雨対策の部品・用品自転車探険!

泥よけ 泥フラップ ヘルメットカバー レインキャップ 雨着 防水ジャケット 雨ズボン ズボン保護布
ポンチョ レインケープ オーバー靴 キャノピー 雨傘 防水ソックス 雨雲レーダー  

  自転車走行における雨対策の部品および用品としては次のようなものがある。




泥よけ

概要
   タイヤの上部及び後部のおおい。タイヤに付いた雨水や泥などが、タイヤの遠心力で飛ばされたのを受け止め、人体(衣服)および自転車に付着するのを防止する。
前泥よけは泥水が足及び駆動系統に付着するのを防止する。
後泥よけは泥水が自分の後部及び後続の自転車に付着するのを防止する。
右端図の赤矢印は、泥で黒く汚れた衣服を示している。
フェンダー(主に米国)またはマッドガード(主に英国)とも言う。
実用性より軽さや空気抵抗を重視する競技用自転車には、泥よけはない。
種類
   シティ車を含むロードバイク用およびマウンテンバイク用がある。
前輪に付ける前泥よけ及び後輪に付ける後泥よけがある。
前泥よけの中にはフレームの下管の前方下部に付ける形がある。
仕様
 (1) 後反射器及びマッドフラップが付いた形がある。
 (2) 工具なしで着脱できるものもある。
      天気のよい日には外して走る。
 (3) 伸縮性となっており、小さくしてバッグに入れて
      運搬できる形がある。
 (4) 薄いプラスチックをサドルレール後部に取付ける形がある。
 (5) 薄いプラスチック製の平板であるが、折って強度を上げて立管及びシートステイに取付ける形がある。
 (6) 他の部品とカラーコーディネートができるように、5色の色を用意した形がある。
ステー
  泥よけをフォークおよびフレームに固定する支柱は、泥よけ支え、泥よけステイまたは泥よけブレースと呼ばれる。
泥よけの寸法 (JIS D9411)
  車輪径の呼び     半径 [mm]     板厚 [mm]  
金属製樹脂製
20型275  0.35以上  1.2以上 
22型300
24型325
26型350
27型370
28型375
マウンテンバイク用の後泥よけの中には、サドル支柱に取付ける形もある。
   ステー材質は、ステンレス鋼など。
寸法
   JIS D9411(自転車用どろよけ)に規定されている泥よけの半径および板厚を右表に示す。幅の規定がないが、泥よけ幅はタイヤ幅より7mm以上大きいことが望ましい。
メーカーは各種の幅の泥よけを用意している。
材質
   本体材質は、アルミ合金、ポリカーボネート 、クロモプラスチック、ポリエチレンテレフタレート(PET)、
炭素繊維強化樹脂(俗に言うカーボン)又はステンレス鋼など。
特殊なものとしては、竹製及び木製の泥よけがある。





泥フラップ

  泥よけの下部から吊り下げる軟らかい下部泥よけ。
マッドフラップともいう。
雨の日などにタイヤが跳ね飛ばした泥水などが後方へ飛ぶのを防止する。
  前輪のマッドフラップは足や駆動系に泥みずなどが当たるのを防止する。
後輪のマッドフラップは後続の自転車や人に泥水などが跳ねかかるのを防止する。
幅は末広がりとなっているものが多い。
泥よけ及びマッドフラップを一組にした形がある。
材質は軟らかいゴム、皮または樹脂など。
フラップは揺れる、はためく、という意味。

ヘルメットカバー

  防雨または防寒などのために安全帽(ヘルメット)に被せる薄いおおい。
紐でカバーを絞って装着するが、あご帯の付いたものもある。
防水・通気性の繊維で作られている。
交通安全上は目立つ色が望ましい。

