなる。
JIS B4630(スパナ)および英国ではスパナというが米国ではレンチと呼ばれる。

トリプル (triple)

  「3」の意味。3重(の)、3倍(の)、3種(の)、3部(の)など。3種(大、中及び小)のスプロケットの付いたクランクまたはそのスプロケット。

ショルダーノブ (shoulder knob)

  タイヤの肩突起。
マウンテンバイク用タイヤの肩の部分の突起。
肩突起の形状および配置などは、オフロードで曲がるとき(コーナリング)の安定性および路面のつかみ(グリップ)などに影響する。
写真の橙色の囲い線は、肩の部分を大雑把に示した書き込み線で、タイヤに付いている線ではありません。
ノブは突起またはこぶの意味。
突起のあるタイヤはノビイタイヤと呼ばれる。

シートチューブ長 (seat tube length)

  立管長のこと。

チェーンリング (chain ring、chainring)

概要
  クランクスプロケットに対する俗語。スプロケットはディスク(円盤)であるが、軽量化のために部分的に肉を取ってあるので、歯の部分がリングに見えたらしい。チェーンホイールとも言う。
段数
  スプロケットの数で見ると、1段(単段)、2段(ダブル)及び3段(トリプル)がある。
3段のクランクスプロケットは、内から外へ、小スプロケット、中間スプロケット、大スプロケットの順に並んでいる。
歯数
  2段の歯数は 24/38 、26/38 、34/50 、36/50 、39/53 及び 42/54 など。
  3段の歯数は 22/32/42 、22/32/44 、24/34/42 、26/36/46 、30/39/52 、30/42/52 など。
  隣接するチェーンリングの歯数差は16T以下であることが望ましい。
ボルト数
  スプロケットをクランクに固定するボルト穴の数は、4穴及び5穴がある。
ピッチ円直径
  3段のスプロケットをクランクに固定するボルト穴のピッチ円直径(PCD)はメーカーによって異なり、大スプロケット及び
中間スプロケット用として94、104、110、130及び135mmがある。 小スプロケット用として58、64及び74mmがある。                                                                                                                                小スプロケット位置
  左右のチェーンステイボトムブラケットシェルから後方へ「ハ」の字状に広がって出ているので、スプロケットの歯が
チェーンステイと当たらないよう、小スプロケットは最内側に配置している(右図)。
歯厚呼び
  1/8(3.175mm)及び3/32(2.38mm)の2種類がある。
呼び1/8は、シティ車及び固定スプロケット自転車などに使われる。
呼び3/32は、カセットスプロケッ付いたロードバイクマウンテンバイク及びサイクロクロスバイクなどに使われる。
シフトランプ
  変速時にチェーンが容易に移動するように、シフトランプを付けた形がある。
歯厚
  歯厚を交互に広幅と細幅としたワイドナローチェーンリングがある。

  陽極酸化によって着色した形がある。
製法
  本体は円板からプレス加工で作り、歯は切削加工で作る。冷間鍛造で作ったものもある(右図)。
少量生産の場合は、CNC工作機械で作ることもある。
材質
  アルミ合金及びチタン合金など。軽量化と耐磨耗性を両立させるために、本体は炭素繊維強化樹脂(俗にいうカーボン)とし歯はチタン合金またはアルミ合金とした形がある。
カバー
  チェーンリングカバーがある。
メーカー
  シマノスギノエンジニアリングAerozine BikeCarbon-TiCrupi PartsEndless Bike CompanyFull Speed AheadKen Chang Ind.
Middleburn Cycle ComponentsMiranda & IrmaoPraxis WorksRace Face Performance ProductsRennen DesignRenthalSinzSpecialites T.A.StronglightTisoUberbike ComponentsWickWerksWolf Tooth Components 、など。

ハイブリッド (hybrid、hybrid bike、hybrid bicycle)

  クロスバイクと同じ。ハイブリッドは雑種という意味。ロードバイクマウンテンバイクの雑種。

トウクリップ (toe clip)

概要
  ペダルに付けて、つま先(トウ)を固定する留め金具(クリップ)。
ひも(トウストラップ)と組み合わせて使う。
ひもで留めないクリップとして、ハーフクリップがある。
用途
  トラックペダルなどに使われる。
取付
  トウクリップペダルに2個のねじ及びナットで固定して使う。
サイズ
  短、中及び長並びにM、L及びLLなど。
材質
  プラスチック(ナイロンなど)及び金属(アルミ合金など)がある。金属製は自分の靴に合わせて曲げるとができる。
利点
  トウクリップを使用すると、クランクの回転角360°すべてにおいて、ペダルに力を加えることができる。 現在はトウクリップよりも、それに代わる結合ペダルが普及している。
メーカー
  三ヶ島製作所All-CityBrooksDelta CycleIson Distribution(Genetic)Pake BicyclesWellGo Pedal'sZéfal 、など。

