自転車用語 (続き16)自転車探険!

蝶ナット (wing nut)

1種2種3種4種
  ナットに蝶の羽根のような翼が付いていて、工具を使わず指で回すことのできるナット。JIS B1185(ちょうナット)には1種から4種まで4種類がある。   1種:翼端は半円形、2種:翼単は角形、3種:板のプレス加工で作ったもの、4種:ダイカストで作ったもの。

金属疲労 (fatigue、metal fatigue)

  疲労と同じ。人体の疲労と区別するために、金属疲労とよばれることがある。

女性仕様バイク (women's specific bicycle、women specific bicycle)

  主にロードバイクで女性の身体上の特性にできるだけ合わせた女性仕様の自転車。
外観は一般のロードバイクとあまり変わらない。
稀に、女性仕様のクロスバイク及びマウンテンバイクもある。
英語の頭文字からWSBと呼ばれることがある。
  例えば、女性は男性に比べて平均的に次のような特徴がある。
 小柄
  女性は、胴及び腕などが短い。
コクピット長ハンドルリーチ及びドロップ並びにクランク長などに関係。
車輪径は650Cであることが多い。
 肩幅は狭い
  ハンドル幅に関係。
 手は小さい
  握り径およびブレーキレバーの引き距離(リーチ)に関係。
 脚力は小さい
  ギア比に関係。
 骨盤は大きい
  サドル幅に関係、女性仕様サドルを使用。
 色・模様
  フレームの色及び模様を女性向きにした形が多い。
 女性向け商品
  女性仕様の商品としては、女性靴 及び女性ヘルメット などがある。
 メーカー
  Apollo BicycleBianchiBMCBoardman BikesCannondale BicycleEddy Merckx CyclesFuji BikesGiant ManufacturingMotobecaneOrbea
Pretorius BikesRocky Mountain BicyclesScott SportsTrek BicycleUndercover CyclingWilier Triestina 、など。

ダブルバテッド (double butted)

  スポークおよびフレームを構成する(チューブ)において両端部の太さまたは肉厚が中間部より大きいもの。

ステムアダプター (stem adapter)

  クイルステムに替えて取付け、ハンドルステムが取付けられるようにする適応部品(アダプター)。
クイルアダプターとも呼ばれる。
25.4mmのクイルに替えて使い、呼び径28.6mmのハンドルステムを受け入れる。
ステム長を自由に選ぶことができる。
ステムの呼び径はそれを付ける操縦管の外径で呼ばれる。
従って、実際のステム外径は呼び径より3.2mm(操縦管肉厚1.6mmの2倍)小さい。
ステム呼び径は25.4mm(ステム外径は22.2mm)が一般的。
全長は130mmなど。高さ調整範囲は25mmなど。
  メーカーは、日東 、など。

ペアスポーク (paired spoke)

  ペアードスポーク(一対スポーク)と同じ。

ベロモービル (velomobile)

概要
  流線形自転車とも言う(JIS D9111、自転車-分類及び諸元)。空気抵抗を減少させるため、流線形のおおい(フェアリング)でおおったリカンベント
最初の市販車は1980年代に現れた。量産していないため高価なのが欠点。







用途
  用途は限られていないが、旅行、通勤及び買物などに使われる。
仕様
  多くは荷物用の空間が設けられている。
密閉型(全天候形)および開放形がある。
前照灯尾灯後写鏡方向指示器及びホーンを付けた形がある。
車輪
  前2輪後1輪の三輪車が多い。車輪の大きさは20型が多い。
ディスクホイール及びワイヤースポークホイールがある。
おおい材質
  FRPまたはアルミ合金。
質量
  26~35kgでそのうち覆いが5~10kgを占めている。
速度
  空気抵抗が少ないため30km/hでの動力はロード競技車よりも少ない。
乗る人が出せる動力によるが、最高速度は60km/h程度。
メーカー
  製造者は欧州(オランダ、ドイツ、ベルギー及びデンマーク)に多く、主に欧州で使われている。倒産した会社も多い。
  Aerorider BVBeyss LeichtfahrzeugeDutch Speed BicyclesGreenspeed RecumbentsLohmeyer LeichtfahrzeugeLeibaLeitra DK ApSOrganic TransitRideVeloTri-SledVeloCraftVelomobiel.nlVelomobilesVelo Mobile Pro 、 など。
  「ベロモービルの動画

米式バルブ (Schrader valve)

  チューブに付いていて、空気を入れるためのバルブの1つの形式。マウンテンバイクのチューブに使われる。シュレーダーバルブとも言う。

カプレオ (Capreo)

