CO2 カートリッジ

CO2(二酸化炭素)を圧縮して充填した(手の平に乗るほど)小さい容器。 タイヤをほとんど瞬間的(数秒)に加圧することができる。 主に、携帯用として使用するのが一般的。 注入口に接続用のねじの付いた形およびねじなし形がある。 ガスの膨張によってカートリッジの温度が下がるので、手が冷たくなりすぎないように断熱材を被せたものもある。 ねじなし形は安いが、CO2 インフレーターの中には使えないものがある。 容器の材質は鋼。 炭酸ガスはゴムの透過率が大きい(チューブからのガス抜けが比較的早い)のが欠点。 数日でCO2はチューブから抜けるので、空気入れで空気を入れる。 なお、ドライアイスはCO2を固体にしたもの。

容器容量

カートリッジ(容器)の二酸化炭素の容量は、12g、16g、25gおよび45gがある。

CO2 インフレーター

カートリッジ(容器)をタイヤ(チューブ)のバルブと接続するために、CO2 インフレーターを使う。 容器の口に付ける簡易形および容器を中に入れる形がある。 中に入れる形は流量調節用のボタンまたはレバーなどが付いているので流量および圧力の調整が行いやすいが、25gカートリッジが使えないものがある。 仏式弁(プレスタバルブ)および米式弁(シュレーダーバルブ)に使うことができる。カートリッジが上向きとなるようにして加圧すると、カートリッジから出るCO2 は最大となる。 人力を使わない空気入れは、インフレーターと呼ばれる。

必要CO2量 計算器

  所定事項を半角数字で入れて、[計算]を押して下さい。必要CO2量が出ます。

必要CO2 計算器
タイヤ幅 mm
リム径 mm
圧力 kPa
タイヤ外径 g

[ 計算例 ] リム径622mm、タイヤ幅28mmそして圧力700kPaの場合
必要とするCO2量は、11.3gである。従って、容量12g以上のカートリッジを使う。

インフレーターの使い方

口金(エアーチャック)形のインフレーターの使い方の一例は次の通り。
  1. カートリッジを右に回して、口金に最後までねじ込む
    (口金の奥にある穴あけピンがカートリッジの入口に刺さって穴が開くが密着しているのでCO2は出ない)。
  2. 口金をタイヤチューブのバルブに接続する。
  3. カートリッジを左に少し回すと、穴あけピンと口の間にすき間ができて、CO2が注入される(右に回すと止まる)。

CO2以外のガス

CO2はゴム(チューブ)を透過するので、2週間ほどで空気圧が低下する。 CO2カートリッジを容器として利用して、チューブを透過しない高分子のガスを詰めた商品も市販されている。 メーカー(Stayfill)は1年以上タイヤ圧力が保たれるとしている。