ホリゾンタルフレーム (horizontal frame)

  水平フレームのこと。

セラミックリム (ceramic rim、ceramic coated rim)

  アルミ合金リムセラミックコーティングを施したリム。ブレーキパッドとの摩擦力(特に雨に濡れたとき)の向上およびリムの磨耗の減少を意図している。 欠点はパッドからの熱伝導が悪いこと、高価なことおよびブレーキパッドの磨耗が早いこと。
  セラミックコーティングが無ければ、摩擦熱はリム全体に伝導され放熱されるが、セラミックがあると熱の絶縁体となりアルミ合金リムへの熱伝導が阻害されブレーキパッドの温度が上がりるためパッド表面が溶ける。 そのため、パッドはセラミックリム専用のものが必要。

スポークレンチ (spoke wrench)

  ニップル回しのこと。

エルゴパワー (Ergopower)

 項目STIエルゴパワー
 レバー ブレーキレバーは
 シフトレバーと共用。
 ブレーキレバーは 
 ブレーキ専用。
 アウター    
 ブレーキ用は
 バーテープ下となるが
 シフター用は外に出る。
 ブレーキ用および
 シフター用共に
 バーテープの
 下となる。
概要
  ドロップハンドル用のブレーキレバー
シフトレバーを一体にしたカンパニョーロ
方式の商品名。シマノのSTIに対応する。STIの成功を追って開発された。
操作
  ブレーキレバーの背後の副レバーを、薬指と小指で内側へ押すと、チェーン大スプロケットへ移動する。本体内側の指レバーを、親指で押すとチェーンは小スプロケットへ移動する。 アップシフトとダウンシフトでは別の指を使うので誤操作が無い。STIには指レバーはない。
レバー材質
  炭素繊維強化樹脂(CFRP、俗に言うカーボン)。樹脂にメッキすると金属のように見える。
エルゴパワーとSTIの比較
  エルゴパワーとSTIの外観上の違いを表に示す。エルゴパワーはハンドル前にアウターが出ていないので、ハンドルバッグの取付ができる。
ブレーキレバーの背面にあるシフトレバーは、STIではチェーンを小スプロケットへ移すのに対し、エルゴパワーでは大スプロケットへ移すという違いがある。

ダイナモ (dynamo)

  主に英国用語で 発電機 のこと。米国では主にジェネレーターと呼ばれる。

エルゴブレイン (ErgoBrain)

  カンパニョーロサイクルコンピュータの商品名。
時間、速度、距離及びロールアウトを表示する。
平均速度より速いか遅いかを矢印で表示する。
  エルゴパワーのレバーと連動して、使用しているクランクスプロケットおよび後輪スプロケットの歯数並びに
チェーン位置を表示する機能もある。
付属のブラケットでハンドルに取付けると、画面はハンドルステム前方(ハンドル中央)に位置する。

ラージフランジハブ (large flange hub)

  大フランジハブ のこと。

大フランジハブ (large flange hub)

  スポーク頭を付けるスペース以上にハブフランジ外径が大きいハブ。 軽量化のためにフランジに穴が開けられていることが多い。小フランジハブが出るまでは主流であった。 スポークのプレース角が大きいためホイールの横方向強度が大きい。ホイールの横方向の力が大きくなるトラックバイクに使われている。高フランジハブとも言う。
スポーク穴ピッチ円直径スプロケットより大きいと、スプロケットを外すことなくスポーク交換ができる。

ビードシート (bead seat)

  ビード座 のこと。

トルクスレンチ (Torx wrench)

  トルクスねじの取付けまたは取外しをするためのレンチ

ギアレシオ (gear ratio)

  ギア比 のこと。

トルクスねじ (Torx screw、Torx head screw)

  工具の入るねじの頭部の形状を曲線でできた6点星形にしたねじ。頭部の形状は、平、ボタン、なべおよび皿などがある。 一般のプラスねじより大きなトルクで締め付けできること、および工具の寿命が大幅に伸びることが特徴。頭部の質量は六角穴付きボルトより小さい。ねじの寸法はT10のように、ねじの呼び径にTを付けて表す。 ディスクブレーキブレーキローターのねじとして使われていることがある。工具として、トルクスレンチまたは
トルクスねじ回しが必要。トルクス(Torx)は米国のテキストロン社(Textron,Inc.)の登録商標。