概要
  小径車専用の部品群に対するシマノの商標。カプレオはギリシャ語で小鹿のこと。
スプロケット歯数
  クランクスプロケットの歯数は45Tの1段。
カセットスプロケットの歯数は9_10_11_13_15_17_20_23_26Tの9段でカプレロのフリーハブのみに適合する。チェーンはHGチェーン
レシオ
  小径車はロード車に分類されているが、カセットスプロケットのレシオマウンテンバイクと同じように
ワイドレシオとなっている。
OLD
  エンド幅(OLD)は前ハブが100mmそして後ハブ(フリーハブ)が135mm。
スポーク
  スポーク穴数は24穴、32穴および36穴の3種類。
クランク
  クランク長は165mmおよび170mmの2種類。クランクスプロケットボルト穴のピッチ円直径(PCD)は130mm。
ブレーキ
  短いシューのVブレーキ

インナープレート (inner plate)

  内プレートのこと。

コンパクト車 (compact bike)

  屋内での保管又は公共交通機関への持込みを意図し、呼び径20以下の車輪及び軽いフレームによって、軽量化及びコンパクト化を図った自転車。 コンパクト自転車又は小径車とも言う。
フレームは折りたたみ(折りたたみ自転車)又は分割できる構造である形が多い。 ペダルのみ折り畳みできるものもある。 全長は1,600mm以下そして質量は8~15kg。変速機が付いた形も多い。コンパクト車(小径車)用の部品群としてはシマノのカプレオ(Capreo)がある。
車輪が小さいために、転がり抵抗係数が大きく長距離走行には向かない。平坦でない路面では車輪の大きなシティ車などと比べて乗り心地が悪い。サスペンションの付いた形がある。

アウタープレート (outer plate)

  外プレートのこと。

フラットランドバイク (flatland bike/bicycle、flatland BMX bike/bicycle )

  曲乗り用のBMX(バイシクルモトクロス)自転車。自転車の回転などが行いやすいよう、短いホイールベースとなっている。
足を乗せる太い曲乗りペグ(BMXペグ)が、前輪ハブ軸および後輪ハブ軸の左右に付いている。
後輪ハブにフリーコースターが付いていることが多い。ブレーキは前輪、後輪共に、Uブレーキが使われる。
車輪に強度を持たせるために、スポーク数は多い(36本または48本など)。
タイヤは20x1.75または20x1.95などの高圧スリックタイヤが多い。クランクスプロケットは小さい。
フレーム材質はクロムモリブデン(クロモリ)鋼が一般的。
ハンドルを360°回転させてもブレーキロープ(ケーブル)が捩れないようジャイロと呼ばれる装置が頭管の上に付いている。
  メーカーは、KHE Fahrradhandels 、など。


制動距離 (braking distance)

  ブレーキを操作してから、停止するまでに走る距離。走行している自転車は運動エネルギーを持っている。そのエネルギーをブレーキで熱エネルギーに変換すると止まる。
   参考資料  「制動距離 計算器

ハイローフランジ (hi lo flange、hi-lo flange、high/low flange)

  後輪ハブにおいて、スポーク穴ピッチ円直径を左右で違えるために、右側のハブフランジを左側のハブフランジよりも大きくしたフランジまたはそのフランジを持つハブ。 カセットスプロケットの存在によって小さくなる右スポークプレース角を大きくして、車輪の横強度を大きくする意図がある。
左右のスポークのスポーク張力の差は少なくなる。
  メーカーは、DMR BikesExtraliteWhite Industries 、など。

ディスクハブ (disk hub、disc hub、disc brake hub)

概要
  ディスクブレーキブレーキローターを取り付けられるようにしたハブ。ディスクブレーキハブとも呼ばれる。
フリーハブボディおよびクイックリリースを取付けた形もある。
用途
  ディスクブレーキ付きのマウンテンバイク及びサイクロクロスバイクなどのハブとして使われる。
ローター取付方式
  ローターをハブに取付ける方式にはセンターロック及びボルト取付(ISマウント)がある。 センターロック(シマノ特許)はハブに設けたスプラインボスにスプライン穴のあるローターを入れてロックリングで固定する。 ボルト取付はピッチ円直径44mmで6個設けたねじ穴にボルトで固定する。
OLD
  ロックナット間距離(OLD)は、前輪用が100mm及び110mmそして後輪用が135mmなど。
スポーク穴数
  28穴、32穴又は36穴など。
メーカー
  シマノ24 bicyclesAcrosAlchemistAmerican ClassicDMR BikesElement TechnicFunnGipiemmeIndustry NineIson Distribution(Halo)
Karbona PartsKun Teng IndustryLoaded PrecisionMiddleburn ComponentsNuke ProofOctane OnePaul Component EngineeringPhil Wood
Quad TechnologiesSank IndustriesSoul KozakTuneVelocityWhite IndustriesWoodman Components 、など。
   参考資料  「ハブ

