高ノーマル及び低ノーマル 自転車探険!

高ノーマル 低ノーマル ラピッドライズ 力の大きさ シフターの方向 動きの確実性 安全性

  ディレイラーを高ノーマルにするか又は低ノーマルにするかによって、力の大きさ、シフターの方向、動きの確実性および安全性などの違いが生じる。

高ノーマル

  前または後のディレイラーでチェーンを動かす時、そのばね(戻しばね)で動かす方向が、高速方向である形式は高ノーマル(ハイノーマルまたはトップノーマル)と言う。
シマノのロード車用および多くのマウンテンバイク用のディレイラーは、高ノーマルとなっている。

低ノーマル

  前または後のディレイラーでチェーンを動かす時、そのばね(戻しばね)で動かす方向が、低速方向である形式を低ノーマル(ローノーマル)と言う。
シマノのマウンテンバイク用の後ディレイラーの中には、低ノーマルがある。

ラピッドライズ

  低ノーマルの後ディレイラーに対するシマノの商品名。

力の大きさ

  大きいスプロケットから小さいスプロケットへチェーンを移動させる方が、その逆(小さいスプロケットから大きいスプロケットへチェーンを移動
させる)より移動に要する力は小さい。
一方、前後ディレイラーのばねの力は、シフターを動かす指の力より小さい。ばねの力を大きくすると指で動かせなくなるから。
  前ディレイラーは低ノーマルそして後ディレイラーは高ノーマルとすると、前後ディレイラーのいずれも、ばねの力で大スプロケットより
小スプロケットへチェーンを移動させることが出来る。

シフターの方向

  前ディレイラーは低ノーマルそして後ディレイラーは高ノーマルとすると、左右のシフターレバーの動きは逆になる。
しかし、前後デイレイラーいずれも低ノーマルとすると、シフターレバーの動きは左右同一となり、初心者にも分かりやすく間違いがない。

動きの確実性

  個人差があり特定の個人でも一定とは限らない指の力よりは、設計されたばねの力の方が、ディレイラーを正確にかつ静かに動かすことができる。

安全性

  特に、マウンテンバイクのように泥を跳ね上げながら、悪路や坂道を走る場合、アウターとロープとの間に異物が入ったりなどして、
万一ばね力では動かなくなった時、指の力で低速側へ動かせる方が安全である。