フォークステム (fork stem)

  操縦管 のこと。

電球 (lamp、bulb)

 ガラス球の形式   定格電圧 
 消費電力 
  光束  
lm
  寿命  
G形(球) 2.4 26 60
3.0 33 60
B形(円錐球) 2.4 28 60
3.0 40 60
T形(円筒) 2.4 28 60
3.0 40 60
概要
  電気を通すと発光体となる物質を封入したガラス球。前照灯などの光源としてに使われる。
種類
  LED電球、ハロゲン電球及びクリプトン電球などがある。
規格
  自転車発電ランプ用電球の規格(JIS C7510)の一部を右表に示す。
光束の数値が大きいほど明るい。口金の6V2.4Wの刻印の後にHの記号があれば、高効率形。
口金
  口金はE10(外径10mm)であることが多い。ねじ形及び挿入形がある。

ヘキサゴンレンチ (hexagonal wrench、hexagon wrench)

  六角レンチ のこと。

ニップルドライバー (nipple driver、crank-type nipple driver)

  先端がマイナス形のクランク脚が柄の中で回転するようになっており、ニップルのマイナス溝にいれてクランクを回すように回す。仮組みでスポークに張力がかかり始めるまで使うと能率が良い。
脚の長さによって、標準リム用および深リム用がある。

グリス (grease)

  グリース のこと。

ダウンスイング (down swing)

  前ディレイラーにおいて、可動ピボットが低い位置にある形。
平行四辺形の上リンクにフレームに固定するクランプを付け、下リンクにケージを付けた従来の方式。
ケージ位置がクランプ位置より低い。トップスイングに対峙する用語。
ロードバイク用は全てダウンスイング形。
マウンテンバイクにおいては、フルサスペンションのようなトップスイング形が付けられないマウンテンバイクフレームなどに使われる。
トップスイングよりリンクは長くなる。ボトムスイングとも呼ばれる。

メインパイプ (main pipe)

  主管。下管 と同じ。

低フランジハブ (low flange hub)

  ハブフランジの高さがスポークを取付けるのに必要なだけの高さしかない低いフランジのハブ小フランジハブとも言う。
現在は大部分のハブが低フランジとなっている。フランジの高さが高いハブは高フランジハブと呼ばれる。高フランジハブはホイールの横強度が大きくなる。

ストローク (stroke)

  行程 のこと。

バルブアダプター (valve adapter)

概要
  バルブに付けて、型式の異なる空気入れが接続できるようにした金具。バルブは3種類(英式、仏式および米式)があり、接続口に互換性が無いので専用の空気入れが必要。 アダプターをバルブに付けることにより、異種の空気入れが使える。
次の4種のアダプターがある。空気を入れた後にアダプターは外す。
英式V→米式P
  英式バルブ(ウッズバルブ)に付けて、米式バルブ用の空気入れが接続できるようにするアダプター。
米式V→英式P
  米式バルブ(シュレーダーバルブ)に付けて、英式バルブ用の空気入れが接続できるようにするアダプター。
仏式V→米式P
  仏式バルブ(プレスタバルブ)に付けて、米式バルブ用の空気入れが接続できるようにするアダプター。
使用に当たっては、仏式バルブの丸ナット(ロックナット)を上端まで緩めて、丸ナットの上端を押すことにより弁棒を下げて空気が弁座を通過できるようにして、仏式アダプターをねじ込み、空気入れで空気を入れる。 仏式アダプターを外し、丸ナットを元の位置まで締めてバルブから空気が漏れないようにする。
米式V→仏式P
  米式バルブ(シュレーダー)に付けて、仏式バルブ用の空気入れが接続できるようにするアダプター。
  メーカーは、Silca 、など。

メンテ (maintenance)

  メンテナンス(保全)の略語(俗語)。

パニアラック (pannier rack)