バルブホール (valve hole)

  バルブ穴のこと。

ディスクブレーキ座 (disc/disk brake tab、disc/disk brake mount)

ISマウント
前輪用 後輪用
  ディスクブレーキキャリパーを取付ける座。ディスクブレーキは付いていなくとも、フォーク及びシートスティに座を取付けてある自転車はある。
前輪用
  座の取付け位置は左フォークの車軸を付ける(ドロップアウト)の近く。 座がフォークの後に付いているため、走行中にブレーキを掛けると速度が速いほどブレーキローターには車輪を爪から外す方向の大きな力が仂くから、クイックリリースが付いている場合は緩んでいないことが重要。 走行中のブレーキ掛けによって前輪が外れた事例がある。もし座がフォークの前に付いていればブレーキ掛けにより車輪を爪に押し込む力が仂く。
後輪用
  座は左シートスティの上に溶接またはロウ付けによって付けている。
取付方式には前輪用、後輪用共に、ISマウントおよびポストマウントがある。
いずれも2本のボルトでキャリパーを固定する。座は車軸と直角でなければならない。
ISマウント
  座は板状で、取付ボルトの芯間距離は51mm。後輪用はISマウントが多い。
ポストマウント
  座は柱状で、取付ボルトの芯間距離は74mm。後輪用はアダプター不要。
ナットの取付ができないので、M5またはM6のねじが切られている。

ハウジング (housing)

  ケーブルハウジングのこと。カンパニョーロのハウジングの外径は、シマノのものより少し大きい。

通勤自転車 (commuter bicycle/bike、commuting bicycle/bike、transportation bicycle/bike)

概要
  自転車通勤に使う自転車。
車種
  クロスバイクロードバイクサイクロクロスバイクスポルティフ及び旅行車など。
通勤距離及び運搬物の有無などを考慮して決める。1台の場合は、休日には何に使うか(サイクリング、旅行、買物、オフロード走行など)によって車種を決めることもある。
  通勤自転車として市販しているものもある(左写真)。これはシマノの7段内装変速機が付いていて、チェーンの保守がいらないよう、またズボンの裾が汚れないよう密閉のシャフト駆動となっている。
ベルト駆動もある(右写真)。
装備
  6段以上の変速機前照灯泥よけチェーンガードサイドスタンド及びがあることが望ましい。
車輪
  タイヤは外径660mm以上そして幅25、28又は32mmであることが望ましい。
メーカー
  ブリヂストンサイクルApollo BicycleCivia CyclesCondor CyclesHandsome CyclesJamis BicyclesLandrover BikesMootsRetroveloSpot Brand
Tout TerrainTrek Bicycle 、など。
   参考資料  「自転車購入費回収日数

自転車通勤 (bicycle commuting、bike commuting、cycle to work)

概要
  職場への人の輸送手段として自転車を使うこと。
サイクルツーワークとも言う。
健康および地球環境に良い。
通勤自転車などを使う。








服装
  自由な服装で自転車に乗り、会社において会社指定の服装(背広、制服、作業着または自由な服装など)に着替える。
バッグ
  メッセンジャーバッグ及びバックパックなどを使う。スーツに皺がいらないように運ぶスーツバッグがある。
外国の例
  オランダの首都アムステルダムでは通勤者の40%は、自転車通勤をしている。
米国ニューヨーク市だけで約10万人の自転車通勤者がいる。
英国の首都ロンドンの朝のラッシュアワーの交通の約24%は自転車(ロンドン交通局の調査)。
電車に自転車を載せて通勤する人もいる 。自転車専用の車両もある。自転車を乗せることの出来る電車はサイクルトレイン(和製英語)と言うことがある。
追い越し間隔
  交通安全のために、自動車と自転車の間には所定の安全な追い越し間隔が必要。
駐輪スペース
  自動車1台の駐車スペースに、自転車を10台駐輪できる。
自転車通勤手当
  自転車通勤手当を出している企業(週間ダイヤモンド、2009/9/26による)は、日本ハム、山崎製パン、三井化学、出光興産、スズキ、シチズン、任天堂、中部電力、中国電力、九州電力、東海旅客鉄道、西日本旅客鉄道、 イオン、ユニー、ソフトバンク、ワコール、クボタ、シャープ、アシックス、東京電力、関西電力、東京ガス、大阪ガス及び日本電信電話など。
(株)はてな(京都市)は、月2万円の手当て及び損害賠償保険費を負担している。 「ネット関連サービス業なので、デスクワークの社員が多く、運動不足になりがちなので健康のために始た」とのこと。
地球温暖化対策
  地球温暖化対策として、会社の自動車通勤の交通費支給は廃止し、自転車通勤にはガソリン代相当の交通費を支給すること、および国によるガソリン税(揮発油税)の大幅上げによって、二酸化炭素を排出しない自転車通勤へ誘導することが望ましい。 かつ、炭素税を課して誘導することも望まれる。
給付金
  国は自転車通勤者に対して毎月給付金を支給することが望まれる。会社が一括して国に申請し、自転車通勤社員に支給する。
参考資料
    「自転車の病気予防効果」 、     「自転車と地球環境」     「交通安全対策」 、     「バッグ」 、     「雨対策の部品・用品」 、     「自転車レーン」 、
    「自転車購入費回収日数」 、

