PR:[愛車をもっとカッコよくカスタム!]
  前後ブレーキ力比 自転車 探険!

前後ブレーキ力比 前後ブレーキ力比計算器 重心位置

前後ブレーキ力比

  ブレーキをかけた時、前輪に比べて後輪は路面との間で滑りやすい。滑ると制動が出来ないだけでなく、操縦の安定性もなくなる。従って、後輪のブレーキレバーに加える力(左手)は前輪のブレーキレバーに加える力(右手)より弱くして滑らないようにすることが望ましい。

前後ブレーキ力比計算器

  前輪と後輪の望ましいブレーキ力の比を求める計算器です。
この計算器は舗装路を前提としており、路面の状態が異なると、結果も異なる。
前後ブレーキ力比 計算器
 体重   kg 
 自転車質量   kg
 サドル高さ   mm
 ホイールベース   mm
 重心-後輪間距離    mm 
    
望ましいブレーキ力比
前輪 後輪
 100%  
     

  5項目の条件を半角数字で入れて、[計算]を押して下さい
 前輪と後輪の望ましいブレーキ力の比が出ます。

[ 計算例 ]

体重60kg、自転車質量10kg、サドル高さ890mm、ホイールベース1050mm、
そして重心-後輪間距離230mmの場合
 後輪の望ましいブレーキ力は前輪の36%
言い換えれば、前輪と後輪の望ましいブレーキ力の比は7.4対2.6となる。
サドル高さ
ホイールベース

重心-後輪間距離
 : 路面からサドル上面までの高さ
 : 前後輪の車軸間の距離
     ホイールベースが長いほど、後輪ブレーキの効果が上がる。
 : 人と自転車の重心と後輪車軸間の水平距離、r (右図)
   分からない場合は、「サドル先端-後輪間距離」で代用する。
     サドル上でお尻を後方に滑らせるとこの距離が短くなり、
    後輪ブレーキの効果が上がる。

 




重心位置

重心-後輪間距離 計算器
 ホイールベース   mm 
 前輪荷重   kg
 後輪荷重   kg
 重心-後輪間距離    mm 
    
  重心位置は、前輪及び後輪の荷重を測定することによって計算できる。
  前輪荷重は、前輪下に体重計を置き、後輪の下に体重計と同じ高さの台を置く。友人などに自転車が倒れないように持ってもらい、 自転車に乗り乗車姿勢とする(右図)。体重計の目盛は、前輪荷重を表している。
  後輪荷重は、自転車向きを180°変えて、後輪を体重計に載せ、前輪を体重計と同じ高さの台に置く。友人などに自転車が倒れないように持ってもらい、 自転車に乗り乗車姿勢とする。体重計の目盛は、後輪荷重を表している。
  前輪荷重と後輪荷重の合計は、自転車質量と体重の合計と等しい。

[ 計算例 ]
ホイールベース1050mm、前輪荷重32kgそして後輪荷重52kgの場合
 重心-後輪間距離は400mmとなる。