レインキャップ

  雨のときにかぶる防水透湿性の帽子。
ヘルメットの下にかぶるものもある。
折りたたみのできる形がある。
バイザーが透明のものがある。


雨着

概要
  衣服の上に着て雨を防ぐ主にジャケット。レインコートともいう。首から雨が入らないように、えりが高い。
完全防水形のジャケットもある。ポンチョも雨着として使われる。
用途
  買物、通勤および旅行などに使われる。
特殊仕様
  (1) ルメットにかぶせる着脱式のずきん(フード)の付いたものもある。
  (2) 前部のファスナーから雨が入らないよう、繊維で覆ったものもある。
  (3) 反射テープを付けて視認性を良くしたものもある。
  (4) 前傾姿勢に対応して、背中を長くした形及び尻を覆うように尾(ドロップテイル)を付けたものがある。
  (5) 体温調節のために、わきの下に開閉のできる通気孔を設けたものがある。
  (6) フリース素材で作ったえりを付けて、前傾姿勢時の首からの空気流入を防止した形がある。
  (7) 後ポケットが付いたものもある。
  (8) 背中を長いパネルにした形がある。
  (9) 小さく折りたたんで、携帯しやすくしたものもある。
(10) 透明又は半透明で下の衣類が見える形がある。
(11) 雨着の中の温度を下げるために、複数の通気孔(ベント)を設けたものもある。
(12) 機密性の高いものは、身体から発生した湿気を逃すために、袖および横にメッシュの換気孔を設けた形がある。
材質
  ポリエステル及びテフロンなど。水をはじく素材を使ったもの、または水をはじくコーティングをしたものなどがある。 素材および縫製によって、価格は大幅に異なる。
防水および汗の水蒸気の通気のできるゴアテックスなどの素材は高価である。塩化ビニル製は安価であるが湿気がこもる。

防水ジャケット

  ゴアテックス又はナイロン防水布などの防水・放湿性の素材で作ったジャケット
夏用及び冬用などがある。軽いものは質量約170g。
防雨フードの付いたものと付いてないものがある。
ジャケットと一体になったフード及び着脱できるフードがある。
フードの多くはヘルメットの上にかぶるようになっている。
ポケットの付いた形は、雨が入らないようにふたが付いている形もある。
ドロップテイルもある。



雨ズボン

  雨(レイン)を防ぐために着用するズボン。
レインパンツともいう。米国ではズボンのことをパンツという。
パンツはパントの複数形。
パンツは日本ではブリーフそして英国ではズボン下のこと。
ゴアテックスなどの防水・放湿性の素材で作られている。
腰に引き紐(ドローコード)の付いた形もある。
下部の後ろ側に付けたベルクロテープで、下部を絞れるようにした形もある。





ズボン保護布

  ズボンの上脚前面を雨から保護するためのカバー。
商品名はレインレッグ。
背面は開放となっている。
腰バンドおよび脚バンドで固定する。
材質は防水性のナイロン布など。
質量は140gと軽い。
色は、黒、灰色、黄色及び白がある。

ポンチョ

  袖なしの外衣。
アンデスに起源がある。
布の中央に穴をあけて頭を出し、前後に垂らして着る。
フードの付いた形が多い。
自転車用の袖なしのレインコートとしても使われる。
サイクルポンチョとも言う。
前かご(バスケット)まで覆う形が一般的。
下が開放なので、換気性はよい。
強風の時には向かない。
材質は、ポリエステルなど。


レインケープ

  防雨のために着用する袖のない肩掛けマント(外套)。
ケープは袖のない肩掛け外套のこと。
サイクリングレインケープまたはサイクリングケープともいう。
防水仕様となっている。 下方は完全に開放されているので換気はよい。 腰ひも、首ひも及び握りの付いた形もある。
腰に反射テープの付いた形もある。 色は目立つ黄色または橙色が多い。
ポンチョと似ている。

オーバー靴

  防水などを目的として靴の上に履く靴。靴底にクリート穴が付いているものが一般的。
ジッパーは後に付いているものが多い。材質はネオプレンゴムおよびポリエステル繊維など。 伸縮性を持たせたものもある。反射テープの付いたものもある。

キャノピー

  防雨のために、自転車の上に付ける覆い。
一般用語としてのキャノピーは天蓋のこと。
骨組みはアルミ合金のチューブでできている。
折りたたみできる。
夏の晴天の日には、日除けになるように上部は不透明としている。
キャノピーに遮られて、後方が見にくいので左右にバックミラーを付けている。
個人が DIY(日曜大工)として作ることもある。

雨傘

  雨をさえぎるための雨傘及び日光をさえぎるための日傘がある。
傘ホルダーを使ってハンドルに取付ける傘がある。
右図の傘は前方に短く後方に長い非対称となっている。
  傘さし運転をしてもよいかどうかは、全国の公安委員会規則による。
安全のために傘さし運転を禁止している都道府県は多い。








防水ソックス

  雨は入れず足から出た湿気は外へ出すようにしたソックス。
ソックスはソックの複数形。
内層、中間層及び外層の三層構造となっている。
内層は汗を吸収する一般のソックス素材、中間層は汗の湿気は外に出すが雨水は入らない素材そして外層は防水性であるが呼吸する素材となっている。
外観は一般のソックスと変らない。

雨雲レーダー

雨雲レーダーのサイトがある。