ダブルクラウン (double crown、double crown fork)

  クラウンが上下に2重(2箇所)にある形または二重クラウンを持つフォーク。
デュアルクラウンとも言う。
フォークがハンドルまで来ており、そこの2つ目のクラウンがある。
サスペンションフォークに使われる。
シングルクラウンよりサスペンションのトラベルを長くすることを目的としているが、 強度も大きくなっている。
質量はシングルクラウンより大きい。
丘下り(ダウンヒル)およびフリーライドマウンテンバイクに使われる。
ダブルクラウンのフォークは、ダブルクラウンフォークという。





引上棒 (expander rod)

  引上げボルトとも言う。

クリートカバー (cleat cover)

  クリート靴を履いて歩くときの、クリートの磨耗、路面との滑り及び音を防止するため、クリートにかぶせるおおい。
材質は樹脂。質量は50~60g。写真は各種形状のおおいの内および外。
特殊なカバーとして靴底のクリープ部を覆う形がある(右端図)。
  メーカーは、CleatskinsLook Cycle 、など。

ペダルケイデンス (pedal cadence、cadence)

  ペダルの毎分回転数[rpm]。クランク軸およびクランクスプロケットの毎分回転数となる。一般には単にケイデンスと言われる。

ペアードスポーク (paired spoke、paired spoke wheel)

  一対スポークのこと。軽量化のために、軽量リムおよびスポーク数を例えば16本又は20本に減らした2本1組(ペア)のスポーク群によって構成したホイールまたはそのスポーク。 軽量化のためにスポーク数を減らすと、1本当たりの張力は大きくする必要がある。またスポーク間のリムは長くなる。そのため、一般のホイールのようにスポークを並べると左右のハブフランジから出ているスポークの張力によって、軽量リムはその中心面から左右にスポーク間隔で波打つ。 その防止のため、ハブの左右から出るスポークを一対(ペア、右図の赤色及び緑色のスポーク)にしてリムに取付けることにより張力を均衡させリムの波打ちをなくして軽量化したスポーク配置またはそのホイール。一般に、横交差スポーク組が使われる。
  Rolf Prima社 が2003年に米国特許を取得したのが始まり。シマノは特許を回避して、ペアードスポークのホイールを作っている。

トップチューブ (top tube)

  上管のこと。JIS用語は上パイプ。

ラチェットレンチ (ratchet wrench)

  ラチェットをつけたレンチ。一方向のみ力が加わり、他方向は滑るので、レバーを前後に動かすだけで、ボルト又はナットを締めるか又は緩めることが出来る。 締めるときと緩めるときは、小さいつまみ等でラチェットを切り替える。ハンドル位置を変えるために、レンチをボルト又はナットから外す必要がない。 めがねレンチおよびソケットレンチなどを使う作業を能率よくできるようにした工具。
  片口式および両口式がある。片口式は上下で適用するボルト等のサイズが異なる。自転車用には14x15がある。両口式は左右で適用するボルトのサイズが異なる。
ソケット部の形状は六角およびめがねがある。
  メーカーは、京都機械工具トップ工業松阪鉄工所 、など。

トリプルセンチュリー (triple century)

  1日で センチュリーラン の3倍の距離を走るサイクリングの大会。

スタッドタイヤ (studded tire、stud tire)