概要
後用前用
  パニアを保持するラック(荷台)。前ラックおよび後ラックがある。
パニアキャリアとも呼ばれる。主に、旅行車に使われる。
前ラック
  前輪の左右を跨いで取付ける。フォークの上と下で固定する。上はフォークに付ける専用のクランプまたはブレーキ座などに固定する。
下は前輪ハブ軸またはつめに付いている穴などに固定する。 左右の荷物の質量は、等しくすることが望ましい。
後ラック
  後輪の左右を跨いで取付ける。シートステイの上と下で固定する。上はサドル支柱クランプボルトなどに固定する。
下は後輪ハブ軸またはつめに付いている穴などに固定する。
形状
  パニアが車輪に当らないようにするための側面の形状は、逆三角形、逆台形および長方形などがある。
大きさ
  車輪サイズに合った大きさのものがある。車輪サイズに合わせて高さを変えられる形がある。
許容荷重
  積載できる荷物の最大質量は、メーカー形式によって前用は10~15kgそして後用は10~25kg。
材質
  アルミ合金、クロモリ鋼、ステンレス鋼またはチタン合金の管または棒。管は軽く強度がある。
質量
  前用は0.5~0.8kgそして後用は0.6~1.4kg。チタン合金製で形状が単純なものは0.3kg(右図)。
メーカー
   日東箕浦AxiomBruce Gordon CyclesCarradice of NelsonCivia CyclesDelta CycleHebieRacktimeRaleighThorn CyclesTopeak
Tubus Carrier Systems 、 など。

フルアシスト自転車 (full electric bicycle、electric bicycle、electric bike)

  フル電動自転車 と同じ。

スキュアー (skewer)

  一般用語としてのスキュアーは串 (くし)のこと。自転車には次のようなスキュアーと呼ばれる部品がある。

フル電動自転車 (full electric bicycle、electric bicycle、electric bike)

  電動機(モーター)および蓄電池を備え自走するが、ペダルを用いて人力によっても走行できる自転車。フルアシスト自転車または電動自転車とも呼ばれる。
  法規上は「ペダル付きの原動機付自転車」と呼ばれ、道路交通法第2条第1項第10号に該当する。従って、運転免許の取得、標識(ナンバー)の交付、自賠責保険の加入およびヘルメットの着用等、原動機付自転車の規則に従うことが必要。 最大出力は500Wのものが多い。内装外装変速機または外装変速機が付いている。

引き足 (pull up toe)

  ペダル行程戻り行程において、結合靴によって結合ペダルを引き上げる動作。
または引き上げ行程。
クランクの角度で表せば約210°~330°。
   参考資料  「ペダル行程





年コード (year code)

  製造年を表す記号。公表されていないが、シマノの部品にはその背面に年月コードが記されている。
アルファベットの大文字2字(例えばDB)で構成されており、最初の文字は月(Dは4月)そして次の文字は年(Bは2003年)を表している。
年のコードは表1ように1976年および2002年がAそして2001年がZとなっている。月のコードは表2のように1月がAそして12月がLとなっている。

表1  年コード
 1976   1977   1978   1979   1980   1981   1982   1983   1984   1985   1986   1987   1988   1989   1990   1991   1992   1993   1994   1995   1996   1997  1998  1999  2000  2001
2002 2003 2004 2005 2006

表2  月コード
  1    2    3    4    5    6    7    8    9   10  11  12 

ケーブル (cable)

  ワイヤーロープ のこと。

ブルホーンハンドル (bullhorn handlebar、bullhorn bar)

概要
  ハンドルの握る部分が前に出て、やや上を向いているハンドル。カウホーンとも言う。
牡牛(ブル)のつの(ホーン)と少しは似ている。
ハンドル自体の空気抵抗はドロップハンドルよりやや少ない。
用途
  ベースバーとしてクリップオンバーを付けてエアロバーにして使う場合及びハンドルテープを巻きブルホーン単独で使う場合がある。
その場合の握る位置は左右水平部(フラット部)又は前に出た部分。
単速車及び街乗りの自転車などに使われる。
マスドスタート競技においてブルホーンを使用することを、UCIは禁止している。
仕様
  ハンドルステムと一体になった形がある。
ハンドル幅
  38cm、40cm及び42cm。
クランプ径
  ハンドル中央部の直径は25.4mm及び31.8mm(オーバーサイズ)。
材質
  アルミ合金及び炭素繊維強化樹脂など。ダブルバテッド管を使った形もある。
メーカー
  日東FyxationHelios BikesProfile DesignSelev 、など。

シクロクロス (cyclo cross)

  意味不明の誤った和製用語。欧米では、サイクロクロス と呼ばれている。サイクルレースとクロスカントリーを合わせた造語。

プレーンスポーク (plain spoke、plain gauge spoke)

  ずん胴スポーク。端から端まで同一外径のスポークプレーンゲージスポークとも言う。段付きスポークと対峙する用語。
ホイールの9割以上はずん胴スポークを使っている。 後輪ホイールの中には、駆動側はずん胴スポークを使い反駆動側は段付きスポークを使っている形がある。

エアーポンプ (air pump)

  空気入れ。流体を加圧して移送する機械をポンプという。
   参考資料  「空気入れ