概要
  タイヤの突起(ノブ)に金属のスタッドを埋め込んだタイヤ。
氷上及び踏み固まった雪上を走る自転車に使われる。
マウンテンバイク用26型およびロードバイク700Cがある。スノータイヤもある。
材質
  スタッドの材質は鋼または耐磨耗性のあるタングステンカーバイド。 スタッドにピンを埋め込んだ型もある(断面図を上に示す)。その場合のスタッド材質は、軽量化のためにアルミ合金など。そしてピン材質は鋼又はタングステンカーバイドなど。
  スタッド又はピンはゴム突起(こぶ)より1~1.5mmほど出ているが、氷および雪のない乾いた舗装路を走るときでもゴム突起が路面と接するので、スタッドが路面と滑ることはない。 タイヤの中心線上にはスタッドはなく、乾いた路面での転がり抵抗および騒音の低減を図っている。
スタッド数
  各社のスタッドタイヤのスタッド数を打点したグラフを右上に示す。スタッド数は100~336個である。
ブレーキ掛け
  氷上および踏み固まった雪上など滑りやすい路面を走るときは、前輪のブレーキを掛けると滑って転倒する可能性があるので、ブレーキ掛けは後輪のみとする。
後輪の滑りはすぐ分かる。

  タイヤに装着するタイヤチェーンがある。
アタッチメント
  スタッドの付いた黄色のプラスチック製のカバーをロードバイクのタイヤに、一輪当たり6個取付けるアタッチメントがある。
カバーの左右の端部には長手方向の穴があり、カバーを固定するための一連の金属製の紐が通っている。
メーカー
  井上ゴム工業(IRC) (日) 、45North(米) 、Continental (独) 、Innova (台湾) 、Kenda (米) 、Suomi Tyres (Nokian)(フィンランド) 、Schwalbe (独) など。

エンドプラグ (bar end plug、handlebar plug、handlebar end plug)

概要
  端栓。化粧、雨水の流入防止および安全などのためにハンドル端に差し込む栓。外径は各種ある。
バーエンドプラグのプラグを省略してバーエンドと呼んでいるメーカーがあり、いわゆるバーエンドと紛らわしい。
フラットハンドル用
  マウンテンバイククロスバイクおよびシティ車などのフラットハンドルに使う。六角レンチでねじを回すと、管の中で広がって固定される。
安全ランプの付いた形もある。これは押すと点灯し、もう一度押すと消灯する。
ドロップハンドル用
  ドロップハンドルに使う。ハンドルテープの端部をハンドルの中に押し込み、エンドプラグを差し込んでテープがほどけないように固定する。
反射器の付いた形およびLEDおよび電池が入っていて、夜に光らせることができる形もある。
材質
  ナイロン、アルミ合金及び炭素繊維強化樹脂など。
メーカー
  Advanced Bike ResearchESIFyxationMucky NutzSupacazThe Shadow ConspiracyWethepeople Bike 、など。

ニップル回し (nipple wrench、spoke wrench)

  スポークニップルを回して、ホイール振れ取り、中心出し及びスポーク張力の設定に使う工具。
各種の形状がある。ニップルの四角ナット幅(多くは3.4mm)に合うものを使う。ニップルの3面を掴む形およびニップルの角(特にアルミ合金製)が丸くなりにくいよう4面を掴む形がある。 3面形はニップルに横からも入れることができるが、4面形は横からスポークに入れてからニップルへ降ろす。 3種類のニップルサイズに対応できるものもあるが、多くのニップルを回す必要のあるホイール組みには向かない。
ねじ回しのようにニップルのマイナス穴に入れて回すものもある(ニップルドライバー)。 ヒドゥンニップル(隠れニップル)には、それ用のニップル回しが必要。
  メーカーは、箕浦BBB Bike PartsBDop CyclingLifu BicyclePark ToolPedro'sPROReynolds CyclingRIXEN & KAULSha Dar AccessoriesUniorVelox 、など。
   参考資料 工具および計測器 ニップル回し

シフトメイト (ShiftMate)

  シフターによるロープ(ケーブル)の引き距離(ケーブル引き量)は、シマノカンパニョーロでは異なる。
シフターのロープの引き距離を変換して、カンパニョーロのシフターでシマノの後ディレイラー
操作できるようにする(またはその逆にする)部品の商品名。
右写真は後ディレイラーに付けた例。
  同じ回転をして直径の異なるプーリが2個重なっており、このプーリにロープを巻きつける。
例えば、大プーリに巻きつけたロープを引くと、小プーリに巻かれたロープは、直径の割合で少なく引かれる。
大プーリと小プーリの間に一箇所切り欠きがあり、そこで大小プーリのロープがつながっている。
アウターの曲がり部を短くして、ロープとアウター間の抵抗を減らすために使うこともできる。
  メーカーは、Jtek Engineering

ハーフセンチュリー (half-century、half century ride)

  センチュリーランの半分の距離(50mileまたは50km)を走るサイクリング大会。

万力 (vise、vice)

呼び寸法[mm] 75  100  125  150 
 締付トルク[Nm]  丸胴形(JIS B4621)  108 128147167
 角胴形(JIS B4620) 98118137167
  作業物を挟んで固定するための工具。
挟む部分は固定あご及びハンドル付きの角ねじで動かす動あごによって作られている。
右表に万力の締付トルクを示す。呼び寸法は口金の幅を示している。
  作業台への万力の固定は、ボルトで行う形、クランプで行う形、及び真空で行う形がる。ボルトで固定する形は、水平面で万力が回転できるようになっている。
回転しないようにハンドル付き縦ねじで固定できる。真空で固定する形はゴム製の角形吸盤が付いている。
  メーカーは、トラスコ山中ナベヤ 、など。

ロープ (rope、wire rope)

概要
  鋼索。ワイヤロープは鋼線(ワイヤ)をより合わせて作ったロープ。ワイヤまたは繊維をより合わせたひもをロープという。
アウターの中を通して、ブレーキ及び変速機を操作するための力の伝達に使われる。
利点
  ロープには、同じ直径の針金または鋼線(ワイヤ)よりしなやかで、かつ一度に切れないという利点があり、定期点検で破断を防止できる。
太さ
  太さは、ブレーキ用(ブレーキロープ)が1.5mmまたは1.6mmそして変速機用(変速ロープ)が1.2mmが一般的。
ブレーキロープは変速ロープよりも大きな力が働くので、強度を確保するために太くなっている。
ロープと言うと綱引きに使われるような太いロープを連想するが、事務機には極細ワイヤで作った太さ0.5mm以下の細いロープ(マイクロロープ)が使われている。
端末処理
  始端にはたいこが付き、終端にはケーブルエンド(ケーブルキャップ)が付く。
ケーブル
  ロープのことをケーブルとも言われているが、ケーブルとロープは異なる。線を束ねているのは共通しているが、ロープは線を撚り合わせているのに対し、ケーブルは束ねただけで撚は無い。電器製品のコードは、銅線のケーブル。
メーカー
  シマノCampagnoloClarks Cycle SystemsDelta CycleFibraxHostettler(ixs)JagwireNokonWethepeople Bike 、など。

修理スタンド (repair stand)

  作業スタンド と同じ。

オフセットリム (offset rim)

  偏心リム。リムスポーク穴をリム中心線より左に片寄り(オフセット)させたリム。右スポークの支持角(プレース角)を大きくすることにより、ホイールの横方向強度を大きくする。写真は丘下りマウンテンバイク用の偏心リム(オフセット17.5mm)の一部。

デュアルドライブ (Dual Drive、Dual Drive hub、DD hub)

  内装変速機(ハブギア)とカセットスプロケットを組み合わせたハブ(変速方式)に対するSRAM社の商品名。 ハブギアは3段そしてカセットスプロケット(シマノと互換)は7、8または9段。
カセットの9段と組み合わせると3 x 9 = 27段 となる。
これはクランクスプロケット3段そして後輪スプロケット9段の外装変速機に対応する。
ハブギアが前ディレイラーの役目をしているので前ディレイラーは必要ない。 OLD=135mm。
小径車などに使われる。写真はシフター(左は24段、右は27段)およびデュアルドライブ。
ハブギアの変速はクリックボックスを操作するボタンで行い、後ディレイラーの操作(変速)は握りの回転(ツイストシフター)で行う。 ハブのスポーク穴数は32穴および36穴。
伝動効率は約96% 。

遊星歯車 (planetary gear、epicyclic gear)

  遊星歯車機構の部品は、太陽歯車、遊星歯車、環歯車および遊星キャリアである。
遊星キャリアで支持した3個の遊星歯車は、中央の太陽歯車および内側に歯を持つ環歯車とかみ合っている。
一例として、太陽歯車を入力軸とし、遊星キャリアを出力軸としたとき
ギア比 = (環歯車歯数)/(太陽歯車歯数)となる。
特徴は小形にできること及び入出力軸を同一軸芯にできることなど。
内装変速機及びマウンテンドライブの歯車として使われている。


イクスパンダー (expander)

  広げて(イクスパンド)固定する部品。

両脚スタンド (double stand)

  自転車が倒れないよう、直立させておく装置(脚)。後ろから見るとコの字を立てた形をしている。一般にシティ車
および電動補助自転車などに使われていて、自転車かごに買い物した品物を載せる時に倒れなくて便利。
両立スタンドとも言う。路面に接地する部分の前後幅を広くした、横から見るとL形の幅広てこ式両脚スタンド(右写真)もある。1本スタンドよりも安定していて倒れにくい。

自転車雑誌 (cycling magazine)

  次のような雑誌がある。

プレッシャーアンカー (pressure anchor)

  ねじ無しヘッドセットにおいて、キャップボルトを締めると、アンカーナットが分割したテーパ環を操縦管の内壁に広げ押付けて固定する部品。
テーパ環は環状にした小さいコイルばねなどで押さえられている。 スターナットのように、環内壁に傷を付けないので炭素繊維強化樹脂
(CFRP)製の操縦管に使われる。スターナットは内壁に食い込み再使用できないが、再使用できるのも特徴。
桑原インターナショナル(株)の商品名。 一般名はイクスパンダープラグ

デルタブレーキ (delta brake)

  カンパニョーロ社が1986年に出したの中央引きブレーキ。前面及び背面はそれぞれ三角形のカバーで覆われている。
左写真は外観、中写真は前面内部そして右写真は背面内部。リンクワイヤー(アーチワイヤー)の代わりに、二等辺の平行四辺形(ダイヤ形)リンク機構を使っている(中写真)。 平行四辺形リンクの上のピンを固定し、下のピンをロープ(ケーブル)で引上げると左右のピンは両側に動き左右のブレーキアームの上部を左右に押す。 ブレーキアームは三角形部の下部左右のピンで固定されているため、下端のブレーキパッドリムへ向かって動く。 平行四辺形の下部のピンは左右2個のねじりコイルばねで下に押されており(右写真)、パッドをリムから離す働きをする。

ジャイロ (Gyro)

  ハンドルを360度回転させてもブレーキロープ(ケーブル)が捩れないようにする装置に対するOdyssey社の商品名。一般名はローター、BMXローターまたはディタングラー(もつれ防止器)。 フラットランドバイクに使われる。ハンドルステム部に取付け、ジャイロの上円板にブレーキレバーからのロープをつなぎ、下円板にブレーキへ行くロープをつなぐ。 円板には玉軸受が付いており、ハンドルの回転によって回転するのでロープは捩れない。 中央の円板が玉軸受の入ったローター。ロープはジャイロへの取付け上、二股に分かれた専用ロープを使う。
  メーカーは、DartmoorOdyssey 、など。

ガイドプーリ (guide pulley)

  案内プーリのこと。

ローラー台 (rollers、bicycle rollers、bike rollers)

  • 概要
      雨や雪のため屋外で自転車に乗れない時などの屋内訓練、または屋内外定位置訓練または競技の
    準備運動(ウオームアップ)のための、ローラー付き台。 バランスを取る必要があるのが特徴。
  • 訓練
      スムーズなペダリング及び一直線に走る訓練などができる。
  • ヘルメット
      万一の転倒に備えてヘルメットを着用する。
  • 構造
      前輪を上に載せる1本のローラーおよび後輪を間に載せる2本のローラーの合計3本のローラーで構成されているので3本ローラーともいう。 前部後輪ローラーの側面に付いたプーリーと前輪ローラーの側面に付いたプーリーをベルトで連結して前輪ローラーを回す。 これにより、ローラー幅の間で操縦することが出来て、路上走行のように釣り合いをとることが出来る。折りたたみ出来る形が多い。
  • ホイールベース
      自転車のホイールベースに合わせて、ローラー間隔を調節できる機種が一般的。
  • ローラー
      ローラー外径は75~115mm。ローラー幅は300~450mm。後輪を載せるローラーの外径が大きいほどタイヤの磨耗および損傷が少ない他、路面と似た走行感覚となるが、高さはやや高くなる。 ローラー外径が小さいほどタイヤの変形などにより抵抗が大きい。 後輪は2本のローラーの間に入って前輪より低くなるので、その分ローラーを上げて自転車が水平になるようにしている形もある。
      車輪がローラーの中央に来るように、ローラー断面形状を放物線状にした形があるが、一直線走行の訓練にならない。材質はアルミ合金、塩化ビニル樹脂など。当初(昔)は、木製であった。 負荷をかけたい場合はトレーナーを使う。
  • 負荷
      負荷は自転車の変速機ギア比を変えることによって変わる。
    メーカーによっては、後輪を載せるローラーの中にフリーホイールおよび磁石などの負荷装置を設けたローラー台もある。 ローラーからのベルト駆動でファンを回し、向かい風を送る形もある(右図)。
  • 選定
      トレーナーに較べて静かであるが、メーカーおよび機種選定上の要点の1つは、使用時の振動および騒音の程度。
  • 置き場所
      習熟するまではドアフレームの間に置くと、乗るとき及びバランスを崩したときにドアフレーム(柱など)に手をつくことができる。 部屋に置くときは、万一倒れたときに当るものがないことが望ましい。
  • 前輪位置
      前輪のローラー位置は、ハブ軸芯からの垂直線がローラー軸心の10~15mm後方となるように合わせる。
  • 漕ぎ方
      壁などに片手をついた状態でペダルを漕ぎ始める。高ギア比だと始動しやすい。ペダル回転数が早いほど均衡が取りやすい。ブレーキ掛け(ブレーキング )は危険。
    タイヤ圧力は常用圧力とする。
  • 寸法、質量
      寸法の一例は、全幅580mmそして全長1310mm。質量の一例は、4.5kg又は4.9kgなど。
  • メーカー
      箕浦BabolCycleOpsCycleDyneEliteInside Ride(E-Motion)Mountain Racing Products(Kreitler)Rocking RollersSportCraftersTacx BV
    ZZZing RollersSportCrafters 、など。
  • ローラー競技
      ローラー台を2~4台並列に並べて置き、自転車に乗って走行距離(速度)を争う競技としてローラー競技がある。

ハンドルステム (handlebar stem、handle stem)

  ハンドル操縦管を連結する部品。ハンドルバーステムとも呼ばれる。ねじ無しヘッドセット用及びねじ付きヘッドセット用がある。
  ステム長(突出し)が変わることによってコクピット長が変わり、乗車姿勢が変わる。    参考資料  「ハンドルステム

シートアングル (seat angle、seat tube angle)

  シート角 のこと。

ブレーキブースター (brake booster)

概要
  ブレーキ座補強部品。ブレーキに加えた力が、前輪ブレーキ座のあるフォークまたは後輪ブレーキ座のあるシートスティの変形(開き)に使われるのを防止し、ブレーキングに有効に使われるようにするための補強用部品。
適用ブレーキ
  Vブレーキ及びカンチブレーキなどに使うことができる。
形状
  左右のブレーキ座を真直ぐに連結するのが望ましいが、車輪と当たるため馬蹄形をしている。
その両端にはブレーキ座に固定するためのボルト穴が開いている。 ボルト穴はブレーキ座の間隔と合わせられるよう長穴となっている。
効果
  フォークまたはシートスティの剛性によって変わる。ブレーキ反力に対する剛性の小さいものほど、補強効果がある。
逆に、元々高剛性に出来ているものにはさほど効果が現れない。
取付
  ブースターおよびスペーサーの厚みだけ長い六角穴付きボルト(M6)が付属している。
取付にあたっては、ブレーキ固定ボルトを外し付属の長いボルトでブレーキ及びブースターを同時に付ける。
材質
  アルミ合金、マグネシウム合金、鋼または炭素繊維強化樹脂(CFRP、俗に言うカーボン)など。
質量
  本体の質量は45~80g。
メーカー
  Brunn Bike PartsPaul Component Engineering 、など。

下死点 (bottom dead center、BDC)

  ペダルが最下端に来た位置。最上端の位置は上死点と言う。死んだとは動かないという意味。上死点および下死点では、ペダルの上下の動きはゼロとなる。
上死点および下死点においても、ペダルに力を伝達することが、高速走行にとって重要。
そのためには、靴の裏に付いた泥をこすって落とす要領で、上死点ではペダルを前方へ押し、下死点では後方へ引く。

サイドスタンド (side stand)

  駐車時に自転車が倒れないように路面で支持する1本足の支持脚。1本スタンドとも言う。

ピッチ円直径 (pitch circle diameter、PCD)

ピッチ円直径
概要
  ボルト穴やねじ穴やスポーク穴が仮想円上に等間隔(ピッチ)で配置されている場合、その仮想円の直径をピッチ円直径(PCD)という。単位はmm。
仮想円とは、現物には円はないが、仮に円を描くと、すべての穴芯等がその円上にある円のこと。

  自転車に関してピッチ円直径を3例挙げると、
(1)ハブフランジ
  ハブフランジスポーク穴芯は、仮想円上に配置されており、その仮想円の直径をスポーク穴のピッチ円直径と呼ぶ。
(2)クランク
  クランクセットにおいては、クランクとスプロケットを結合するスプロケットボルト芯が乗っている仮想円の直径をボルトのピッチ円直径と言う。
110mm、130mm(シマノなど)及び135mm(カンパニョーロ など)などがある。
(3)スプロケット
  スプロケットの歯に於いては、チェーンのローラ芯は、ある仮想円の上に配置されており、またその円上を動く。この仮想円の直径を、をスプケット歯のピッチ円直径と呼ぶ。
   参考資料   「ボルト穴のピッチ円直径計算器